BSVアップデート:2020年12月

Alex Speirs 150 x 150
By Alex Speirs Published: 12月 18, 2020
BSV Update

BSVアップデートおよび創設者兼会長からのメッセージ – 2020年12月

Jimmy-Nguyen

ビットコインSVコミュニティの皆様、こんにちは。

ビットコインSVのエコシステムは、ビジネスやイノベーターグループが世界中の多くの国に存在し、広範囲に広がっています。そのため、Bitcoin Associationでは、これらのコミュニティを見出して育成し、コミュニティ同士を結びつけ、彼らがビットコインSVネットワークを利用して世界を変えるイノベーションを実現できるようにすることに力を入れてきました。ケンブリッジからドバイ、ブエノスアイレスまで、そしてその間のあらゆる場所で、ビットコインSVの開発者、起業家、信者は、急速に成長している知的資本とサポートの宝庫にアクセスすることができます。

これは私たちにとって常に優先すべきことですが、2020年が非常に厳しい年となり、私たちが計画していた取り組みや活動の多くが抑制されたことが本当に浮き彫りになりました。しかし、様々な障壁にもかかわらず、エキサイティングなビットコインSVの開発が世界中で行われていることは十分に証明されています。

10月下旬と11月には、アラブ首長国連邦のドバイでBitcoin Associationの対面イベントが再び開催されました。Bitcoin Associationのスタッフの間で計画会議を開催し、私たちの組織とBitcoin SVコミュニティの両方のために来年の展望を検討したのみならず、リトッサ・ファミリー・オフィスが主催する有名なグローバル投資サミットの1つで、エキサイティングなビットコインSVのストーリーを共有する機会を得ました。投資サミットでは、世界で最も技術的に進歩を遂げている都市の一つで投資家や企業の新しい聴衆にビットコインSVを紹介しました。ドバイには、今後10年間の素晴らしいビジョンがあり、そのビジョンを実現するためにビットコインSVがどのような役割を果たすことができるのかを紹介することができて感激しています。

私たちのドバイ初訪問は素晴らしい成果をあげたため、12月初旬にビットコインSV企業の代表団を率いて、リトッサ・ファミリー・オフィスの今年の締めくくりの投資サミットに参加するため再訪問してきました。(詳しくは次回アップデートでお伝えします)。

世界をより良い場所にする提案を認識し、投資する意欲のある聴衆にビットコインSVの力を紹介する機会を得るたびに、私たちは大きな喜びを感じます。中国やスイスと同様に、UAEにも大きなアイデアを持った素晴らしいイノベーターや起業家がいて、それを実現するための適切な手段を待っているのです。

ビットコインSV
UAEロードショーに参加してくださった皆様に感謝の意を表したいと思います。また、リトッサ・ファミリー・オフィスのアンソニー・リトッサ卿と彼のチーム(特にCEOのヴァネッサ・エリクソン氏とサイモン・マイレイ氏)にも特別な感謝の意を表したいと思います。参加された方々が、私たちと同じように多くのことを得られたことを願い、期待しています。私たちはこの訪問を基に、2021年には世界中でこのロードショーを続けることに興奮しています。

2020年が終わりに近づき、多くの人が仕事納めを迎えようとしている中、私はBitcoin Associationチームを代表して、皆様、皆様のご家族とご友人が幸せな年末を過ごされることを願っています。

そしてこれからもご自愛いただき、サトシビジョンを信じてください。

ジミー・グエン

創設者兼会長

Bitcoin Association

 

UAE(アラブ首長国連邦)におけるBSV

Bitcoin Associationは最近、アラブ首長国連邦への2週間の訪問をし、地域のブロックチェーンと投資コミュニティを巻き込み、ビットコインSVがどのようにアラブ首長国連邦やドバイのような近代的な都市が大規模な開発目標を達成するのに役立つかを実証しました。

その焦点となったのは、第12回アンソニー・リトッサ卿グローバル・ファミリー・オフィス・インベストメント・サミットでした。この限定的なサミットは超富裕層投資家とその資産を代表する経営者、企業経営者、政府関係者が一堂に会し、未来の投資機会について議論することで、社会全体の発展に貢献することを目的としています。当然のことながら、私たちにはビットコインについて話す機会を手に入れ、ビットコインSVブロックチェーンが、ヘルスケアからスマートシティ計画まで、あらゆる業界でのデータ変換を促進するために必要なスループットとスケーラビリティを持つ唯一のプロトコルでであることを説明しました。また、ビットコインSV企業のリーダー数名がサミットのパネルに登場し、商談を行いました。

