ブロックチェーン上のソーシャルメディア

ビットコインSVブロックチェーン – ソーシャルメディアユースケース

ビットコインSVブロックチェーン – ソーシャルメディアユースケース

大多数の人にとって、それが個人的活動、職業上の必要性、もしくは避けることができない必然性によるものであるかどうかにかかわらず、ソーシャルメディアは私たちそれぞれの生活で何らかの役割を果たしています。

しかしながら、ソーシャルメディアの急速な台頭によって、その周辺にはある完全な業界が生まれたものの、ソーシャルメディアが突出するまでの急速な道のりは、そのほとんどを管理している企業が採用するカルテルタイプの方策と相まり、安全でも公平でもないが、非常に利益の多い環境を作り出すこととなりました。

ソーシャルメディアに付随する心理的メリット、そしてもちろんプラットフォーム自体へのアクセスと引き換えに、私たちは自らの一連の貴重なプライベートデータを喜んで手放す世界に存在しています。多くの場合、特に安全でもなく、大多数のユーザーにとって直接的に利益をもたらすことのない方法で個人情報は提供および使用されているのです。

しかし、ブロックチェーン技術を利用することで、開発者は無限のスケーラビリティに裏打ちされた確実性とセキュリティを提供しながら、ソーシャルメディアのダイナミクスと経済性のパラダイムシフトを開始する機会を得ることができます。

これまでブロックチェーン上に構築されたソーシャルメディア製品には、そこに保存されているデータの永続性と一般公開性の両方が内在しており、また多くの人にとって個人データの所有権も重要な概念でした。

一部のブロックチェーンはデータ保管機能を提供することはできますが、ソーシャルメディアをチェーン上に構築できるアプリケーションにするために必要な容量とトランザクション量の両方を備えることができるのはビットコインSVのみです。取引手数料モデルを展開する独自機能と組み合わせることで、BSVはソーシャルメディアとして知られているものを改善するための独自の開発機会を提供します。これは一部の企業がすでに実証済みです。

ケーススタディ:ソーシャルチェーン(ソーシャルチェンジ)– Twetch

ケーススタディ:ソーシャルチェーン(ソーシャルチェンジ)– Twetch

ビットコインSVブロックチェーンを搭載した新しいバージョンのソーシャルメディアエクスペリエンスであるTwetchは、社会に精通していることと経済的に支えられた情報マーケットプレイスのアイデアを組み合わせたものです。

Twetchの共同創設者兼CEOであるジョシュ・ペティ氏は「すべてのソーシャルメディアはどこかしら壊れている。」と言います。

「メール、チャット、ソーシャルネットワークの使用のいずれであっても、オンラインで何かを行うということはすべて、情報を作成することです。ソーシャルメディア企業はこれらのデータを取得し、何らかの形で販売していますが、ユーザーとしては何の見返りもありません。これこそが、Twetchで対処しようとしていることです。」

Twetchは完全にビットコインSV上に構築されたソーシャルメディアアプリケーションで、すべてのアクティビティと対話はブロックチェーン上で直接実行されます。

「Twetchを使用すると、ユーザーは自分のデータを所有し、コンテンツから利益を得ることができます。」とペティ氏は説明します。

「Twetchの現在の形は、ツイッターによく似ています。しかしTwetchでは、投稿はビットコインSVブロックチェーンに投稿され、データは実際にはそこに保存されるので、ユーザーは自分のデータにアクセスし取得することができます。」

ブロックチェーン上にデータを保存することで、Twetchユーザーは、サービス自体のステータスに関係なく、自身のコンテンツや投稿に永久にアクセスできるという追加保証を得ます。これは、他のソーシャルメディア企業とは対照的で、他のソーシャルメディア企業では、ビジネスが破綻したり、ユーザーがプラットフォームへアクセスできなくなると、ウェブサイトからデータが消えてしまいます。ただし重要なことは、プライバシーまたは利益のどちらを対象としているかにかかわらず、ユーザーが自身のデータを完全に支配できるようにするということです。

「我々は、Twetchでは人々はプライバシーのためにお金を払っても構わないと思っていると考えています。Instagramに投稿する画像や写真などがInstagramによってビルボードに掲載されますが、そこからユーザーは何も得ることができないということに気づく人が増えれば増えるほど、より多くの人が私たちのやり方に賛同するようになるでしょう。」とTwetch、共同創設者兼CMOのビリー・ローズ氏は言います。

