Bitcoin Association、新しいマネージングディレクターに マルシン・ザラコウスキーの任命を発表

Ryan-Brothwell
By Ryan Brothwell Published: 12月 2, 2022
Marcin-Zarakowsk

ビットコインSVブロックチェーンの使用を支援する、スイスを拠点とするグローバルな非営利業界団体、Bitcoin Association for BSVは、新しいマネージングディレクターとしてマルシン・ザラコウスキーを任命したと発表しました。

Bitcoin Associationは、スイスを拠点とする非営利団体(Verein)であり、ビットコインSV(BSV)を推進する世界的な業界団体です。企業、スタートアップベンチャー、開発者、販売業者、取引所、サービスプロバイダー、ブロックチェーントランザクションプロセッサ(マイナー)などをビットコインSVエコシステムへ統合するための団体です。

当協会は、安定したプロトコルと膨大なスケーリングロードマップを持ち、世界の新通貨及び企業向けのグローバルブロックチェーンとなり得るビットコインSVを本来のビットコインとして支援しています。また当協会は、デジタル通貨およびブロックチェーン革命を促進しつつ、法に則った運営を助長し、規制を順守したエコシステムの構築を目指しています。


Bitcoin Associationの新しいマネージングディレクター、マルシン・ザラコウスキーの紹介

ザラコウスキーは、リーダーシップとブロックチェーンにおける数年の経験を持ち、Bitcoin Associationの法務部長兼チーフ・オブ・スタッフを務めた経歴を持ちます。知的財産法、IT法、データ保護(CIPP/E)を専門とするポーランドの弁護士であり、ブロックチェーン技術の様々な法的側面について深い知識を有しています。さらにスイススタートアップ認定ボードメンバーであり、ケンブリッジ大学のエクゼクティブMBA候補者でもあります。

以前にはINATBA(www.inatba.org)プライバシーワーキンググループの共同議長、およびEU Blockchain Observatory and Forum(www.eublockchainforum.eu)のエキスパートパネルのメンバーを務めた経験も持ちます。

ザラコウスキーは今回の任命について次のようにコメントしています:「Bitcoin Associationにおいて、マネージングディレクターという新しい指導的役割に任命されたことを嬉しく思っています。当団体にはすばらしいチームが揃っており、2023年にはいくつかの新しいプロジェクトや開発を開始する予定です。テクノロジーとインフラストラクチャを中核に据えた当団体は、ビットコイン当初のプロトコルを保護しBSV上の構築者を支援するというミッションを実現できると私は確信を持っています。」


パトリック・プリンツがCOOとしてnChainに参加


ブロックチェーンの研究および開発会社であるnChainのチーフ・オペレーティング・オフィサーに就任したパトリック・プリンツの後任として、ザラコウスキー氏が任命されました。

Bitcoin Associationでは、これまでのマネージングディレクターとしてのパトリックのリーダーシップに心から感謝を表するとともに、新しい役職での今後の活躍をお祈りします。

Bitcoin Associationマネージングディレクターの役職を離れるパトリック・プリンツは次のようにコメントしています:「私は当団体を離れ、非常に有能なマルシンにバトンタッチすることになりました。チームが今後着実に新しい道を歩んでいく様子を見るのを楽しみにしています。マルシンは非常に有能で多くの専門分野にわたる知識を持っています。非常に高い勤労倫理と、BSVエコシステムのために正しい決定を下す意欲にあふれた彼は、マネージングディレクターの役職に適任です。」