彼らの行う投資やビジネスプロジェクトが明日の世界を決定づける可能性のある人々の前で、ビットコインSVの価値提案を行う機会を得ることができたのは、信じられないほどのチャンスでした。リトッサ・サミットの聴衆は、全体で4.5兆ドルという驚異的な資産を保有していますが、多くの人にとっては、実際のデータの有用性を実際のユースケースを使って説明することによってビットコインの真の価値が、投資を巡る思惑を超えて、初めて実証されたことになるでしょう。

サミットには国際的なメディアも参加しており、出席したビットコインSVプレイヤーは、CNBCアラビアやCEOマガジンなど、サミットの枠を超えてメッセージを広める機会を得ることができました。

そして、多くのBitcoin Associationチームが一堂に会する中で、私たちは数日間の企画サミットを開催する機会も得ることができ、Bitcoin AssociationとビットコインSVの将来について語り合いました。今回のサミットで概説された計画の実行を楽しみにしており、2021年はビットコインSVにとって大きな年になることを期待しています。

 

ケンブリッジでのエコシステム構築

ビットコインSVのエコシステムは広範囲に広がっており、Bitcoin Associationは、本来のビットコインプロトコルで世界を変えるアプリケーションを構築することに興味を持つコミュニティを支援することに尽力しています。イギリスのケンブリッジは、その約束の素晴らしい例です。ケンブリッジはビットコインSVの発信源となっています。名門大学とその学生を中心に構成されており、ビットコインとそれが提供する機会の探求に積極的な役割を果たしています。

Bitcoin Associationは、遺伝学博士課程の候補生であるロビン・コーゼ
氏によって設立され、ビットコインSVプロトコル、ブロックチェーン、デジタル通貨を使用してアプリケーションについて学び、開発を行う学生を支援するために設立されたケンブリッジ大学メタネットソサエティの誇り高きスポンサーです。当協会は、ビットコインSVエコシステムで働くより多くの意欲的な専門家を育成するという使命を推進するために、メタネットソサエティに財政的および後方支援を提供しています。

investing-in-the-bitcoin-sv-ecosystem-paying-dividends-in-cambridge

私は、ソサエティの最新のバーチャルミートアップにゲストホストとして出演する機会があり、すでに目に見える成果を上げている非常に熱心な学生と交流できたことを嬉しく思いました。

ソサエティの成功はその結果が物語っています。私はまた、Bitcoin Associationがソサエティとのパートナーシップを2年目も継続することを発表することができました。そして、それが今後も長く続くことを願っております。

 

¡ビットコインSVが独立して2年目を迎える!

今年はビットコイン独立記念日(11月15日)の2周年となり、ビットコインがようやく解放され、生みの親であるサトシ・ナカモトの本来のビジョンに戻ることが許されてから2年が経過したことになります。これを記念して、Bitcoin Associationは第2回ビットコインSV独立記念日レポートを作成し、ビットコインSVネットワークのエキサイティングな状況概要を提供しています。

v1_BSV_Independence_Report-LI

このレポートには、369MBで処理され新しい世界記録を樹立したブロックや130万件以上の個別トランザクションなど、過去1年間のマイルストーンが含まれています。レポートはまた、これらの技術的な成果を祝うだけでなく、新たなユースケースが登場し、今後も継続していくことを強調しています。レポートの発表時点では、ビットコインSVは420以上のプロジェクトがプロトコル上に構築されていましたが、これはビットコインSVが公式に設立されてわずか2年で達成された驚異的な成果です。

レポート全文はこちら

 

ビットコインSV技術基準委員会が企業に対して公開される

また今年は、ビットコインSV技術基準委員会の設立という、ビットコインの専門化に向けた大きな節目を迎えました。この委員会は、ビットコイン技術の開発を専門化するために設立され、ビットコインSVのプロトコルとしての地位を強化し、世界的に採用されることと企業で利用されるようになることを主要な目的としています。委員会の11人のメンバーは、8つの異なる国とビットコインSVエコシステムの多様なセクターを代表しています。

bitcoin-sv-technical-standards-committee-opens-first-proposed-standard-for-public-review-BA

最初に提案された標準案、Merkle包含証明のデータフォーマットは、厳格で堅牢な起草とレビュープロセスを経て、11月に公開されました。この標準案は2ヶ月間この段階に留まり、その後専門のワークグループが公開された提出物をレビューし、再度見直すか、標準案の発行を進めるかを決定します。

また、11月には委員会専用のウェブサイトを開設しました

ビットコインSV技術基準委員会の提案を含む、記事を読むにはこちら

 