「この貴重な情報はすべて無料で提供され、プラットフォームのみが利益を上げています。私は、ユーザーがインターネット上で行うことに対して少額の料金を支払うという考えにますます順応していけば、これにより新しいオンラインビジネスモデルの機会が広がっていくだろうと考えています。」

Twetchに見られる真の独創性は、ビットコインSVブロックチェーンの独自の機能を利用することにより、プラットフォームの成長に合わせて拡張し、プラットフォームを維持するマイクロトランザクションネットワークにあります。

「あなたが投稿した情報に対して誰かがやり取りすると、あなたは収入を得ます。マイクロトランザクションを使用して何かを投稿すると、その投稿を行うのに1〜2セントかかる場合があります。しかし、誰かがあなたの投稿に「いいね」をしたり、共有や返信をしたりすると、そのやり取りを行うために1〜2セントを支払う可能性があるため、当初、あなたが情報を投稿するために支払った金額を取り戻すことができるのです。」とペティ氏は説明します。

「これは本当にシンプルな情報マーケットであり、理解される最良の方法は、ツイッターやその他のソーシャルメディアプラットフォームのようなシンプルなインターフェースを介することですが、違いはビットコイン上に構築されているということです。」

ペティ氏と彼のチームは、ビットコインSVブロックチェーン上に構築することによって、情報と決済をリンクされたトランザクションに自然に結びつけ、製品の資金調達とスケーリングの両方に利用できる可能性を広げました。その結果、ユーザーが何に代金を支払うかによって好き嫌いを示すプラットフォームは、すぐに他のプラットフォームによって無視されていたコンテンツクリエイター達の関心を集めました。

「アーティスト、デザイナー、写真家、さらには大物俳優や映画監督など、インターネット上で何かを作成する人々から多くの関心が寄せられています。」とペティ氏は言います。

「この種の人々がプラットフォームに参加しています。第一に、彼らは非常に起業家精神にあふれています。そして、私は彼らが喜んで色々と試してくれることを嬉しく思います。しかし、彼らは自分達のフォロワーや視聴者を直接的に収益化できないことを理解していると私は考えています。」

Twetchは運用開始からわずか11か月足らずで、そのプライベートベータ版で俳優のダニー・トレホ(@8279)や映画監督のイーライ・ロス(@1676)などの著名人を含むアクティブなユーザーベースを10,000人以上に増やしました。

ビットコインSV上への構築

ペティ、ローズ両氏は以前からブロックチェーン上に構築されたソーシャルメディアプラットフォームを開発しようと漠然と考えてはいましたが、彼らのビジョンをサポートできるようなプラットフォームを見つけることができずにいました。

ローズ氏はこのように話しています。「我々は長年にわたってツイッターのようなアプリケーションをブロックチェーン上に構築するというアイデアを持っていましたが、スケーリングや必要なもの、特にマイクロペイメントを実行できるブロックチェーンがなかったのです。

Twetchは心理的に興味深いものです。というのも、人々はこのデジタル通貨をすべて保管しているものの、ドルと交換する以外に実際に使用する場所がないのです。Twetchは、人々が日常生活でデジタル通貨を使用できるアウトレットを提供します。それは毎回ほんのわずかな額であるかもしれませんが、どんなに少額であってもオンラインで購入するものに支払っても構わないと人々が思っていることを示しています。」

質の高いコンテンツの作成と消費を直接奨励する(と同時に、Twetchが「troll toll」と名付けた機能がネガティブな相互作用の障壁を高める)心理モデルをテストすると、マイクロペイメントを可能にするビットコインSVでの運用に必要なわずかな取引手数料が明らかになります。BSVの設計に固有の無限のスケーラビリティで可能となる、毎回ほんの数分の1セントで取引できる機能によって、Twetchは決済と技術面の両方で必要なインフラストラクチャで到達しようとする発展を支援できる唯一のプラットフォームとなります。

「ビットコインSVを使用すると、非常にシンプルです。人工的な上限がなく、コードをいじくり回す必要もありません。これは基本プロトコルであり、シンプルなので、その上にある他のすべてのものを、非常に複雑に構築することができます。」とペティ氏は言います。

「そこにはクリエイティブな人々がいて、ビットコインSV上に構築される停滞することのない未来があり、制限されることも、ブロックチェーン上で私たちが成長し、本当に役立つものを作ることを妨げる人工的な上限はありません。」

