UAE(アラブ首長国連邦)におけるBSV

Alex Speirs 150 x 150
By Alex Speirs Published: 12月 3, 2020
Jimmy Nguyen image

先日、Bitcoin Associationは革新的なビジネスと投資コミュニティに参加するために訪れたUAEへの2週間の訪問を締めくくりました。同協会は、ブロックチェーン技術が中東での足場を固める中、権威ある第12回リトッサ・グローバルファミリーオフィス投資サミットでビットコインSV企業の中心的役割を果たしました。

Bitcoin Associationの創設者兼会長ジミー・グエンは「特に政府関連のプロジェクトにおいて、ドバイは中東におけるブロックチェーン開発の重要な中心地です。」と説明しています。

「私たちは大規模なデータとトランザクション量を持つアプリケーションを開発しようとしているので、ドバイはBitcoin Associationにとって魅力的です。私たちはビットコインを単に決済代替手段として捉えているのではなく、大量のトランザクションを生成する大規模なアプリケーションの構築を支援したいと考えています。それには政府主導のプロジェクトが理想的で、交通データの管理やブロックチェーン上の国民IDシステムの保管などさまざまなユースケースが存在します。これらは膨大な数のトランザクションを生成するアプリケーションで、ビットコインSVならば今すぐ対応できるものです。」

Bitcoin Associationの今回の訪問には、Bitcoin Associationチームのために開催された4日間のサミットを含む、いくつかのイベント、会議、メディア出演が含まれ、今後数年間の計画が策定されました。

しかし、この訪問の最重要事項は、アンソニー・リトッサ氏が主催し、ドバイのパーム・ジュメイラにあるウォルドーフ・アストリアでSheikh Ahmed Al Maktoum殿下の後援によって開催された、権威あるリトッサ・グローバルファミリーオフィス投資サミット(リトッサ・ファミリー・サミット)でした。

サミットは12回目の開催で、さまざまなバックグラウンドから途方もない富裕層の投資家(および彼らを代表する意思決定者)を迎え、リトッサ・サミット参加者の総資産は常々、4.5兆米ドルにも上ります。主題として、このイベントの焦点は投資を利用して富を増やし維持するだけでなく、社会的に責任ある方法で、明日のためにより良い世界を提供することにありました。

「Bitcoin Associationを新しい地域に展開させたいときはいつでも、主要な企業、投資家、政府関係者と関係のある地元のパートナーを見つけることが常に重要なこととなります。」とグエンは説明します。

当然のことながら、ビットコインSVの大きな可能性を示すのにこれ程良い機会はありません。

左から)ジミー・グエン、アンソニー・リトッサ氏と妻、ロン・ターター、カルバン・エヤー[
明日への投資

ビットコインSVの代表団は、リトッサ・ファミリー・サミットで代表としての役割を十分に果たしました。

グエンはビットコインSVに関する基調講演を行い、ビットコインSVエコシステムの関係者は2日間にわたるイベントのいくつかのセッションで取り上げられました。

TaalのCEOであるジェリー・チャン氏は、ブロックチェーン投資が新しい時代の権限を与えられたデータでより良い社会をどのように支援できるかについての対話形式の座談会を主催し、ベイジアングループのチーフビジョナリーであるロイ・ベルンハルト氏は、フィンテック、デジタル資産、セキュリティトークンオファリングのパネルディスカッションに参加しました。

グエンはまた、ドバイブロックチェーンセンターのCEOであるMarwan Alzarouni博士、ドバイのBin Zayed Groupの社長であるMuhammad Salman Anjum氏、nChainのCEOであるデビッド・ウォッシュバーン氏などの専門家を含む、「ブロックチェーンとビジネス:現実世界でのメリットを提供」と題したパネルディスカッションの司会を務めました。

イベントの重要性を鑑み、カルバン・エヤー氏もリトッサ・ファミリー・サミットとBitcoin Associationの企画会議に出席しました。

「今日の午後の会議に実際に出席し、リトッサ・ファミリー・サミットで上級意思決定者にnChainの話をする機会を得たことで、世界のすべてが違ってくることは明らかです。」とウォッシュバーン氏は話します。

ググエンの基調講演は、サミット初日の早い時間に行われました。世界で最もパワフルな投資家たちである参加者に講演を行なった際の、彼のメッセージはとても明確で、それは、「ビットコインSVがビットコインであり、より明るいデジタルの未来をサポートするために投資する価値がある唯一のプロトコルである」ということです。

グエンは「ビットコインが実際に使用されている世界が見えます。」という言葉で基調講演をスタートしました。

「今日の多くのビットコインの実装は、実際にはサトシ・ナカモトによって創造された有名なビットコインではありません。本来のビジョンは、人々や企業が日常的に毎日、数百万、さらには数十億回とあらゆる形態の決済とデータトランザクションで使用できるシステムでした。これらのことはまだ実現はしていませんが、私たちがビットコインSVで実現させたいことです。」

