BSVのBlockchain for Government Initiativeがスーダン共和国への歴史的な初の公式訪問を完了

By Press Release Published: 5月 6, 2021

スイス、ツーク – 2021年5月6日- BSVブロックチェーンエコシステムのBlockchain for Government Initiativeは先日、スーダン電気通信デジタル変革省の招聘と後援のもと、スーダン共和国のハルツームを1週間にわたり訪問し、歴史的な公式訪問を完了しました。今回の訪問は、BSVブロックチェーンエコシステムが主導して4月8日から9日までの2日間にわたって開催されたスーダン初のブロックチェーンサミット&ワークショップが中心でした。会議と周辺会合では、30年にわたり世界の多くから孤立していたこの国の再建と再興に向けて、ブロックチェーン技術がどのようにデジタル変革を促進できるかが検討されました。

Blockchain for Government Initiativeは、スイスを拠点とする非営利団体であり、 ビットコインSV ブロックチェーン、プロトコル、分散型データネットワークの利用を促進するために活動しているBitcoin Associationが主導しています。Initiative は、政府機関、NGO、公的機関と協業して、電子行政サービスの提供、大規模な金融包摂や透明性の向上のためのツール、地方自治体や国全体の公益を促進するアプリケーションを通じて、市民の利益のためのブロックチェーン技術の大規模な導入を進めています。

BSVのBlockchain for Government Initiativeは、Bitcoin Associationの創設者であるジミー・グエン(米国)とBlack Stone Data Solutionsの共同創設者であるアーメド・ユウシフ氏(ユウシフ氏はスーダンで生まれ、現在はサウジアラビア王国に在住)を中心とした国際的な代表団をスーダンに招きました。ヘルスケア、サプライチェーンマネジメント、金融サービス、スマートシティなど、さまざまな業界で活躍するブロックチェーンビジネスのCEOや創業者に加え、以下のBitcoin Associationの上級代表も参加しました:

  • ムハマド・サルマン・アンジュム InvoiceMate チーフメイト兼中東・南アジア(UAE/パキスタン)のBSVハブ責任者
  • モハメド・イブラヒム・ジェガ Domineum Blockchain Solutions (ナイジェリア) 共同創立者
  • ステファン・ニルソン- UNISOTCEO兼Abendum (ノルウェー)CEO
  • ロバート・ライス- Transmira (米国)CEO
  • フィリップ・ルニアン- Veridat (米国)マネージングパートナー
  • パトリック・プリンツ- Bitcoin Association (スイス)ヨーロッパ担当リージョナルマネージャー兼オペレーション責任者

BSVのBlockchain for Government Initiativeは、スーダン共和国の歴史的な初のブロックチェーンサミット&ワークショップを、4月8~9日にハルツームのアルサラームホテルで、スーダン電気通信デジタル変革省の後援のもとで開催しました。イベントには、政府関係者、ビジネスリーダー、大学生を迎え、ブロックチェーン技術が、アイデンティティ管理、電子行政サービス、公文書、金融包摂、イスラム金融、監査、天然資源管理と持続可能性、スマートシティ、サプライチェーンと貨物追跡、医療データ、教育/職業証明、透明性の向上などの多様なユースケースを通じて、より良いデジタルインフラを構築し、国内経済を成長させる方法を学びました。

名声ある講演者のラインアップには、BSV訪問団のほか、スーダン政府や国連開発計画をはじめとする地域に根ざした多国籍NGOの幹部が名を連ねました。講演者たちは、世界中の多くの国際的なBSVおよび関連ビジネスの専門家たち- CentbeeEHR DataElas DigitalFaiānChainPredict EcologySmart SystemsVXPassWeather SVMetastremeとリモートでつながりました。

BSVの代表団は、2日間のブロックチェーンサミット&ワークショップに加えて、スーダン中央銀行、通信デジタル変革省、内務省のオフィスや、 SudaTel (スーダンの大手通信会社の一つ)、スーダンの起業家向けハブである249 Startupsに招待されました。

