Bitcoin Association アニュアルレポート2019 – 抜粋:トランザクションプロセッサ

メタディスクリプション:Bitcoin Associationは協会にとっての初めてのアニュアルレポートの中から、トランザクションプロセッサ(マイナー)の項目に注目します。

 

4月に、Bitcoin Associationは協会にとっての初めてのアニュアルレポートを発行し、初年度の組織活動中のビットコインSVネットワークによる進捗をチャートにまとめました。これらの一連の抜粋の中で、我々は新しいデータエコノミーとビジネスチャンスをもたらすビットコインSVを利用し明らかなチャンスを最大限に引き出すトランザクションプロセッサ(通称「マイナー」)を初めとし、レポートの各要素を掘り下げて見ていきます。

これまでマイナーと呼ばれてきたトランザクションプロセッサは、ビットコインSVネットワークの重要な要素であり、ビットコイン台帳を維持し、ネットワークを保護するために必要な計算能力を提供しています。トランザクションプロセッサは、行なっている投資と維持の報酬としてブロック報酬補助金とトランザクションごとに発生する手数料の2つの財源から収益を得ています。

ビットコインの経済モデルで設定されているように、トランザクションプロセッサの収益のブロック報酬コンポーネントは21万コインがすべて分配され最終的になくなるまで、減少(約4年ごとに半減)し続けます。つまりこれは、トランザクションプロセッサがトランザクションごとに得られる手数料にますます依存するようになることを意味します。

すでに、ビットコインSVはトランザクションプロセッサが運用する中で最も収益性が高いビットコインチェーンとして頭角を現しています。2019年6月以降、ビットコインSVは主な収入源であるネットワーク上のトランザクション量の増加によって、トランザクションプロセッサが運用する中で(テラハッシュごとのUSD /日の収益の点から測定して)最も収益性が高いチェーンとなっています。

Bitcoin Association Annual Report 2019: Extracts - Transaction Processors

 

半減後の世界では、トランザクションプロセッサは減少するブロック報酬補助金にますます依存ができなくなるため、このことはさらに顕著になるでしょう。代わりに、その名前が示すように、トランザクションプロセッサは収入の大部分(最終的にはすべて)をトランザクション処理から得ることとなります。

競合するビットコインブロックチェーン上では、拡張できないということはネットワーク上でのトランザクションがますます遅く高額になっていくということであり、これはブロックごとに処理できるトランザクションの数に厳しい制限があるため、とても不便なこととなっています。しかしながら、ビットコインSVは2月のGenesisアップデートでブロックサイズのデフォルト上限を完全に取り除いたことにより無限に拡張できるようになり、このことは問題とはなりません。ブロックサイズが無制限となることで、無限のトランザクションが可能となります。これはビットコインSVネットワーク上での取引は、安価で高速なままであることを意味し、取引を検討しているエンドユーザーには朗報ですが、ブロックチェーンを利用してビジネスを構築しようとしている企業にとってはなおさらのことです。

Bitcoin Association Annual Report 2019: Extracts - Transaction Processors

すでに、EHR Data、BitBoss、UNISOT といったビットコインSVをもとに構築されたエキサイティングなプロジェクトが、最低限の手数料と高速処理が可能なエコシステムでBSVブロックチェーンが明らかな可能性を活かすことができるということを証明しています。これは、トランザクションの数はもとより、ネットワーク上で処理されるブロックの平均サイズが着実に増えていることを意味しています。2019年の初頭以来、ビットコインSVは、これら両方の場面でビットコインキャッシュに対して着実にリードしており、10月にはBitcoin Coreを上回りました。

開発者が無限のスケーリングの力を最大限に見つけ出し活用する方法を学んだ結果,上下のグラフはどちらも急勾配の軌跡を表しており、これはビットコインSVネットワークの成長を表わすものです。また、2つのグラフ上には、競合のビットコインブロックチェーンに対して設定された人為的な上限が示されていますが,これらによりビットコインブロックチェーンの拡張能力は制限され、デジタル通貨以外に活用する可能性は排除されます。

Bitcoin Association Annual Report 2019: Extracts - Transaction Processors

BSVブロックチェーン上のトランザクション量が増加した結果、新しいデータエコノミーがアプリケーション開発者とトランザクションプロセッサの間に出現しています。一貫して大量のトランザクションが行われることにより、無制限のスケーリングを促進するプラットフォーム、定額の手数料、一括処理契約がますます一般的になり、トランザクションプロセッサに保証された収益とビジネスに対するコストの確実性が提供されることとなります。これを可能にするための中心的な役割を果たすのは、ビットコインSVノードチームによって開発されたMiner IDとMerchant APIツールの刷新です。

Bitcoin Associationは、企業やトランザクションプロセッサのニーズに最適なビジネスモデルを見つける手助けをするために、新しいデータエコノミーについて彼らを教育し、積極的に協力しています。

その他のビットコインSVエコシステムやネットワーク上で見られる開発やトランザクションプロセッサについての詳しい情報については、以下のBitcoin Associationの初回アニュアルレポートをご覧ください。