インタビュー:britevue CEO、コナー・マーレイ

Alex Speirs 150 x 150
By Alex Speirs Published: 2月 6, 2021
Connor Murray of Britevue

Bitcoin Associationは、britevueCEOであり、新たにビットコインSVアカデミーチームに加わったコナー・マーレイ氏と対談を行いました。マーレイ氏は新たな職務で達成したいこと、そしてその経験が自身のビジネスキャリアにどのように影響するのかについて語りました。

ビットコインSVエコシステムの中で、コナー・マーレイ氏はよく知られた人物です。britevueのCEO、マーレイ氏はビジネススケジュールが許す限り、以前にはポッドキャスト2つをホストしたり、CoinGeekに頻繁に分析的で注釈的なコンテンツを提供したりするなど、常にメディアに姿を現していました。

現在、マーレイ氏は世界が本来のビットコインプロトコルをより深く理解するのを手助けするために、Bitcoin Associationと共に自身のさまざまな経験を利用したいと考えています。

「私は最初にこの分野に出会って以来、この分野での教育に情熱を注いできましたが、真の課題はビットコインの本質についての質の高い教育へのアクセスの欠如でした。」とマーレイ氏は言います。

「ビットコインは、複数の異なる分野にまたがる複雑なシステムであり、多くの人が理解しているよりはるかに多くの能力を備えています。そして、ビットコインSVアカデミーは新しい開発者、起業家、投資家にビットコインの真のパワーを紹介するのに貢献することから、とても重要なイニシアチブとなっています。

マーレイ氏はBitcoin Associationでの新しい職務において、最近設立されたビットコイン理論ビットコイン開発に関する学課に焦点を当てた、ビットコインSV専用のオンライン教育プラットフォーム、ビットコインSVアカデミーチームの一員としてコンテンツクリエーターを務めます。

「私は、受講者が私と同じくらいビットコインについて学べるよう最大限の知識を提供したいと思っています。」とマーレイ氏は言います。

「教育によって、開発者と起業家は理解の幅を広げ、ビットコインが単なるマイクロトランザクションを超えて既存のマーケットをどのように変えることができるのかを学ぶことができます。」

すでにビットコインについてのうらやむほどの知識とブロックチェーンでの構築の経験を持っているにもかかわらず、チームに参加する機会を提示された時点で、マーレイ氏はすでにビットコインSVアカデミーにてビットコイン理論の導入コースを受講しており、そのことも彼がオファーを受けるきっかけとなりました。

「ビットコインSVアカデミーが提供する高品質のコンテンツを通じて、すでにこの分野にいる人々とビットコイン初心者両方を助ける機会をいだたいたことをとてもうれしく思います。」とマーレイ氏は述べています。

「もちろん、私自身まだまだ学ぶことがたくさんありますが、私の経験を共有し、人を教えることによって、日々ビットコインを極めていきたいと思っています。そういった意味では、私はビットコインについてもっと学び、学んだことをビジネスに適用するというすでに自由な時間に行っていることの延長としてアカデミーを見ています。」

ビットコインSVアカデミーのカリキュラムの開発とコンテンツの作成に携わっているチームメンバーの多くと同様、マーレイ氏は自分自身を研究者であり起業家として捉えています。ビットコインSVを使用してアプリケーションを開発し、それをビジネス環境に適用するという経験を持つカリキュラムリーダーがいるということは、理論的な学習を実践的な理解と組み合わせ、総合的なブロックチェーンの専門家の育成を支援するアカデミーの他とは違ったユニークな点です。

「私自身の経験から、britevueによって私はビットコインについてより実践的に考えることを余儀なくされましたが、今後私はビットコインSVアカデミーが私に予想外の方法で教えてくれることを期待しています。」とマーレイ氏は言います。

ビットコインSVブロックチェーンを搭載したオンラインレビュープラットフォーム、Britevue は混雑したオンラインレビュースペースを改善することを目的として、ビットコインSVハッカソンにてTrue Reviewsというプロジェクトで誕生しました。ユーザーは少額のマイクロペイメントを支払い、地元企業に関する高品質で正確なレビューを書きます。このデータはユーザーが所有し、ビットコインSVブロックチェーン上に存在します。レビューが役に立ったと思う後続のユーザーは、投稿に報酬を与えてくれます。これもまた少額の報酬の源泉になります。その報酬の大部分は最初のレビューを行ったユーザーに支払われます。

「私は、Britevueを使用して、ビットコインでできる実行可能な多くのことがあるということを知っています。そしてそれが私たちが実装したいことでもあります。しかし、最終的にはユーザーエクスペリエンスがすべてです。」とマーレイ氏は言います。

「ビットコインを使用するビジネスを築くことは素晴らしいことですが、最終的には(ビットコインを持っていない)私の祖母が利用できるようなアプリケーションが必要なのです。」

昨年、Ayreベンチャーグループからの投資を受けて以来、マーレイ氏はビットコインSVアカデミーでの新しい職務の準備を行いながら、2021年後半立ち上げ予定の独自の消費者中心のビジネスの構築に懸命に取り組んできました。彼が期待するこれら2つの柱は、この重要な1年の重要な部分となるでしょう。

「私がアカデミーで行っている仕事が特に、私たちのビジネスがビットコイン関連の正しい決定を下すのに役立つことを願っています。」とマーレイ氏は話します。

「私は、まさに適切な縁と教育リソースでこの世界に偶然出くわしたことを幸運に思っています。今度は自分がその一部を還元し、受講者がビットコインSVアカデミーでビットコインの世界に参入するのを手助けする番だと感じています。」