BSVがビットコインのスケーリングが機能することを証明:累積データサイズでBTCブロックチェーンを上回る

By Press Release Published: 6月 4, 2021
BSV Blockchain logo

ツーク、スイス – 2021 6 4 ビットコインSVブロックチェーンおよびデジタル通貨のビジネス発展に尽力する、スイスを拠点としたグローバルな業界団体である Bitcoin Associationは、ビットコインSV (BSV) ブロックチェーンが累積データサイズにおいてBTCを上回ったことを立証し、ビットコインネットワークが無制限にスケーリング可能であることを示しました。

2021年5月16日、BSVブロックチェーンの累積増加量 (データ サイズ) が初めてBTCブロックチェーンを上回り、同日のオンチェーンに保存された総データ量はBTCネットワークの352.4 GBに対し352.9 GBとなりました。以来、BSVは最大かつ最もデータ量の多いブロックチェーンとしてのリードを拡大し続けています。2021年6月4日現在、オンチェーンに保存されるデータ量はBTCの355.23 GBに対し367.43 GBとなっています(coin.dance) による報告データ)。

BSVブロックチェーンの継続的なデータ量増加は、ビットコイン創造者であるサトシ・ナカモトのBSVブロックチェーンのデフォルトのブロックの上限サイズ(つまりトランザクション量とデータ容量)に制限を設けず、無限にスケーリングするというビジョンに起因しています。結果、BSVネットワークは非常に低コストで高いトランザクションスループットを提供しています。メインネット上ですでに毎秒5,100トランザクション以上を維持しており、今年後半には毎秒50,000トランザクションのスループットを実証すると予想されています。また、2020 年のBSVネットワークでの取引手数料の中央値は50分の1セント以下でした。

対照的に、BTCネットワークはデフォルトのブロック上限サイズをわずか1 MB(ブロックウェイトは最大4 MB)としており、ネットワークのオンチェーンでのトランザクションは1秒あたり7回に制限しています。このため、より高い取引手数料が必要となり、ネットワークの有用性を高価な「価値の保存」トランザクションに限定しています。BTCの支持者は長年にわたり、ビットコインネットワークは拡張できない、または拡張すべきでないと主張してきました。しかし、BSVネットワークのデータ容量が大きくなったことにより、その見解が誤りであることが証明されました。

2021年3月14日、BSVネットワークは複数の大規模なミックスメディアファイルを含む2,674件のトランザクションで構成された、世界記録となる638 MBブロック(TAAL Distributed Information Technologiesによってマイニングされたブロック番号:#678301)を処理しました。このブロックは、同じくBSV ネットワークが樹立した最大ブロックサイズの世界記録(2020年5月16日にTAAL社がマイニングした130万件の個々のトランザクションを含む369 MB、ブロック番号:#635141)を更新し、BSVブロックチェーンがサポートできる多様なデータ機能とユースケースを示しています。

BSVブロックチェーン上のトランザクションは、BSVネットワークが提供する様々な機能を利用するビジネスから発生しています。これには、チェーンを通じて管理されるビジネス、消費者、公共部門のデータに加え、単純な決済、トークン、ソーシャルメディアおよびデジタルメディアのコンテンツ、オンラインゲームアクティビティ、タイムスタンプの記録などが含まれています。

本日の発表について、Bitcoin Associationの創設者兼会長であるジミー・グエンは次のように述べています。

「BSVがブロックチェーンの累積成長率でBTCを抜いたことは重要な成果と見ていますが、実際には、さらなる大きな発展への過程の1つに過ぎません。BTC支持者は、ビットコインはスケーリングできず、そのネットワークはわずか1 MBのブロック上限に制限されなければならないと長い間主張してきました。しかし、600 MBのブロック規模がすでに実証されており、優れたデータ性能が示され、さらにはブロックチェーンの総データサイズも大きくなったことで、BSVはビットコインがスケーリング可能であることを証明し続けています。BSVの企業や開発者は、ビットコインネットワークのスケーリングにより何が実現可能であるか日々実証しています。BSVのブロックチェーンは、オンチェーンのソーシャルメディア、eスポーツやゲームアクティビティ、サプライチェーンマネジメント、ARやVRのバーチャルアイテム、アフリカのレソト王国 における新型コロナウイルス感染症ワクチン接種の追跡、さらにそう遠くない将来にはツバル全体の電子行政サービスなど、さまざまなユースケースで活用されます。これはすべて、サトシ・ナカモトが思い描いていたように、それは新しいデータに基づくデジタル経済の一端であり、BSVブロックチェーンがより大きなデータ容量を処理することによって可能となりました。これはまだ始まったばかりです。」

BSVの詳細、およびそのブロックチェーンがデータの力をビジネスアプリケーションやサービスにどのように発揮するかについては、 CoinGeekチューリッヒ のライブストリーミングをご覧ください。このイベントは2021年6月8日から10日までの3日間、Bitcoin Associationの創設者兼会長であるジミー・グエンが司会を務める無料のバーチャルイベントです。coingeekconference.comにて参加登録してください。

 

メディア連絡先

Alex Speirs
広報責任者
[email protected]

 

Bitcoin Associationについて

Bitcoin Association は、ビットコインSVブロックチェーンのビジネス発展に尽力する、スイスを拠点としたグローバルな業界団体です。当協会は、ビットコインSVエコシステムの重要な構成要素である、企業、スタートアップベンチャー、開発者、販売業者、取引所、サービスプロバイダー、ブロックチェーントランザクションプロセッサ (マイナー)からなるビットコインSVエコシステムを統合し、その代表権を持つだけでなく、その構成員らと共に取り組むことによってビットコインSVブロックチェーンのさらなる利用とBSVデジタル通貨への取り組みを推進します。

また当協会は、ビットコイン技術のあらゆる側面を活用して革新を促進すると共に、法に則った運営の基礎となる規制を遵守したエコシステムの構築を目指しています。ビットコインは、デジタル通貨やブロックチェーンである以上にネットワークプロトコルであり、インターネットプロトコル同様に、データネットワーク全体の基本的な規則なのです。当協会は、ビットコインSVで世界単一のブロックチェーンを運用するため、オリジナルのビットコインプロトコルの使用をサポートしています。