ビットコインSVブロックチェーンを独自のものにしている機能は、ペティ氏およびローズ氏がオンチェーンソーシャルメディアエクスペリエンスのために持っていたビジョンを可能にするだけでなく、ビットコインによって支えられているインターネットの未来の世界がどのように見えるかを確認するための窓を表しています。

「ビットコインを使用することによって、他のソーシャルメディアプラットフォームやアプリケーションよりも個人に権限を与えることができることを私たちは知っていました。」とペティ氏は言います。

「しかし、最も重要なことは、それが機能することです。私たちは、以前にブロックチェーンを壊してしまったことがあるので、これは最重要事項です。したがって、ブロックチェーンがフリーズしないということは私たちにとって非常に重要なのです!」

ペティ氏は、プラットフォームとより広いビットコインSVエコシステムの両方に対する彼らの献身の範囲の証として、自身のチームがTwetchソフトウェア開発キット[SDK]をリリースしたことを指摘しています。

「最近、SDKを公開しました。これによって、Twetchのユーザーと開発者は、SDKを使用してさまざまなツールを作成することができます。これらはTwetchで使用する新しいツールを開発するために使用できますが、誤解のないように言うと、Twetch専用である必要はありません。」とペティ氏は説明しています。

「SDKを使用することで、Twetchで自動的に対話するチャットボット、投稿をスケジュールするツールの開発、Twetchユーザーとゲームで対戦できるボット作成など、あらゆる種類のものを作成できます。しかし、そこには多くの可能性があります。開発者がこれから本当に得ることができるのは、データがユーザーによって所有され、チェーン上に投稿され、情報や決済取引を含む相互作用を可能にするTwetchのようなサービスを構築するためのツールです。」

より明るいソーシャルフューチャー

設立から1年足らずでTwetchは、真のエンタープライズ規模を必要とするアプリケーションに対してビットコインSVブロックチェーンが機能を提供できることを示す実証可能なユースケースを構築しました。Twetchのサポートとプラットフォーム全体にすばやく展開される機能は、新しいユーザーを対象としているため、BSVネットワーク全体でトランザクション量が増え続けるにつれて、Twetchはますます顕著な貢献者となります。

「当初、Twetchはモバイル優先のアプリケーションとして構築されました。モバイルフレンドリーであることを優先としましたが、理想的ではないデスクトップレイアウトが後に残ってしまいました。」とローズ氏は説明しています。

「私たちはデスクトップエクスペリエンスを正しく実現することをしばらく考えていて、実行したいと思っていましたが、それを正しく実現したいと思っていました。アイデアは、デスクトップアプリケーションのような外見、使用感、機能のフル機能のソーシャルメディアアプリケーションを作成することでした。」

Twetchの外見と使用感は、過去にソーシャルメディアを使用した経験のある人なら誰でも馴染みがあるように、そしてプラットフォームの新規ユーザーには徐々に学んで行けるように意図的に設計され、使いやすいインターフェイスとなっています。

「アプリの右側に、実験的に少し新しいことをいくつか試しました。クイック検索と通知パネル、およびTwetchでの上位10人を含むリーダーボードを作成しました。1つは最も収益を上げた人のリストで、もう1つは最も多く支出した人のリストです。」とローズ氏は言います。

「私たちが行っているのは、Twetchを使用する新しいユーザーを見つける方法や、プラットフォーム上で最適で最もアクティブなユーザーをうまく特定する方法についてのさまざまなアイデアを試すことです。こ一部は、プラットフォーム上で更なる活動を行い、ネットワーク上でより多くのトランザクションを生成するために、競争とインセンティブのメカニズムに関するアイデア探求から生まれました。」

新しいデスクトッププラットフォームの公開は、ソーシャルメディア新興企業の製品を完結させる手助けとなりますが、2020年にすでに公開されている主要な2つの新しい追加のうちの1つにすぎません。今年の初め、TwetchはP2Pトランザクションをプラットフォームに直接統合し、チップを有効にする機能、/Payをリリースしました。

「/Payを使用することで、Twetchで誰もが直接決済を送受信することができます。これはターミナルコマンドのようなもので、/Payを入力し、支払いたい人をタグ付けし金額を入力すると、ユーザー間でP2Pのデジタル通貨が即座に送金されるのです。」とローズ氏は説明しています。

