EHRデータが患者データのオーナーシップに関する活動を立ち上げ

By Press Release Published: 3月 4, 2021
wavemakers

EHR Data Wavemakersとは、個人の医療情報の取得、共有、所有の障害となる事例を共有するソーシャルメディアキャンペーンです。

2021年3月4日テキサス州フォートワース /PRNewswire/ — EHR Dataが提言的活動であるEHR Data Wavemakersを発表しました。この活動が目指すのは、患者への権限移譲を目指す人々を奨励し、啓蒙し、支援することです。EHR Dataは、個人の健康に関する情報への制限のないアクセスおよび管理が可能になれば、人々がより良い健康な生活を送れるとの確固たる信念を持っています。

EHR Dataは、グローバルに医療ケアの提供に関する現状が改善され、人々の健康に関する施療結果が最適化されるには、情報へのアクセスとオーナーシップが変革されるべきであるとの信念が企業としての礎となっています。データの保存と共有に関する現状のあり方は、制限的かつ非効率的なものです。ヘルスケアデータは、ほとんどお互いに連携が取れないサイロ化された異なるシステムに散らばっています。ヘルスケアプロバイダーや患者が必要な時に完全かつリアルタイムな健康関連の記録にアクセスできないことが多すぎます。

「時代は移り続け、相互運用性,及び患者が自分の健康関連情報によりアクセスできる絶対的な権利への注目が高まっています。当社はこのプロセスを、急先鋒として先導していきます。患者とその関係者がいつでもアクセスできる、患者の許可に基づきヘルスケアの情報を集中的に管理する場所が設けられるべきタイミングは、当に過ぎています。」と Ron Austring主任研究者は言っています。

健康関連のデータのオーナーシップを患者自身の手に移すことで、EHR Dataの提供する手法はヘルスケアプロバイダーおよび研究機関によるリアルタイムのデータアクセスを可能にしながら、個人が医療情報を安全に所有し管理することを可能にします。EHR Dataは最新のブロックチェーン技術を活用し、異なるヘルスケアシステム間での相互運用性が実現可能であることを示しています。

EHR Data Wavemakers活動は、コミュニティによる実践とソーシャルメディアにより推進され、データのオーナーシップについての議論に注目を集め業界の変革を促していきます。この活動の主要な取り組みは、デジタルキャンペーンであるMy EHR Storyとなります。ソーシャルメディア上でハッシュタグ「#myEHRstory」を用い、患者自身やその介護者や、親しい人々が過去のヘルスケアデータやコミュニケーションがうまく機能しなかったことがいかに施療にマイナスの影響を与えたかについて情報共有することが奨励されています。

「当社は、人々に自らの健康についてより影響力を持ってもらうために、熱意を持ってもらう必要があるのです。データのオーナーシップとアクセスに関する潮流を変えるために、変化を求める人々の一大ムーブメントが必要なのです」と Tracy Hill常務取締役は説明しています。

EHR Data Wavemakersの詳細と、ご自身の経験談の共有方法については、 https://ehrdata.com/wavemakersをご確認下さい。