ブロックチェーンeスポーツプラットフォームであるFYX、次世代iゲーミングプロダクトの提供に向け最先端eスポーツベッティングオペレーターであるUnikrnと提携

By Press Release Published: 3月 10, 2021
FYX and UNIKRN image

ノースカロライナ州ローリー - 2021年3月10日 - ブロックチェーンベースのソリューション開発に特化した、ローリーに拠点を置くeスポーツインフラストラクチャおよびテクノロジープロバイダであるFYX Gaming は本日、最先端eスポーツベッティングオペレーターであるUnikrnとの提携を発表しました。この契約により、eスポーツ業界最先端の2社が提携し、次世代iゲーミングプロダクトおよびテクノロジーが実現します。

この新たな提携により、eスポーツ対戦の履歴を用いてライブベッティングのマーケットと組み合わせることでコンテンツがノンストップで生み出されるUnikrn運営の Unikrn Virtualに、FYXのフラッグシップタイトルのスキルベースの戦略格闘技ゲーム、CryptoFightsが取り込まれることとなりました。Unikrn Virtualでは、進行中のCryptoFightsの試合で生成されるイン・ゲームデータを活用しプラットフォーム上で繰り広げられていく展開とマーケットを作り出します。イン・ゲームデータの全ては、FYXプラットフォームを通しビットコインSVのブロックチェーンにリアルタイムに書き込まれていきます。

Unikrn VirtualへのCryptoFightsの取り込みは、FYXとUnikrnが計画するコラボレーションでの初の事例となります。この2社の間に整備されたインフラストラクチャは、FYXのユニークなブロックチェーンベースのデータプロダクトをUnikrnに対応させるもので、FYXプラットフォームでの今後のゲームとeスポーツの提供内容を強化することになり得ます。FYXプラットフォームを通しUnikrn対応するゲーム開発メーカーは、ゲームから発生した収益全体の中から一定割合を受け取ることになります。これにより、ゲーム開発者がその製品の全タイトルライフで収益を得る新たな方法が直ちに実現します。

公式リリースは2021年後半に行われる予定であり、FYXはブロックチェーンテクノロジー独自の特徴を活かすことで、従来型のの懸賞付き試合およびトーナメント、検証可能なゲームインテグリティ、そしてゲーム開発メーカーにとっての新しい収益化の方法といった、他では見られない競争型eスポーツでの体験を実現することとなります。クロスプラットフォーム型のゲームエンジン(アグノスティック)として構築されており、AAA級の開発スタジオから小規模インディーズ開発スタジオまで、あらゆる規模の開発メーカーが利用できるSDKおよびAPIによる対応オプションを備えており、かつ開発に先立つコストはかかりません。

FYXプラットフォームの原動力となっているのは、特大規模でスケーリング可能なネットワークである ビットコインSV (BSV) ブロックチェーンです。BSVブロックチェーンは、事業グレードのブロックチェーンアプリケーションが必要とするコストを予測可能なものとし、かつ低く抑えつつ、膨大な量の決済およびデータトランザクションの取り扱いを可能にします。その分散型データ台帳は公開されており、個別のリアルタイムのゲームデータを永久に保存するために用いられています。これにより、ゲームのインテグリティの実現と検証を可能なものにし、ゲーム開発メーカーとプレイヤーの双方に競争力のある収益化された機能を実現しています。

詳細および更新情報配信のサブスクリプションに関しては、 fyxgaming.comをご確認下さい。

本日のリリースについて、FYXのアダム・クリングCEOは次のようにコメントしています。

「本日のFYXとUnikrnの契約は、事業化と収益化に向けた大きな最初の一歩であり、ゲーミング業界の礎となるものです。この提携は即座に、ゲーム開発メーカーにとって全く新しい収益源となります。このCryptoFightsが、FYXが将来開発するゲームおよびUnikrnへの融合の事例となり、当社の革新的ブロックチェーンベースのeスポーツプラットフォームを通して実現したユニークな存在です。

Media Contact

Alex Speirs
広報責任者
[email protected]

FYXについて

FYX は、ブロックチェーンテクノロジーの開発と実装に特化したeスポーツインフラストラクチャおよびテクノロジープロバイダです。同社は、ゲームの収益化、インテグリティ、データおよび分析などの革新的ソリューションを備えた、豊富な特化型eスポーツプロダクトおよびサービスを提供しています。2020年、FYXはeスポーツ・インテグリティ・コミッション (ESIC) のメンバーとなりました。

Unikrnについて

2014年に設立された Unikrnは、世界最先端のeスポーツ企業であり、ベッティング、ゲーミング、eスポーツに渡る事業を展開しています。UnikrnはEGRのアワードで、2019年と2020年に渡り連続して Esports Operator of the Year として表彰されました。eスポーツ界での先進ブックメーカーとして、Unikrnは特許申請中のテクノロジーを持っており、オンラインカジノやスポーツベッティングでのクラス最高峰の伝統的ベッティングオプションとともに、受賞歴のあるユニークなゲーミングエクスペリエンスを提供しています。