年次報告書2020年度-抄録:開発者によるイニシアティブ

By Jamie McKane Published: 5月 11, 2021
Annual Report 2020 – Extracts: Developer initiatives

Bitcoin Associationが公表した2020年の年次報告書では、2年目の組織の進捗状況と将来の目標を詳述しています。昨年発表されたBitcoin Association初の年次報告書に続く今年の年次報告書は、拡大するビットコインSVエコシステムにおける組織の着実な進歩について、会員や一般の人々に透明性のある詳細な概略を提供する組織の方向性を引き継いでいます。

この一連の抄録では、ビットコインSV上のアプリケーションや技術の開発を促進しネットワークを成長させるために、Bitcoin Associationが取ってきたこれまでの多くのイニシアティブを紹介しています。

Bitcoin Associationは、ビットコインSVを利用したビジネスを推進し、ネットワークの成長を促進してより高度なユースケースの出現を可能にするとともに、ビットコインを用いたアプリケーションやビジネスの世界を開発者や一般の人々に更に利用し易くすることを目的として設立されました。

この戦略の最も重要な要素には、ビットコインSVのブロックチェーン上でアプリケーションを作成するためのツールと知識を開発者に提供することがあります。Bitcoin Associationは、既存のビットコイン開発者をサポートし、ビットコインSVエコシステムの新規参入者がネットワーク上でアプリケーション構築を奨励するいくつものイニシアティブを主導してきています。

Bitcoin Associationは、ビットコインSVブロックチェーンの従事者や興味を持つ人に向けた開発コミュニティの 教育とスキルアップに取り組んでいます。この取り組みは、ビットコインSVのエコシステムに新たな人材をもたらし、コミュニティ全体を成長させ、ブロックチェーンの取引需要を高めるものとなっています。また、事業者やスタートアップ企業によるビットコインSVネットワークの採用が進んだことによる、ビットコイン開発者の需要の安定的な増加にも対応しています。

開発者のスキルアップと教育に対する継続的な取り組みの一環として、Bitcoin Associationは創設以来2年目となった昨年、ビットコインSV上での開発を奨励し実りあるものにすることを明確な目的とした複数のイベントを開催してきました。また、ビットコイン開発者向けに新しく可能性に満ちたリソースを継続的に提供しており、業界経験の豊富な人や新規参入者にとって有用なものとして証明されています。

Bitcoin Associationは2020年、nChainと WeAreDevelopersの協力のもと、ビットコインSVブロックチェーンの従事者の教育を目的とした2日間の開発者会議「ビットコインSV DevCon」を初開催しました。その翌月に、Bitcoin Associationは、ソフトウェア開発者向けの中国最大のオンラインコミュニティである Chinese Software Developer Network(CSDN)と提携して、中国語での開発者会議を開催しました。

2週にわたる週末にかけて、ビットコインSV DevConは80カ国以上、10,000人以上を迎え、参加者の60%はブロックチェーン開発の新規参入者でした。このイベントには、ジミー・グエン、スティーブ・シャダーズ、 Xiaohui Liu、Owen Vaughn、Brenton Gunning、Rafa Jimenez Seibane、ライアンX・チャールズなど、ビットコインSVエコシステム全体のリーダーがスピーカーとして参加しました。

また、CoinGeekライブの前哨戦として、2020年に第3回ビットコインSVハッカソンが開催されました。このハッカソンでは、400人以上の開発者が8週間のバーチャルコンテストに参加し、10万ドルのBSV賞金プールの分け前をめぐって競い合いました。

ハッカソンのコーディング期間は長いものであり、これまでのハッカソンに比べて、より野心的でありながらも完成度の高いプロジェクトが多く集まりました。イベントは「唯一のグローバルなブロックチェーンで世界がつながる」をテーマとし、以下の通り受賞者が決まりました。

  • 1: RepZip
  • 2: STOTASK
  • 3: Kyrt

Bitcoin Associationは、これらの主要イベントを定期的に開催するだけでなく、2020年2月に CoinGeek Londonで発表されたビットコインSV Wikiの構築にも多額の投資を行いました。

このWikiは、ビットコインSVに関する豊富な情報およびサトシ・ナカモトが自身のホワイトペーパーで予見したビットコインプロトコルの有用性を提供するポータルとして、誰しもが閲覧できるものです。また、ビットコインの基本的な仕組みや、ブロックチェーンベースのプログラミングを始めるにあたりよく知られる便利なツールも揃っています。

オンラインやメディアで広まったビットコインにまつわる誤った情報を是正するBitcoin Associationの取り組みの一つとして、このWikiは開発者や一般の人々の教育を目的として開発された包括的なリソースの役目を果しています。

ビットコイン開発ブートキャンプも年間を通して開催され、CambrianSVとDotCamp for BSVのイベントには素晴らしい参加者が集まりました。

2020年2月にポルトガルのリスボンで開催された第2回 CambrianSV ブートキャンプ は集中的なトレーニング環境となり、選び抜かれた参加者にアプリケーションやプロジェクト開発における技術的な知識や能力を向上させるためのレッスンやマスタークラスが提供されました。

Bitcoin Associationは、2020年1月に中国の福州で「DotCamp for BSV」をDotWalletと共同で開催しました。この週末ブートキャンプは、すでに盛況な 中国のビットコインSV コミュニティを発展させるための継続的な取り組みの一環として開催されました。

当協会は、今年も引き続きビットコイン開発に重点を置き、2021年には多数のハッカソン、ブートキャンプ、さらにDevConイベントを開催する予定です。また、ビットコインSV上で構築する企業からの需要の高まりに対応するため、ビットコイン開発者の新人研修とトレーニングを促進するためのリソースをさらに作成中です。

Bitcoin Associationの開発イニシアティブや、2021年に向けた組織の計画と取り組みについては、以下より年次報告書の全文をご覧ください。