ビットコインSVノードソフトウェア、 v1.0.4へのアップグレードを推奨

bitcoin-sv-node-software-recommended-upgrade-to-v1-0-4_v2

ビットコインSVノードチームは、ビットコインSVノードソフトウェアのアップグレードを発表しました。

バージョン1.0.4はバージョン1.0.3からのソフトウェアの推奨アップグレードで、ネットワーク負荷が高い状態で安定性を向上させるパフォーマンス強化のための変更が含まれています。

メモリプールの最小サイズがデフォルトサイズの30%未満である場合には、ノードは起動しませんので注意が必要です。

v1.0.4における変更点の全容は以下の通りです。

  • より大きなブロックでのパフォーマンス向上のためのデフォルトのスクリプトキャッシュサイズの増加
  • GetOp2での頻繁なmallocコールの最適化
  • PTV処理中のオーファントランザクション数の減少
  • メモリプールの最小サイズはデフォルトサイズの少なくとも30%である必要があります。
  • Windowsビルド;実行中のテストをC++ビルドから分離させます。
  • 修正:状況によって、P2Pがデータ送信を停止
  • 修正:ログメッセージの浮動小数点数のフォーマット
  • 修正:CMakeでのデバッグフラグの欠落
  • 修正:P2P getaddrが非常に汚染された結果を返す問題
  • Gitianビルド修正:Makefile.am内のinstruction[_iterator].hの位置
  • bsv-trigger-safe-mode-by-invalid-chain.pyの競合状態の修正
  • 修正:スレッドプールテストのバグ
  • 修正:開発ブランチのデバッグによるユニットテストの失敗
  • script.hの過剰な物理的依存関係(#includes)の削除
  • 無効な署名のキャッシュ実装
  • `maxscriptnumlengthpolicy`ポリシー設定に違反するノードによる使用の禁止

v1.0.4をダウンロードするには、こちらをクリックしてください。