グエンは、ビットコインのその他のバージョンは投機的な投資を呼び込むことに成功はしたが、それらのプロトコルの実際の有用性に結びついたものは何もなかったと述べています。彼は初めて、ビットコインSVがスケーリング可能なデータネットワークとして真の有用性と価値を提供することを説明しました。

‘ブロックチェーンは、市場の力と経済が指示するのと同じくらい大きくスケーリングする必要があります。」

彼は、ビジネスのためのブロックチェーンとしてよく宣伝されている、競合するブロックチェーンであるイーサリアムについて指摘しました。取引が活発な時期には、イーサリアムの取引手数料は14米ドルに達する可能性があります。これをビットコインSVと比較してみると、ビットコインSVは2021年には毎秒50,000トランザクションのスループット容量に達すると予測されており、これはVISAネットワークのピーク容量に匹敵しますが、その間、ほんの数分の1セントというわずかなトランザクション手数料を維持します。

これは、データへの依存度が高まっている世界では非常に重要です。世界をリードする「ドバイスマートシティ」イニシアチブを備えているドバイも例外ではありません。ジュニパーリサーチ社は、2024年までに830億のモノのインターネット(IoT)エンドポイントが存在すると予測しており、IoTデバイスによって生成されるデータは2022年には54エクサバイト(54兆メガバイト)を超えると予測しています。一方、モバイルデータ量は3年ごとに静かに倍増しており、超高速ブロードバンドは秒単位で拡大しています。極端な規模のデータの波が押し寄せており、社会は商業および民間の意思決定者双方に真の有用性をもたらすことができるよう、それらの膨大な量のデータをファイルに保存、管理、および保管できる技術を必要としています。

サミットでの講演に加え、ビットコインSVの収益化されたデータネットワークのパワーを強調するための継続的なアウトリーチ活動の一環として、CNBCアラビアやCEO Magazineのジャーナリストを含む、参加した国際メディアから多くのビットコインSV代表団メンバーがインタビューを受けました。

次のステップであるビットコインSV

急速に変化する世界とビットコインSVの機能、より一般的にはブロックチェーン技術との関係は、会議に参加した多くの人にとって共通の接点でした。特に、この新しい世界でのビットコインSVの革新的なアプリケーションの潜在的なグラウンド・ゼロとして、ドバイは比類のないものです。

「特にドバイは技術的に非常に進歩しており、ブロックチェーンに対してとてもオープンであり、スマートシティプロジェクトを含む多くのイニシアチブにそれがどのように役立つかを理解しています。」とウォッシュバーン氏は言います。

「私たちは、UAEはこのトレンドの最先端にあると考えており、地元のパートナーと協力することでこのプロセスでの重要な役割を果たすことができると確信しているため、ここUAEで何が起こっているか本当に興味があります。」

この意見は、自身のプレゼンテーションでビットコインSVネットワーク用にすでに構築されている既存のアプリケーションについてすぐに強調したグエンによって同意されました。これらの機能がネットワークの将来に与える影響を実演する方法ではビットコインSV独自の特性を説明するのは難しいこともあるため、富裕層と強力な参加者を念頭に置いて、グエンは大きなプロジェクトやさらに大きなアイデアに焦点を当てました。

おそらく、ドバイでの参加者にとっての最良の例は、「すべてが繋がった」世界によって生成された極端な規模のデータを管理するソリューションを構築しているイギリス、ケンブリッジのGeoSpock社です。モノのインターネットのおかげで、ファイルに保存されるデータ量の増加、またはファイルに保存可能となることについての統計を考えてみてください。料金所、CCTV、信号機、さらには現在では街灯までもと、スマートシティの普及は大部分を占めており、多くの都市のデジタルフットプリントの一部を形成しています。ドバイは今のところスマートシティイニシアチブのパイオニアであり、UAEは世界で最もモバイル普及率が高い国の1つです。GeoSpockは、モバイルやその他のスマートデバイスからのデータをファイルに保存、変換、そして意思決定者にとって有用で実用的な情報に変換するサービスの一環として、ビットコインSVブロックチェーン機能をその極端なスケールのデータソリューションに統合します。(多くの)特定のユースケースの1つは、二酸化炭素排出量の削減です。その目標に向けられた戦略が、効果的であるためには膨大な量のデータを必要とすることは確実です:与えられた時間内に何台の車両がエリアを移動しているか?それらの車両の中には何人いるか?配送車両およびサービス車両は何台あり、何人のエンドカスタマーにサービスを提供しているか?これらの情報はすべてスマートシティで利用可能であり、ビットコインSVだけが、情報を収集、管理、およびそれに基づいて行動するために必要なインフラを備えています。

