HandCash、BSVのトップアップをドイツ、イタリアなど世界29カ国に拡大

By Press Release Published: 7月 6, 2022
European map background with handcash logo

ビットコインウォレットのHandCashが、欧州30カ国以上への進出拡大を発表しました。これにより、すべての欧州経済地域(EEA)をカバーすることとなります。

HandCashは、ベルギー、エストニア、デンマーク、ドイツ、イタリア、ポルトガル、ノルウェー、トルコ、北アイルランド、その他20カ国への進出を明らかにしました。

現時点では、これらの国のユーザーはBSVの購入およびウォレットへのトップアップ(入金・チャージ)が可能で、以降、ビットコイン分野の他のすべてのアプリケーションにアクセスできるようになります。ほとんどのアプリケーションは、シームレスかつ迅速で利便性の高いピアツーピア決済が容易にできるため、HandCashを統合しています。ユーザーは、Haste Arcade でカジュアルゲームを楽しんだり、Duro Dogsで独自の仮想NFTペットを入手したり、ブラックジャックやルーレットなどPeergameの70種類以上のゲームをプレイしたり、PowChessでチェスの対戦型フレンドリーゲームを楽しんだりすることができます。

EEA諸国でのHandCashへの新規登録は、初回50ドルについては新規ユーザーの生年月日とフルネームのみで行うことができます。その上のティアでの利用は、有効なパスポート、身分証明書、運転免許証のスキャン、および顔写真を撮影する必要があります。

HandCashは、ロイヤルユーザー向けにその他複数の製品についても更新を行っています。数週間前、創設者であるアレックス・アグート氏がCoinGeekに語った際に予告された人気ステーブルコインのUSDCの統合については、、HandCashチームが新しい機能をユーザーに提供できるよう精力的に取り組んでいることを明かしました。

オフランプに関しては現在、ウォレットへの機能の導入に必要な規制当局の承認待ちの状況です。

HandCashは、今年2月にアプリ内法定通貨オンランプのを追加することを発表しています。これにより、クレジットカードまたはiOS/Androidスマートフォンを数回クリックするだけで誰もがBSVを利用できるようになり、これまで2~3つの異なるサービスプロバイダーを経る必要があった段階的なプロセスが簡素化されることになります。