BSVアップデート:2020年5月

BSV Update 20th November 2019

会長ジミー・グエンの言葉

Bitcoin Associationコミュニティの皆さん、こんにちは!

本日、「会長の言葉」を皆様にお届けするにあたり、皆様の多くの方々のためだけでなく,私自身のためにも4月を振り返り、5月以降の活動について考えながら、COVID-19の大流行の中での自己隔離生活が急速に我々の「新しい日常」になりつつあることについて、振り返る時が来たことを確信しています。通常の生活は変化しましたが、より多くの仕事を成し遂げ、ビットコインSVがより高速になるように構築することに隔離期間を活用し、この状況を最大限に生かすためにビットコインコミュニティが様々な方法で集結した姿を見ることができるのは素晴らしいことです。

Bitcoin Associationは、スイスを拠点とする非営利団体となり、この新しい日常は、Bitcoin Associationにとってもとても違ったものとなっています。我々のビットコインへの大胆な将来構想を実現するために、我々が別次元の努力を行うことは、協会にとってとても重要なことです。前組織の時代から会員となられている方はBitcoin Association ウェブサイトのスイスBitcoin Association メンバーシップセクションをできるだけ早くご覧いただき、この変更があなた方にとってどの様なことを意味するのかをご確認ください。

Bitcoin Associationや幅広いエコシステムからの多数のアナウンスがあるなど、4月はビットコインSVにとって大きな月となりました。今月のBSVアップデートでは、次のことに注目します:

  • Bitcoin Associationが、(スイスの)非営利団体になる
  • BSVアカデミーの設立
  • Bitcoin Association初のアニュアルレポートの発行
  • JanSmit氏を特集した初のBitcoin Associationアンバサダープロフィール
  • TAALとnChainの間の主要なIPライセンス契約
  • Money Buttonが透明に! Money Buttonのエキサイティングな開発

COVID-19の大流行による異常事態においても、ビットコインSVエコシステムは教育、開発、イノベーションを続けています。

このような困難に一緒に立ち向かう中、Bitcoin Associationのすべてのメンバーより、あなた、あなたの家族、そして我々のコミュニティのご多幸をお祈りします。

お体に気をつけて、どうか安全でいてください。

Bitcoin Association会長

ジミー・グエン

Bitcoin Associationが、スイスの非営利団体になる

先週、Bitcoin Associationは、協会がスイスを拠点とした非営利団体 (Verein) に移行したというエキサイティングな発表を行いました

世界的な金融改革の極めて重要なハブの1つであるスイスへの移転は、ビットコインとBitcoin Associationにとって重要なものであり、ビットコインが大きな可能性に到達するのを手助けするための、業界全体の水準を引き上げる合図でもあります。

Bitcoin Association会長、ジミー・グエン氏は、次のように説明しています。「以前お話ししたように、ビットコインが成長する時が来ました。これは、業界、特に技術開発、ビジネスインフラ、そして規制監督が成長する必要があるということです。これはまた、我々の組織がその成熟度を一歩前進させる必要があるということも意味しています。」

「スイスは、金融、テクノロジー、そしてデジタル通貨の世界においての中心として知られた国です。我々が、世界的な組織としてビットコイン業界全体の成長をリードし、ビットコインSVを前進させる国際的活動を大幅に増やすために、スイスは理想的な拠点です。」

新しい組織では、メンバーシップを維持するために再登録する必要があることを含め、既存メンバーにとって重要な変更事項があります。ですので、すべてのメンバーが、Bitcoin Associationウェブサイト上のアナウンスとFAQの内容を熟読することが重要です。

Bitcoin Associationが、ビットコインSVでビジネスを発展させるために尽力し、全てのメンバーが新しいスイスの組織のもとに繰り広げられる我々の旅の次のステージに参加されることを楽しみにしています。詳細については、https://new.bitcoinassociation.net/swiss-membership/をご覧ください 。

Bitcoin AssociationBSVアカデミーを設立

4月、Bitcoin AssociationはnChainと協力し、ビットコインSVアプリケーションの開発スキルとネットワーク理論を教えるウェビナーシリーズであるBSVアカデミーを立ち上げました。幅広いトピックをカバーし、業界最高のエキスパートらによって講義が行われるウェビナーは、現在、5月に5つの講義が予定されています:

  • 5月5日– BSVアプリケーションレイヤー
  • 5月7日–ビットコインSV Merchant API
  • 5月12日–ビットコインSVブロックチェーンを使用した公正なゲーミング
  • 5月19日–ビットコインSVブロックチェーンのしきい値署名(TS)
  • 5月21日–ビットコインSVブロックチェーンでのTSスキームの開発