「これは、VenmoまたはCashAppを直接ツイッターに、この場合はTwetchに統合するようなものです。決済システムとしてビットコインを使用しているため、使用しているウォレットが何であろうと直接、取引に使用されます。」

_pay

現在、TwetchはMoney ButtonとRelayXに対応していますが、創設者が構想した意欲的な展開過程の一環として、他のビットコインSVウォレットとのコラボレーションにも取り組んでいます。

「1年以内に何百万ものユーザーのニーズに応えるプラットフォームが完成するよう、我社が成長していることを願っています。そして1年以内に、100万人のユーザーがTwetchを使用している可能性があると考えています。

そのためには、高速で動き、膨大なデータ量を処理できるアプリケーションを構築する必要があります。私たちは時間を見つけ、それを実行させる必要があるのです。私たちのチームには必要な人すべてが揃っています。私たちはビジョンを信じ、会社の株主資本のために全力を尽くします。」

自信を持つことは重要ですが、ソーシャルメディアスペースを支配する巨大企業に挑戦しようとしてすべてを投資することはとても勇気のいることで、独自の見解が必要ですが、Twetchとそのチームの両方共がそれらを持ち合わせています。Twetchにはそれが実行可能であることは明らかで、今はそれを実行することが問題です。

「それは私たちにとっては、単にすべてを一つずつ進めていくことだと思います。私たちはそれを毎日行う必要があり、私たちが行うことは、ただ可能な限り最高の製品を作り続けることです。」とローズ氏は述べています。

「私は本当に、市場には新規参入者が参入して、ユーザーのプラットフォーム使用停止問題、コンテンツ作者が収益を得、おそらくはフェイクニュースを排除する方法を見つけるなど、これらの問題を解決できる大きなチャンスがあると思います。これらはすべて、ビットコイン上にアプリケーションを構築することで解決可能です。」

 

新たなユースケース

Twetchは、ビットコインSVブロックチェーンの力を利用するソーシャルメディアの最も顕著なユースケースですが、それだけではありません。ビットコインSVのために400以上のプロジェクトが積極的に開発されており、その多くがこの分野をターゲットにしています。いくつかプロジェクトはエキサイティングな構想ですので、それらにご注目ください。

新たなユースケース

Twetchは、ビットコインSVブロックチェーンの力を利用するソーシャルメディアの最も顕著なユースケースですが、それだけではありません。ビットコインSVのために400以上のプロジェクトが積極的に開発されており、その多くがこの分野をターゲットにしています。いくつかプロジェクトはエキサイティングな構想ですので、それらにご注目ください。

Memento

Mementoの共同創設者兼CTOであるJeremy Street氏は「Mementoは広告フリーのソーシャルメディアエクスペリエンスです。」と説明しています。

「残念ながら、現在、Instagramのようなソーシャルメディアでは、ユーザーの1%未満しか広告などを通じて自身のコンテンツを収益化することができません。どんなに素晴らしい写真やビデオを含むプラットフォームでも、それを使用するほとんどの人は、コンテンツから何も得ることができないのです。私たちが行いたいことは、広告を取り除き、ユーザーが支配権を奪回することです。」

Instagram風のアプリにパッケージ化されたMementoは、マイクロペイメントを通じてプラットフォームでのやり取りを奨励することで機能します。ユーザーは広告が表示される代わりに、他のユーザーの投稿に「いいね」をしたりコメントしたりなど、やり取りをするのにわずかな料金が請求され、この料金はコンテンツを投稿したユーザーの収益となります。

「Mementoは基本的に、スマートフォンとインターネットにアクセスできる世界中の誰もが、初日から収益を上げることができるようにします。」と、Mementoの共同創設者兼CEOであるDaniel Street氏は説明しています。

「InstagramとFacebookがユーザーからこれらすべての収益を得る代わりに、ユーザーがいくらか取り戻すというのはどうでしょうか?」

mementosv.appへ登録し、Mementoの進捗状況を確認、またプライベートベータ版にぜひご参加ください。

Tocial

Tocialは、競合するプラットフォームに見られるさまざまな機能を組み合わせ、それらをBSVマイクロペイメントと結び付ける、主に中国のソーシャルメディア市場に焦点を当てているプラットフォームです。

詳細については、 tocial.toにアクセスしてください。