BSV更新情報 2019年12月19日

BSV Update 20th November 2019

Bitcoin Associationのチーム強化

Bitcoin Associationでは、ビットコインSVエコシステムの成長は開発者がBSVブロックチェーンを採用した利便性の高いアプリケーションの開発スキルを高めることにこそあると認識しています。したがって私たちは2020年の重大目標として、包括的なBSV開発者向け教育カリキュラムを立ち上げることを定めています。 これに向け今年度初頭には、ブレンダン・リーを開発・トレーニングマネジャーとして採用しています。

さらにこのミッションを成功させるため、Bitcoin Associationチームに新たに加わったメンバーを紹介します。ジョシュア・ヘンスリーとエヴァン・フリーマンは両名とも、開発者教育カリキュラムのプログラムに多大な知識と技術を持って臨みます。

 ジョシュア・ヘンスリーコンテンツ・コントリビューター

ジョシュア・ヘンスリーはERPおよびソフトウェアの分野のコンサルタントとして深い経験があり、カリフォルニア州サンノゼで活動しています。2018年からビットコインに情熱を傾けるようになり、2019年後半にはコンサルタント職を離れBSVで専属として勤めるようになりました。彼はビットコインSVを取り巻く世界で教育や長期にわたる貢献を目標としています。

 

joshua-henslee

 

エヴァン・フリーマンカリキュラム・スペシャリスト

エヴァン・フリーマンはテクノロジー教育者・研究者であり、スケール化されたビットコインが真にグローバルなデジタル経済を築き上げ、インターネット革命の新時代をもたらせるようにする構造と報奨について強い知識欲と情熱を持っています。自身が黎明期のオンライン・ハイスクールの生徒であったこと、また十年以上にわたる様々なテクノロジーと教育の分野でのキャリアから、エヴァンは根本的に発想とチャレンジをもたらすやり方で生徒が学べる環境を提供することの重要さを実感しています。

エヴァンは次のように語っています。「ビットコインSVは今までも、そしてこれからも、多くの人達がスケーラビリティについてもユーザビリティについても間違っていることを証明し続けています。そしてそれはサトシの設計が実現不可能なものであったことによるものではなく、むしろビットコインを成り立たせるものに対する認識が誤っていたことによるものであり、設計そのものは堅固でありかつオンチェーンでスケール化するだけではなく、私自身を含め多くの人々が理解しているよりはるかにダイナミックなのです。これこそがビットコインがテクノロジーの粋であり、謎に包まれたものであり続ける理由です。そのキャパシティと能力は、技術にオープンであり学びを深めたい人にとって解き明かされ、システム自体の限界が超えられてくことになるでしょう。」

 

evan-freeman


BSV ドラゴン・プログラム中国

2019年、Bitcoin Associationは中国でのBSVコンテンツ作成、重大ニュース・研究翻訳、そしてBSV普及の中国語ビデオ制作に取り組むコンテンツ・ローカライゼーションチームを立ち上げました。その数は35名を超すコントリビューター(貢献者)から構成されています。このコントリビューターのコミュニティグループは「BSV ドラゴン」として知られ、中国ではライアン・チュー、フアン・ユエ、ジアンメイの3名のチームリーダーがいます。プログラム全体はBitcoin Associationの中国マネジャーであるリーゼ・リーが指揮しています。中国でのパイロットは大きな成功を収め、ドラゴン・プログラムはその他の言語と国に展開され始めています。

ビットコインSV ロード・トリップ – 北京、中国

ビットコインSVを代表するキーパーソンであるクレイグ・ライトとジミー・グエンは先週、中国へ広まりつつあるブロックチェーンテクノロジーであるビットコインSVの知識を伝えるため、北京まで遠征を行いました。この遠征では、清華大学の学生への講演、また初開催となったBSV中国カンファレンスでの講演やビジネス・テクノロジーの先鋭的人物たちとの会談も行われました。

この遠征は、中国さらにはアジア地域全体でも最高峰の学術機関として知られる清華大学から始まりました。清華国際ブロックチェーンアソシエーション(Tsinghua International Blockchain Association、TIBA)は「ビットコインの歴史」というイベントを企画し、学生・卒業生・テクノロジー研究家など50名以上の参加者を集めました。なぜビットコインSVが「元祖ビットコインであり,かつ企業向けブロックチェーン」であるのかについてジミー・グエンが講義し、さらに「ピア・システムのハッシュ法と歴史」についてnChainのチーフ・サイエンティストであるクレイグ・ライト博士が講義を行い、参加者から歓迎を受けました。