2日間にわたるブロックチェーンサミット&ワークショップの締めくくりに行われたインタビューで、スーダン共和国の電気通信デジタル変革大臣であるハシム・ハサブアルラズール・ハシム氏は次のように述べています:

「このイベントはとても素晴らしもので、とても有益でした。スーダンでは初となるブロックチェーンエコシステムチームが我が国を訪れました。人々は非常にインタラクティブで、イベントにとても興奮していました。このイベントの後、さらに多くのイベントが開催されると思います。」

「スーダンにブロックチェーンのエコシステムがあること自体が、私たちにとって大きな成功です。専門家と我々のチームメンバー、省庁、業界、民間企業、政府機関との連携を図り、さまざまなグループで協力して次の課題に取り組んでいます。」

また、ハシム大臣は、なぜブロックチェーン技術がこの時代のスーダン共和国に大きなインパクトを与えることができるのかを説明しました:

「スーダンでは、30年にわたる制裁と悪政の後の移行期にあります。今、私たちは国を改革し、政府を改革したいという過渡期にあります。デジタル変革は、この改革の重要な柱です。私たちは、政府を手作業からデジタルに変え、より効率的に、よりスマートに、よりコントロールしやすく、より透明性の高いものにすることを目的とした、デジタル変革の国家戦略の構築に取り組んでいます」

「私は、政府のさまざまな分野でブロックチェーンが果たす役割を明確に理解しています。デジタルIDはその一つであり、金融包摂、デジタル認証など、今後もブロックチェーンの恩恵を受けることができる分野は数多くあります。この技術があれば、安全性の高い本物のデータに本当に頼ることができるようになるので、私たちはこの国で最初の、そしてリードする存在になりたいと思っています。」

Bitcoin Association創設者兼会長であるジミー・グエンは、旅の終わりに以下のようにコメントしています:

「ブロックチェーンは、より良い世界を構築するのに役立ちます。スーダンへの旅では、そのビジョンを実現するためのインスピレーションがさらに高まりました。世界のBSVエコシステムを代表して、スーダン共和国への初のブロックチェーン代表団を率いることができたことを光栄に思います。また、スーダンの電気通信デジタル変革省のハシム大臣をはじめとするチームの皆様の温かいおもてなしと、自国のデジタルの未来に対する意欲的なビジョンに心から感謝しています。スーダンにおける初期のブロックチェーンプロジェクトの機会を模索する中で、BSVの大規模なスケーリングとデータネットワーク機能への注力が、スーダンとより大きなアフリカのデジタルトランスフォーメーションを進めるために必要なブロックチェーンパワーを提供できることを知っています」と述べています。

 

メディア連絡先

Alex Speirs
広報責任者
[email protected]

 

BSVのBlockchain for Government Initiativeについて

BSVのBlockchain for Government Initiativeは、デジタル変革を加速し、経済成長に火をつけるために、政府機関、NGO、公共機関によるブロックチェーン技術のグローバルな導入を促進するための教育を提供しています。

InitiativeがBSVの利用を支持する理由は、BSVが大規模なブロックチェーンであり、大規模な取引量を処理し、より大きなデータ容量を低料金で高速に処理できるため、全国レベルや多国間レベルの分散型台帳アプリケーションを実現するのに必要な能力を備えているからです。また、BSVは公共台帳として、政府、市民、企業の透明性、監査可能性、より誠実な対応を可能にしています。

Initiativeは、スイスに本拠地を置く世界的な非営利業界団体であるBitcoin Associationが主導しており、BSVブロックチェーンと、プロトコル(インターネット・プロトコルに似たもの)や強力な分散型データネットワークとしてのビットコインの機能の利用をサポートしています。Bitcoin Associationは、世界的な立法者や業界関係者と提携し、ブロックチェーン技術のあらゆる側面を活用して変革を促進すると共に、法に則った運営の基礎となる規制を遵守したエコシステムの構築を目指しています。