オンチェーンのブラックジャック

ビットコインSVを基盤とする米国のゲーミングテクノロジー企業であるBitBossは、オンチェーンでのカジノ体験を実現するために、完全にオンチェーンで動作する初のブラックジャックゲームをリリースすることで、大きなマイルストーンを達成しました

BA_Blackjack-Blockchain_02

これはエキサイティングな開発です。これまで、最も複雑なオンチェーンの提供は、スロットや、それと同じくらい単純なカジノゲームでした。しかし、ブラックジャックはルールと結果がカスケードするゲームであり、すべてのプレイヤーとディーラーの行動と結果をブロックチェーン上に保存することは、例えばスロットマシンのレバーを引いたときの結果を単純に決定し、その結果をオンチェーンで登録するよりも大きな課題でした。

これは、オンラインゲームの世界をブロックチェーン上に構築するための重要な一歩です。ビットコインSVブロックチェーンが提供するスケーラビリティ、透明性、不変性の恩恵をより明確に受けることができる業界はほとんどありません。

 

ShowPay、エンジェル投資で150万ドルを調達

中国発の2020年最高のブロックチェーンサクセスストーリーの1つは、最新の資金調達ラウンドで150万ドルを調達した、専用の決済システムShowPayでしょう。これは中国のビットコインSV企業への投資としては、これまでで最大規模のものの一つです。

この資金は、ビットコインSVベースの分散型IDシステム
MetaIDの研究開発、MetaIDの採用促進のための非営利基金の設立、およびShowPayチームの一般的な拡大に充当されます。

showpay-successfully-raised-funding-of-1-5-million-to-build-metaid2

広州に拠点を置くShowPayのような企業は、中国の強力なビットコインSVコミュニティを反映したものであり、すでにエコシステムの拡大に不可欠なインフラ革新に貢献しています。迅速かつ効率的な決済はビットコインSVネットワークの特徴であり、ShowPayがこのような成功を収め、その成長軌道を支えられているのを見ることは、コミュニティの将来にとって素晴らしい兆候です。

 

DotWallet for Developers V2.0

11月にはDotWallet for Developers 2.0の公開が行われました。これは、バージョン1.0の公開からちょうど1年後のことでした。DotWallet for Developers は、単一のウォレットアプリとしてスタートしましたが、今回のリリースではプラットフォームが大幅にアップグレードされ、インフラストラクチャのニーズと消費者向け製品の両方に対応する完全なデジタル資産管理インフラストラクチャプロバイダへと生まれ変わりました。この大改造に含まれるのは、複数のデジタル資産をサポートする自動決済APIや、ユーザーがプラットフォーム上で独自のトークンやクーポンを作成するためのサポートなど、さまざまなAPIで、DotWalletの可能性を大幅に引き上げています。

DotWallet-for-Developers-2.0-Official-Launch-Includes-New-API

DotWalletは現在、Twetch、sCrypt、SatoPlayを含む他の多くのビットコインSV開発プロジェクトをサポートする柱となっており、この次のステップでビットコインSVコミュニティのインフラ基盤としての地位をさらに強固なものにしていきます。

DotWallet for Developersについてはこちらをご覧ください。

 

Bitcoin Associationアンバサダーのドイツとオーストラリアへの配置を祝して

私たちはまた、Bitcoin Associationのアンバサダーが世界中で行っているストーリーや素晴らしい仕事にもスポットを当て続けています。当協会のアンバサダーはビットコインの未来に欠かせない存在であり、彼らの仕事と情熱が、私たちの目の前で成長し続ける広範に行き渡り非常に活発なビットコインSVコミュニティの責任となっています。

先日、オーストラリアのエリ・アフラム氏とドイツのステファン・ランドロック氏の活動を紹介しました。

現在、アフラム氏は、Layer2 Technologiesと総称される企業グループの最高技術責任者(CTO)を務めており、ビットコインSVエコシステムのためのビジネスやアイデアを開発しています。トークン化には特に力を入れています。アフラム氏は長年に渡るビットコインのサポーターであり、コメンテーターでもあります。

Eli-Afram

ランドロック氏は、アート、メディア、デザインという異なるバックグラウンドを持っています。彼は自分の作品を展示したいアーティストに特化したウェブサイト作成ツール、Salon.ioのクリエイターです。ランドロック氏はまた、自身が提供する産業スペースを拠点とする集団であり、教育とネットワークを通じてドイツのビットコインSVコミュニティを成長させることに焦点を当てているB2029の原動力でもあります。

bitcoin-ambassador-for-germany-stefan-landrock