参加は無料ですが、対話形式を維持するため、定員は30名までとさせていただいております。興味がある方は今すぐ、bitcoinassociation.net/bsv-academy/にてご登録ください

Bitcoin Associationが初めてのアニュアルレポートを発行

Bitcoin Associationは、4月に初めてのアニュアルレポートを発行しました。ここでは、協会によって初年度に行われたすべての活動とビットコインSVネットワークによる進捗がチャートにまとめられています。レポートは、特にスイス法人への協会の移行についてのニュースに関連した、2020年の見通しを含む12のセクションからなり、協会のこれまでの成果とこれからの目標を包括的に示しています。

我々は、ビットコインコミュニティのすべての方々に、ビットコイン協会のウェブサイトでこの レポートを読むことをお勧めします。

Bitcoin Associationアンバサダープロフィール

アンバサダーは、ブロックチェーン、特にビットコインSVの利点について企業を教育するためのBitcoin Associationの包括的戦略の重要な要素です。Bitcoin Associationウェブサイトの新しいシリーズでは、アンバサダー達を特集し、彼らのバックグラウンド、ビットコインとの関係、そして彼らが今の位置にたどり着くまでに辿った軌跡を紹介していきます。

シリーズ第一弾は、Jan Smit氏です。Smit氏は、オランダのBitcoin Associationアンバサダーであり、ビットコインSVベンチャーキャピタルファンドであるTwo Hop Venturesの共同創設者です。Smit氏は、BSV分野でのブロックチェーンビジネスの展望について話し、オランダでのビットコインの現在の状況を説明、そしてSmit氏が「すごくエキサイティング」と呼んでいる期間における、Two Hop Venturesの投資哲学をみなさんと共有します。

「現在は、すごくエキサイティングな期間だ!素晴らしいチャンスです!ビットコインSVを基盤とするほとんどの企業が、今現在持つ価値をはるかに超えて成長すると100%確信しています。」

「このようなレベルで投資出来ることは、歴史的なチャンスだと言えます。」と、Smit氏は語っています。

完全なプロフィールは、 Bitcoin Associationのウェブサイトでご覧いただけます。

TAALnChainの間の主要なIPライセンス契約

4月20日、上場企業であり、トランザクションプロセッサであるTAALは、ビットコインSVノードソフトウェアの開発を担当するエンタープライズブロックチェーン企業であるnChainとの10年間の知的財産ライセンス契約に合意したことを 発表 しました

この合意により、TAALはnChainの既存IP上に高度なブロックチェーントランザクションシステムを開発するための非独占的なアクセス権を付与されることとなり、これは、ビットコインSVエコシステムにおける卓越した2社の間でさらなる共同開発が行われるであろうということを意味します。

「当初、TAALはnChain IPのいくつかの重要な部分についてのライセンスに興味を持っていました。しかしながら、TAALのチームがnChainの研究部門とより多くの時間を費やすことで、興味があるライセンスの領域が拡大していったのです。」とnChainのCEOであるDavid Washburn氏は説明しています。

「最終的には、TAALとnChainにとって相互に有益であるだけでなく、業界全体の進歩にも役立つ契約を締結することとなりました。この契約は、今日、世界中の企業が求めるスケーラブルなブロックチェーンへの解決策を提供するためにTAALが活用できる一連のツールとテクニックに関する幅広い順応性のあるライセンスです。」

契約の詳細については、 Bitcoin Associationのウェブサイトをご覧ください。

 

Money Buttonがバックグラウンドで!

4月、ビットコインSV決済サービスのMoney Buttonは、Invisible Money Buttonのリリースに関するエキサイティングな発表を行いました。これは、ウェブサイトやアプリに自動支払い機能を埋め込んだプラットフォームで、このプラットフォームにより支払いのたびに手動でスワイプする必要がなくなります。

「多くの場合、スワイプベースのユーザーインターフェースは非常に使いやすいものとなっていますが、すべての場合において最も使いやすいとは限りません。」とMoney Buttonの CEOであるRyan X. Charles氏は説明しています。

「我々は、『Invisible Money Button』をユーザーの皆様にすぐお使いいただけるようにできることをとても嬉しく思います。これは事業体向けの新しいAPIであり、ユーザーの代わりにスワイプを実行するための許可を申請できます。実際にボタンがスクリーン上に現れる訳ではないため、ソーシャルメディア上でのマイクロペイメントやメッセージアプリの使用、さらにはブロックチェーンへのデータアップロードなどといった多機能アプリケーションにおいて、よりユーザーフレンドリーな形でMoney Buttonの機能をご使用いただけるようになります。」