ヘルスケアは、ビットコインSVネットワークが大きな価値を提供できるもう1つの領域です。 アメリカの企業、HER Data社は、ビットコインSVブロックチェーンを使用した世界初のヘルスケアデータプラットフォームを構築しています。患者の記録は、ビットコインSVブロックチェーン上に個人用に保存され、患者はさらに医療提供者に自身に関係する重要なデータへのリアルタイムなアクセスを許可することができます。この情報を不変で、広くアクセス可能な、そして検証が簡単なデータネットワーク上に置くことは、患者の記録が複数の独立した組織にわたる無数のデータサイロに保持される現状よりも望ましいことは明らかです。ヘルスケアサプライチェーンのすべてのリンクが患者の単一のデータソースに依存できたなら、そのデータから抽出できる情報は現在利用可能な情報を大幅に超える可能性があり、個人と社会の健康状態を改善する機会を提供します。

データ所有者が自身のデータを収益化できるようにするビットコインSVブロックチェーンの容量には、非常に有益な意味があります。例えば、現在は患者が医師の診察を受け、処方箋を受け取り、薬を受け取るために薬局に行くときに作成されたデータは、患者の側からすると全く消えてなくなってしまいます。しかし、それが事実ではないことはわかっています。業界全体は、収集したデータを販売する企業の能力に基づいて構築されているからです。顧客が自分自身に関係し、他のどの企業が間違いなく恩恵を受けているか、データの価値を理解することは、より意味があることではないでしょうか?

患者の記録がビットコインSVブロックチェーン上に普遍的に保存されるか、少なくともアクセス権が付与されていれば、患者には自身のデータに対するすべての要求が通知され、表示を許可するか、または料金を請求するかを自分で決定することができます。

これは、ビットコインSV独自の特性がなければ実行不可能です。スケーリングに上限を課さず、最小限のコストで大規模なスループットをサポートすることで、EHRデータなどによって提案された世界が可能になります。ブロックの上限サイズ制限を課すことによって直接的に、または多額の取引手数料なしにスケールに到達できないことによって間接的にスケーリングを制限する代替プロトコルには、同様のものを提供することはできません。それはまた、急速に近づいている未来、つまりますます多くの製品がインターネットに接続され、膨大な量の有用なデータを生成する未来にすでに対応できることを意味します。ビットコインSVプロトコルは、このデータをただ管理できるだけでなく、倫理的かつ公正に管理できるのです。

ドバイで、そしてその先を見据えるBitcoin Association

ドバイでのサミットでBitcoin Associationに参加した人々と話しを聞くと、この遠征は大成功だったということです。Bitcoin Associationは、この地域での活動を拡大し続ける予定で、すぐにやって来る12月に開催される第13回リトッサ・ファミリー・サミットへの訪問を計画しています。これは、ビットコインSVについて地域を教育し続けるための重要なステップです。

「基調講演が終了してステージを降りるとすぐに、ビットコインSVとその技術のさまざまなアプリケーションについてもっと知りたいという人が私の元にやって来ました。」とグエン氏は言います。

「このサミットから得たものは、投資家を教育する機会だけでなく、UAEや近隣諸国の主要な意思決定者と知り合いになったことでした。Bitcoin Associationの場合、それはサミット中とその後の数日間にわたる、ドバイでのビジネス会議に繋がりました。会議は、投資をしようとしているエリートファミリーオフィスのメンバーから、すでにブロックチェーンに携わり、ビットコインSVとのコラボレーションの可能性のある分野を探求することに興味がある政府機関とともに働いているその他の企業までと、幅広い相手との間で行われました。」

ドバイとUAEについて考えるとき、「パイオニア」と「革新」という言葉が通常すぐに出てきます。この国には並外れた富がありますが、この国はその富を市民や訪問者にとっての真の利益に変えたいという願望をも持ち合わせています。ビットコインSVが世界を変えることができるという認識を持ってBitcoin Associationが対応しようとしたのはこの品質です。必要なことは、誰かまたはある国がそれを利用することだけなのです。

Bitcoin Associationはまた、中東およびさらに遠方で来年の独自のプランを綿密に計画するために、代表団の一員としてドバイを訪問するスタッフ間で独自のサミットを主催しました。グエンは次のように考えています。

「パンデミックの状況下での計画は困難ではありますが、UAEおよび世界中のエコシステムと私たちのプログラムが成長し続ける間(そして世界が再び開かれるとき)、Bitcoin Associationの2021年のより多くの活動を期待していてください!」