Bitcoin Associationはさらに、小規模ながらも中国にとって初となるカンファレンスを開催し、この特別な機会に参加するため世界中から北京コンラッドホテルに参加者が集まりました。第1回BSV中国カンファレンスではジミーとクレイグのスピーチが行われ、また数々のBSV開発者や中国国内プロジェクトであるWeiblock、Showpay、Fastpay Button、DID-Bank、Blue-SそしてForBSVなどによるプレゼンテーションと議論が行われました。このカンファレンスでは最後に,ジミーとクレイグの間の雑談という形式で、なぜビットコインが生み出されたのかについて説明しました。

カンファレンスでは、開発者やBSV内プロジェクトを今後立ち上げようとしているリーダーたちの参加が見られました。このイベントの成功のカギとなったのは、Bitcoin Associationのカントリーマネジャーであるリーゼ・リーやMempoolのCEOであり中国アンバサダーであるリン・シェンミンを含むローカル・チームの活躍でした。

 

bitcoin-china


CHAINSIGHTS アワード

そんな中、中国ではBitcoin Association創業社長であるジミー・グエンが北京で,その年の画期的ブロックチェーンテクノロジーと認められたプロジェクトに贈られるCHAINSIGHTS アワードをビットコインSVノードプロジェクトで受賞しました。この賞は、アプリケーションが「2019年においてブロックチェーンテクノロジーを実用アプリケーションのシナリオと結び付ける先導的なものである」ことに対して表彰ししたものです。

この栄誉はT-EDGE technology conferenceと合わせて開催されたEDGE アワードでの授与となりました。  このイベントは中国の技術メディアであるTMTPostとブロックチェーンニュース・データプロバイダーであるChainDDによって組織される国内最大級のテクノロジーサミットです。

 

craig-and-jimmy  


オーストラリア・ワークショップ

スティーブ・シャダーズは最近オーストラリアに滞在し、オーストラリアで活動する数多くのビットコインSVアプリケーション開発者とともにオーストラリアとニュージーランドのすべてのnChain開発者を一堂に集めました。結果、1日にわたるワークショップと、さらに大規模な公開ミートアップが行われました。ワークショップセッションでは以下を含む多くの分野がカバーされました。

• コンセンサスルールの性質 – コンセンサスとバリデーション
• ジェネシス変更
• 0-conf/マイナーID
• アイデンティティ
• トランザクション手数料
• ポスト-ジェネシス・マルチシグ

エコシステムを通してのジェネシスの影響を深く理解することのほかに、主要な成果の一つにトランザクション手数料について前進するための将来的な方向性について幅広くコンセンサスが得られたことになります。

workshop-participants
ミートアップでのワークショップ参加者

people-gathered

 

steve-shadders-lecture

 

ビットコインSVノード・ニュース – ジェネシス・ハードフォーク

ジェネシス・ハードフォークは2020年2月4日に予定されています。元来のプロトコルにスムーズに回帰するため、ビットコインSVノードチームはテスト・実装プランを発表しBSVサービス推進者のすべてに最新情報を提供しました。

BSVノードチームはBSVノードを利用しているすべてのソフトウェアユーザーに、テクニカルサポートページで詳述されているステップをできる限り早く完了するよう推奨しています。アプリケーション、ウォレット、交換所など、ビットコインSVノードソフトウェアのインスタンスを実行しているが、ブロックチェーンにトランザクションを書き込むことのない「ブロックチェーンリスナー」を含めた全てのマイニングノード運営者が対象となります。

事前準備として、チームは公開テストネットを2つ準備しました。ジェネシス・テストネット(Genesis Testnet、GT)が1つ目、もう一つはジェネシス・リセット(Genesis Reset、GR)です。GTはポスト-ジェネシス・アクティベーションのためのもので、2019年12月よりテストネットを運営し、2020年2月4日にメインネットでアクティベートされます。ビットコインSVノードチームに問い合わせることのできる両テストネットの技術的詳細とサポートチャンネルは、サポートページにてご確認いただけます。

さらなる詳細情報は近日中に発表される予定です。セキュリティ監査の第2フェーズは12月中に実施予定です。最新情報確認のため、サポートページを確認,またはテレグラムグループに参加することを推奨いたします。

 

genesis-hard-work

genesis-hard-fork  


Satoshi Shout-Out

今回はいくつかのSatoshi Shout-Outをお届けします。

まず初めに、nChainのビットコインSVノード・テクニカルディレクターであるスティーブ・シャダーズ、リード開発者であるダニエル・コロニーとそのチームのジェネシス・ハードフォークのコードに対する功績を上げたいと思います。今後2か月以内に、ビットコインの歴史上重大なイベントの一つが開幕し、サトシビジョンがチームの努力によって実現されます。

また、Bitcoin Associationの中国チームにも特にShout-Outを届けたいと思います。ビットコインSVの北京への遠征を実現したカントリーマネジャーであるリーゼ・リー、MempoolCEOかつBitcoin Associationアンバサダーであるリン・シェンミン両名は、中国でのサトシビジョンの発展に大きな貢献を果たしています。