詳細:ビットコインSV Devcon 2020 – 第1日目

初のビットコインSV Devcon 開催まで残りわずか2週間となりました。開催日を間近に控え、Bitcoin Associationは初日に予定されているセッションおよび発表を行う講演者の詳細を明らかにしました。

ビットコインSVについて学ぶのにこれほどまで優れた機会はいままでになく、またビットコインSV Devconほどそれに適した場はありませんでした。2日間にわたり、ビットコインコミュニティのブロックチェーンの先駆者とリーダー達が、ビットコインSVエコシステム全域に及ぶ教育セッションを先導します。

ビットコインSV DevCon 2020 の初日は、7月18日の午後4時(中央ヨーロッパ夏時間)に始まり、主にネットワーク理論に焦点を当て、ビットコインプロトコルのさまざまな技術的側面をカバーしていきます。

 

セッション1:経済的インセンティブとビットコインネットワーク
午後420(中央ヨーロッパ夏時間)

ビットコインが自立したネットワークとなるためには、トランザクションプロセッサとノードオペレーターが投資を続けるための根本的な経済的インセンティブが必要です。理論および実務の面から、これらのインセンティブの構造そしてその仕組みについて、そして時間の経過とともに発展していくその在り方について、Bitcoin Associationのトレーニングおよび開発マネージャーであるブレンダン・リー氏がビットコインSV Devcon 2020の最初のセッションで取り上げます。

 

セッション2:マイナー料金の計算とMerchant APIビットコインSVネットワークのための新しいツール
午後510 (中央ヨーロッパ夏時間)

セッション1を基礎として、nChain のR&DソフトウェアエンジニアであるJad Wahab氏によって行われるセッション2では、現在また将来的にネットワーク全体で発生するさまざまな料金と手数料を経済的インセンティブが実務上どのようにカバーしていくのかについて検討します。このセッションの中心となるのは、Merchant APIとしても知られるm-APIです。これは、ネットワークの経済的スケーリングにおいて極めて重要な役割を果たす、ビットコインSVネットワーク上のマイナーとアプリケーションの間に存在するインターフェースです。

 

セッション3:ノードとビットコインネットワーク
午後6 (中央ヨーロッパ夏時間)

 初日の第3セッションでは、nChainのリサーチディレクターであるOwen Vaughn氏がビットコインネットワークの構造とその基盤となる部分に焦点を当てます。Vaughn氏のセッションでは、ビットコインホワイトペーパーの第5章で定義されているビットコインネットワークの構造について細かく検討し、ネットワークを構成するさまざまなコンポーネントとアクター、そしてそれらが果たす役割、またこれらの理解がビットコインSVネットワークのフレーム開発にどのように活用されるのかについて検討していきます。

 

セッション4:ビットコイン:台帳vsブロックチェーン
午後650 (中央ヨーロッパ夏時間)

初日の第4セッションをリードするのは、経験豊富な技術教育者および研究者であり、現在Bitcoin Associationでカリキュラムスペシャリストとして働いているEvan Freeman氏です。Freeman氏はこのセッションで、ビットコインSVブロックチェーンと公開台帳の違いとニュアンスについて詳しく説明するとともに、その技術がより包括的で拡張性のあるデジタル経済を出現させるためにもたらす可能性について検討します。

 

セッション5:中級ビットコインスクリプト
午後740 (中央ヨーロッパ夏時間)

多くの人が恐ろしく難解であると考えていますが、ビットコインスクリプトはビットコインSVネットワーク用アプリケーションを構築するために使用可能なシンプルで汎用性のある強力なツールです。このセッションでは、nChain CTOのスティーブ・シャダーズ氏が「一度に1ステップずつ、繰り返すことにより理解」できるようにし、ビットコインスクリプトのさまざまな要素をより扱いやすい構成要素に分類し、ネットワーク上での開発における様々な可能性について探っていきます。

 

セッション6:クレイグ S. ライト博士とのおしゃべり
午後830 (中央ヨーロッパ夏時間)

ビットコインSV DevCon 2020の初日の締めくくりは、ビットコイン創造者のクレイグ S. ライト博士がスティーブ・シャダーズ氏とバーチャルステージで共演し、ビットコインの起源とブロックチェーンの開発について率直で正直な対話を行うという有益で見応えのあるセッションです。DevConでは開発者に焦点を当てており、ビットコインに組み込まれビットコインSVのジェネシスハードフォークで再び脚光を浴びることとなったプログラミング言語であるビットコインスクリプトを中心に会話が繰り広げられ、ライト博士がその起源とパワーについて語ります。

 

ビットコインSV DevCon 2020は、7月18日および19日にnChainの提携と WeAreDevelopersの運営によって開催されます。参加は無料です。詳細と参加予約については、以下をクリックしてください。