ブロックチェーン技術&法律の未来

オンライン, September 9, 2020

ブロックチェーンは、1990年代のインターネットがそうであったように、世界に影響を与える、次の大きな技術的飛躍です。登場した当初はビットコインのデジタル通貨と関連付けられたブロックチェーンは、単純にデータ台帳を維持するための分散型の方法でした。この台帳は中央機関によって管理されるのではなく、多くのノードによって保持され、更新されるため、誰でもデータや支払い取引を記録し、アクセスし、検証することができます。

ブロックチェーンアプリケーションは、国境を越えた貨幣価値の効率的な移転を容易にし、産業界の歴史的なデータサイロを破壊、スマートコントラクトによって取引を自動化し、実世界の資産をトークン化し、製品のトレーサビリティを向上させ、消費者自身が個人データを所有してマネタイズすることを可能にします。これらの効率性は、私たちが単一のグローバルなインターネットを使用しているのと同じように、世界が(ビットコインSVのような)1つの大規模でスケーラブルなチェーン上で運営されている場合に達成されます。

法律家にとって、ブロックチェーンの登場は、新しい技術の基礎を学び、新しい法的問題に立ち向かうことを必要とします。このウェビナーでは、世界的なビットコイン提唱者で元弁護士のジミー・グエンが

ブロックチェーンとは何か、そしてグローバルチェーンの利点
ブロックチェーンアプリケーションのユースケース
技術によって提起される法的問題点についてわかりやすく解説します。