Bitcoin SV(BSV)のクエーサー(Quasar)プロトコルのアップグレード により、デフォルトのブロックキャップが2GBに引き上げられ、大規模 なブロックチェーンのスケーリングが継続されています

Bitcoin SV (BSV) Quasar protocol upgrade continues massive blockchain scaling, lifting default block cap to 2GB_japanese

2019年7月24日にBitcoin SV(BSV)ネットワークは、スケーリングに重点を置いた重要なプロトコル のアップグレードを行います。クエーサー(Quasar)アップグレードはBSVのデフォルトのブロックサ イズ「ハードキャップ」を現在の128MBから2GB(2000MB)に引き上げます。デフォルトのブロックサ イズのハードキャップは2GBになりますが、まずマイナーハッシュレートの大部分は手動でハードキ ャップを512MBという低い(しかし依然として非常に堅牢な)レベルに設定します。これは他の競合 Bitcoinプロジェクトよりはるかに高くなっています。

クエーサー(Quasar)のアップグレードは、Bitcoinで常に可能であった大規模なチェーン上のスケー
リングを解放し、BSVをグローバルな企業ブロックチェーンにすることへ向けたBitcoin SVの発展過
程の重要さを示しています。BSVはすでに1秒間に300以上の取り引きを円滑に処理できています。
この容量は継続的に拡張されており、クエーサー(Quasar)ネットワークのアップグレード後の数カ月 間に、毎秒1000回以上の取引量を超えることが予想されます。このレベルのキャパシティは、VISA の決済ネットワークキャパシティに匹敵し、エンタープライズアプリケーションもサポートします。

BSVは、(現時点で既に)大幅にスケールを拡張し、(現時点で既に)堅牢な実用性を持ち、ディベロ ッパーが構築するための定石プロトコル(2020年2月までに完成する予定のオリジナルのBitcoinプ ロトコルへの回帰)を持つ唯一のブロックチェーンコインです。BSVはまた元来のBitcoinの白書に付 随する唯一のコインでもあります。つまり、BSVはBitcoinです。

ビットコインアソシエーション(Bitcoin Association)の創設者であるジミー・グエン(Jimmy Nguyen)は、 このアップグレードがBitcoinマイナー達にとってどのように役立つかについてコメントしています 。「2020年5月に次のブロック報酬が半減してブロック報酬の補助金が12.5から6.25コインに減り、さ らに2024年には補助金が3.125コインに減りそして数年毎に同じように繰り返していくため、マイナー は利益性に関して大規模なスケーリングが重要である事を認識する必要があります。マイニングの 収益性を維持するには、マイナーはブロックごとの補助金を徐々に引き下げられていくことを補うた めに、各ブロックから取引手数料を増やす必要があります。これが可能なのはBSVのみです。BSV スケーリングテストネットワークでの2019年5月21日のテスト中に、1.42GBのブロックがマイニングさ れました。これは12.5コインブロックの報酬補助金よりも多い取引手数料として初めて発生しました 。これが、ビットコインの経済モデルがどのように機能するのかということであり、マイナーが利益を 上げ続けられるようサトシ(Satoshi)が常に思い描いていたことです。」

BSVネットワークは2019年7月24日の午後1時ごろクエーサー(Quasar)にアップグレードされます。 マイニングノードとブロックチェーンリスナーのオペレーターは、ネットワークのアップグレードに先立 って、直ちにBSVソフトウェアをアップデートすることをお勧めします。(マイナーはブロックチェーンへ の書き込みに従事します。対照的に、「ブロックチェーンリスナー」とは、取引所やウォレットオペレ ーターなど、Bitcoin SVのインスタンスを実行する企業や個人のことを指しますが、マイニングには 関与していないため、ブロックチェーンには書き込みません。

クエーサー(Quasar)アップググレードのより詳細な発表は、マイナーやブロックチェーンリスナーへ の特定の推奨事項と共にこちらからご確認いただけます。クエーサー(Quasar)アップグレードのソ ースコードはこちらのBitcoinSV.ioのWebサイトで入手可能になります
https://download.bitcoinsv.io/bitcoinsv/0.2.1/

nChainの最高技術責任者兼、Bitcoin SVノードチームのテクニカルディレクター、スティーブ・シャダ ース(Steve Shadders)氏は次の発表についてプレビューを行っています: 「クエーサー(Quasar)の アップグレードにより、ブロックサイズをプロトコル開発者に任意に決定させるのではなく、市場の勢 いと自身の経済的インセンティブに基づいてブロックサイズを管理することが自身の役割であること をマイナーが認識し始め、Bitcoinは文化的な遷移を開始しました。2020年2月には、「ジェネシス 」(Genesis)のアップグレードで、BSVネットワークはこの移行において新たな行程へと足を伸ばしま す。そこにおいてBitcoin SVノードチームはデフォルトのハードキャップを完全に削除します (正確 には、デフォルトのハードキャップが無制限になります)。これはBSVネットワークの無限のスケーリ ングへの扉を開き、マイナーがブロックサイズに対して責任を負う新しいBitcoinの文化を育むでしょ う。」