Billy Rose – Bitcoin Associationアンバサダーのプロフィール:アメリカ

自らをミームとマーケティングの両方を専門とするエキスパートと名乗るTwetchCMOであるBilly Rose氏は、ビットコインの世界に彼のパーソナリティ同様の賑やかさとプロフェッショナルなバックグラウンドを持ち込んでいますがこの組み合わせがTwetch広い意味でのビットコインSVエコシステムを進歩させています。

「私にとって、ビットコインというブランドは非常に魅力的です」とはRose氏の説明です。

「ビットコインの名前は世界中で知られていますよね?ビットコインが何であるかを知らない人もいるかもしれませんが、その名前は知っているでしょう。そしてすぐに、彼らはビットコインが何をできるのかを知ることとなるでしょう」

Rose氏のような人々にとって、ビットコインの機能とそれがどのように使用されるかという点について彼らの有しているビジョンは、ビットコインのペイメントレールとしての機能をはるかに超えたものです。むしろRose氏は、ブロックチェーンベースのアプリケーションが、今日のオンラインの世界を悩ますいくつかの根本的な問題の解決という彼が自らのキャリアの初期段階から志向していた目標を可能にするポテンシャルを有していると考えています。

「私にとって、それがビットコインホワイトペーパーを読んだ後に持った最初のコンセプトでした。そのコンセプトと、それが世の中で何を可能にするのかについて考えたとき、私は本当に興奮しました。自分自身も多くを学びましたので、ビットコインやその他のブロックチェーン上に構築を行う開発者のロゴの設計や彼らのアプリを美しく見せるといった面での支援を行いたいと思っています」とRose氏は語っています。

「私は大学卒業後に広告の仕事を始め、ツイッター上でミームアカウントを持っていました。私はそこでかなりの人気者となり、企業が私とコンタクトを取り始め、最終的に私は自分がそれらの企業のマーケティング部門全体を運営することができるのだということを彼らに納得させたのです。そして私は、[デジタル通貨マイニングプールである] Honeyminerを使用して、それらの企業の市場における取り組みを主導し、彼らのブランドの対外的な発信者になるという実に素晴らしい機会を得ることができたのです」

Honeyminerおよび別に掛け持ちで行なっていた外部プロジェクトの相方において、Rose氏はブロックチェーンに関する強力な基礎知識を獲得し、それが彼のデザインの才能とユーザーエクスペリエンスに対するセンスと結合することによって、技術開発上の明確な哲学が作り出されるに至りました。

「私の経験から言うと、ビットコインのエコシステムに関与することになった人のうち、おそらくすべての人がそうだとは言い切れませんが、大多数は非常に興奮し始め、もっと学びたいと思い始めます」とローズは言います。

「しかし、そうである必要はないのです。重要なことは、すべてのビットコインの使用経験が、ビットコインを使用しているにもかかわらずそれに気付かれないようなものであるべきだということです。ユーザーは自分が選んだアプリと通貨を使うことができ、ビットコインはアプリケーションと支払いが通過していく基盤レイヤーとしてそこにあるのです 」

Twetch

ビットコインを補助機能ではなく基盤レイヤーとして使用することは、Rose氏が共同設立し現在CMOを務める、完全にビットコインSVブロックチェーン上に構築されたソーシャルメディアアプリケーションであるTwetchによって実際に見ることができる基本理念です。

「Twetchはツイッターに似ていますが、投稿、署名、所有するもののすべてのデータがブロックチェーン上にある点が異なります」とはRose氏の説明です。

「私たちがブロックチェーンを使用するのは、ユーザーがプラットフォーム自体にアクセスできるかどうかに関係なく、自身が投稿したものすべてにアクセスできるようにデータを保存するためですが、マイクロペイメントを可能にするためでもあります」

この組み合わせは、事実上、ソーシャルメディアプラットフォームとしてパッケージ化された情報のマイクロマーケットプレイスであり、個人データの利用を前提とした既存のサービスに対する直接的な答えです。

「Twetchでは人々はプライバシーを守るためならお金を払っても構わないと思っていると私たちは考えています。Instagramに投稿する画像や写真などがInstagramによってビルボードに掲載されますが、そこからユーザーは何も得ることができないということに気づく人が増えれば増えるほど、より多くの人が私たちのやり方に賛同するようになるでしょう」とRose氏は言います。

「この価値ある情報はすべて無料で提供され、プラットフォームのみが利益を上げています。私は、ユーザーがインターネット上で行うことに対して少額を支払うという考えに順応するにつれ、これにより新しいオンラインビジネスモデルの機会が広がっていくだろうと考えています」

運用開始からわずか1年足らずで、未だプライベートベータ版ではありますが、Twetchは急速に成長しており、現在では1万人を超えるアクティブユーザーを誇っています。マイクロペイメントの導入を検討している他の企業にとってはこの成長がこのコンセプトの成功の証になっているとRose氏は語っています。

「Twetchは心理的に興味深いものです。というのも、人々はこのデジタル通貨をすべて保管しているものの、ドルと交換する以外に実際に使用する場所がないのです」とRose氏は言います。

「Twetchは、人々が日常生活でデジタル通貨を使用できるアウトレットを提供します。毎回ほんのわずかな額かもしれませんが、それはたとえ少額とはいえ人々がオンライン上で消費するものに対して対価を支払っても構わないと思っていることを示しています」

Bitcoin Associationアンバサダー:アメリカ

互いに競合し合うブロックチェーンとそれらを活用するために設計されたサービスを扱った豊富な経験を持つRose氏は、ビットコインSVの登場までは彼が考えていたアプリケーションを実行するために構築されたブロックチェーンは存在しなかったと言います。

「私にとってのビットコインSVの本当のセールスポイントは、プロトコルを不変のものとし、データをチェーン上に置くことができるというアイデアでした。ビットコインSVがその両方を実行でき、スケール化し、マイクロペイメントを提供できるという事実だけで私たちには十分でした」と彼は説明しています。

「私たちは長年にわたってツイッターのようなアプリケーションをブロックチェーン上に構築するというアイデアを持っていましたが、スケーリングや必要なもの、特にマイクロペイメントを実行できるブロックチェーンがなかったのです」

創業以来ほとんど一貫してビットコインSVブロックチェーンを使用した構築を行ってきたRose氏は、開発者が移行を行うための追加のインセンティブとしてビットコインSVエコシステムとプラットフォームの継続的な開発を挙げています。

「今年の初めに行われたGenesisアップグレードは、ビットコインSVとその周辺のエコシステム全体が構築について真剣に取り組んでいることを示しています。Bitcoin Association、nChainおよびスタッフの全員が、これが真剣で専門的な取り組みであることを示しているのです」とRose氏は語っています。

「しかし、最も重要なことは、それが機能していることです!私たちは、以前にブロックチェーンを壊してしまったことがあるので、ブロックチェーンがフリーズしないということは私たちにとって非常に重要なのです!」

Twetchがますます強力になり続けることは、ビットコインSVブロックチェーンを使用して何かを構築しようとするときに何が可能かであるかを開発者に対して示す有力な例になっており、それがエコシステム全体に対するさらなる興味を引き起こして理解を促進するとRose氏は考えています。

「ビットコインSVは、その上に構築されたアプリケーションの成長に伴って成長すると思っています」とRose氏は言います。

「私は、ビットコインの価格に興奮している人よりも、ビットコインを使用しているブランドを見たいのです。ビットコインの名前の横にある数字ではなく、ビットコインで何ができるかのかについて人々にワクワクしてもらいたいのです」