BSVブロックチェーンの認知度向上と利用拡大を目指し中東・南アジアに活動拠点BSV Hub for MESA立ち上げ

By Press Release Published: 5月 27, 2021
BSV Hub for MESA (Middle East & South Asia)

スイス、ツーク(2021527日)ビットコインSVブロックチェーンビジネスおよびデータプロトコルとしてのビットコインSVの採用の発展に尽力する、スイスを拠点としたグローバルな業界団体であるBitcoin Associationは本日、MESA(中東・南アジア)の活動拠点となるBSV Hubを立ち上げることを発表しました。BSV Hubには、企業レベルのアプリケーションや大規模な政府プロジェクトにおいてBSVブロックチェーンの認知度を高め、その利用を拡大するための現地に特化したリソースを配置しています。

BSV Hub for MESA(中東・南アジア)はアラブ首長国連邦のドバイに置かれ、同地域のプロジェクトにおいてBSVブロックチェーンの活用を検討する企業、政府、そして学術機関からの関心の高まりに応えるものとなります。中東・南アジアは重要な役割を担う地域であり、将来バーレーン、インド、パキスタン、トルコなどの国々に進出することを視野に、BSV Hubはまずアラブ首長国連邦とサウジアラビアでの活動を優先していきます。

MESA(中東・南アジア)諸国でのブロックチェーン関連プロジェクトは政府主導で推進されることが多いため、地域の公共部門が扱う大規模なデータのニーズに合った理想的なプラットフォームとなるのがBSVであると言えます。BSVは事業グレードのパブリック ブロックチェーンであり、P2P電子通貨システムとしても、大企業や政府規模のアプリケーション向けのグローバルデータの台帳としても機能します。BSVネットワークは無限に拡張でき、最小限のコストで大量のトランザクションに対応します。今年は、1秒あたりのスループットとして最大50,000件のトランザクションを処理し、トランザクション手数料の中央値は米ドルセントの小数単位に収まることが予想されます。加えて、BSVではマイクロペイメント、スマートコントラクト、トークン化、さらに多様なデータ機能を提供します。

Muhammad-Salman-AnjumBSV Hub for MESA(中東・南アジア)の責任者には、現地における企業向けブロックチェーンスペースの第一人者であり、次世代会計業務およびBSVブロックチェーン利用を統合する請求プラットフォームを提供するInvoiceMate社のチーフオフィサーでもあるムハンマド・サルマン・アンジュムが就任する予定です。サルマンはInvoiceMate設立前、Avantas Tech Accelerator、PwC’s Academy Middle East、Mind AIといった地域を代表するものからグローバルなものまで複数の企業と協働してきました。

BSV Hub MESA(中東・南アジア)では、企業や公共部門の大規模なプロジェクトをサポートすることに加え、BSVブロックチェーン上でアプリケーションを構築できるよう同地域における能力開発を進めていきます。また、事業者や開発者、学術機関と協力し、講習会や教材を提供するとともに、ブロックチェーン技術のメリットについてより多くの人々が学ぶよう啓蒙していきます。

本日の発表に関し、Bitcoin Association創設者兼会長であるジミー・グエンは次のようにコメントしています。

「中東・南アジア地域において電子政府、スマートシティ、IoTをはじめとする大規模な公共部門向けの技術に関する取り組みへの関心が強い中、こうした大きなビジョンを実現するために必要なデータユーティリティを提供する上で求められる大規模なブロックチェーンこそがBSVです。この地域への過去9か月間での複数回の訪問において、MESA(中東・南アジア)全域でBSVへの関心が高まり続けていることが見られたため、まさに今がこの地域でのBSVエコシステムの存在感を確立すべきタイミングと言えます。ムハンマド・サルマン・アンジュムと緊密に連携し、MESA(中東・南アジア)地域でのBSVの発展、そしてより高い効率性と公平性を世界にもたらす真のデータユーティリティを備えたブロックチェーン アプリケーションの支えとなることを期待しています。」

また、BSV Hub for MESA(中東・南アジア)の責任者であるムハンマド・サルマン・アンジュムは次のようにコメントしています。

「ブロックチェーンは現代に存在する本物の革新的技術であり、官民両方に大きな影響を与えるポテンシャルがあります。無限に拡張できる能力と多様なデータ機能を持つBSVブロックチェーンは、私が情熱を注いでいる分野である政府および事業の両方に適したソリューションを提供する独自のポジションにあります。中東・南アジアはBSVブロックチェーン技術のもつ変革の可能性を引き出すに当たり理想的な地域であり、MESA(中東・南アジア)全域でBSV利用拡大の先導者として活動していけることを楽しみにしています。」

 

メディア連絡先

Alex Speirs
広報責任者
[email protected]

 

Bitcoin Associationについて

Bitcoin Association は、ビットコインSVブロックチェーンのビジネス発展に尽力する、スイスを拠点としたグローバルな業界団体です。当協会は、ビットコインSVエコシステムの重要な構成要素である、企業、スタートアップベンチャー、開発者、販売業者、取引所、サービスプロバイダー、ブロックチェーントランザクションプロセッサ (マイナー)からなるビットコインSVエコシステムを統合し、その代表権を持つだけでなく、その構成員らと共に取り組むことによってビットコインSVブロックチェーンのさらなる利用とBSVデジタル通貨への取り組みを推進します。

また当協会は、ビットコイン技術のあらゆる側面を活用して革新を促進すると共に、規制を順守した運営の基礎となる規制を遵守したエコシステムの構築を目指しています。ビットコインは、デジタル通貨やブロックチェーンである以上にネットワークプロトコルであり、インターネットプロトコル同様、データネットワーク全体の基本的な規則なのです。当協会は、ビットコインSVで世界単一のブロックチェーンを運用するため、オリジナルのビットコインプロトコルの使用をサポートしています。