ジョシュ・ペティ – Bitcoin Associationアンバサダープロフィール:ドイツ

Alex Speirs 150 x 150
By Alex Speirs Published: 11月 12, 2020
Twetch Co-Founder, Josh Petty


Twetchの共同創設者兼CEOのジョシュ・ペティ氏は、ゲリラマーケティングへの取り組みでオンライン上での評判を築いてきましたが、成長を続ける自身のビジネスとビットコインSVエコシステムの開発におけるビジネスが果たす役割が人々の印象に長く残ることを望んでいます。

「私はシリアルアントレプレナー(連続起業家)であると言えるでしょう。私はこの約10年間をソフトウェアアプリケーションの構築に費やし、現在はビットコインSVを使用した構築に取り組んでいます。」とペティ氏は説明しています。

「現時点で私が主に集中しているのは、ビットコインへのアプリケーションインターフェイスであるTwetchです。ユーザーは自身の情報を投稿し、データを所有しつつ、それらのコンテンツから利益を得ることができます。」

しかし、Twetchが今日のジョシュ・ペティ氏の居場所であるとするならば、彼は一体どのようにしてビットコイン事業に参入し、なぜ最初のターゲットの1つとしてどこにでもあるようなソーシャルメディアの巨人を選んだのでしょうか?

「もともとは大学でウェブサイトを作ることから始まりました。本当に単純なWordPressのウェブサイトの作り方を学び、それから徐々に、ソフトウェア開発に移行して大学を卒業しました。」とペティ氏は話しています。

「そのキャリアの中で、私はビットコインについて学び、最初はお金として、次にデータを保管する実際の場所としてアプリケーションがビットコインを利用できる世界を想像し始めたのです。」

自らシリアルアントレプレナーと任ずるその他の人々

同様、ペティ氏は新しい技術が現在の問題への解決策をどのように提供できるかということに興味を持っています。ペティ氏とビットコインとの出会いは偶然でしたが、ペティ氏がビットコインの可能性を理解し、その使用方法を考え始めるまでにはそれほど長くはかかりませんでした。

「実際には大学のパーティーでビットコインの存在について知りましたが、それが何であるのか全くわかりませんでした。基本的なことを調べるだけで1、2日かかりました。」とペティ氏は当時を振り返っています。

「しかし、ビットコインは完全に私の目を奪い、そのことについて考え出してからすぐに、私は本当にビットコインに夢中になったのです。私は、そこには非常に大きなユースケースがあると思いました。当時、私は決済技術やインターネットについてあまり知識がありませんでしたが、ビットコインの可能性はすぐに認識することができました。」

Twetchで個人に権限を

ペティ氏はビットコインの潜在的な有用性をしっかりと把握し、ソーシャルメディアの現状を打破するためのツールとしてビットコインの使用方法を考え、ユーザーベースおよびデータの収益化が主な焦点ではない新しいプラットフォームを確立しました。

「ビットコインを使用することによって、他のソーシャルメディアやアプリケーションよりも個人に権限を与えることができることを私たちは知っていました。」とペティ氏は言います。

「それがメールであろうとチャットであろうと、ソーシャルネットワークを使用していようといまいと、私たちは本質的に自分が情報を作成しているということを知っています。そして、これらの会社がデータを取得し、何らかの方法でそれを販売しています。しかし、私たちには何の見返りもありません。」

解決策は、ビットコインSV独自の機能である無限にスケーラブルな容量と低トランザクションコストの保証を利用して、ソーシャルメディアエクスペリエンスをチェーン上に移動することでした。ユーザーはコンテンツを投稿するためにほんの数セントという少額の代金を支払います。その見返りとして、投稿でのやり取りから報酬を得ることができます。例えば、「いいね」や「共有」をすると数セント発生するのです。さらに、ユーザーはお互いにBSVで簡単に支払いを行うことができ、コンテンツのやり取りを行いたいユーザーへ最小支払い額を設定することもできます。これは正確には「トロール税」と呼ばれるものです。

「世界の約半分、約30億人がソーシャルメディアを使用しており、これは非常に大きなカテゴリーであり、多くの人々が何の見返りもなくこれを使用することに1日の何時間も費やしていますが、そこには時間や情報への価値は全くもってないのです。

私たちはユーザーに権限を戻し、ユーザーが実際に価値を生み出し、そこから利益を得、取引し、実際にそれを所有し維持できるようにします。」

そしてそれは、ユーザーがソーシャルメディアアカウントを介して作成および共有しているコンテンツの収益化と価値を得ることを可能にすることだけではありません。データはユーザーによって所有され、ブロックチェーン上に保管されているため、ソーシャルメディア内のコンテンツは使用されているプラットフォームに翻弄されたり影響を受けたりしなくなるのです。

「仮にTwetchが機能しなかったり、Twetch.comがダウンしたりした場合でも、ユーザーは自分の情報を取得することができます。また将来、ソーシャルメディアプラットフォームから使用を禁止された場合でも、競合他社のプラットフォームにログインしすべてのデータを取り返すだけです。」とペティ氏は説明します。

「しかしながら現在は、そうではありません。もしアカウントが削除されたり、アカウントを失ったりした場合、作成に10年を費やした可能性があるYouTube動画でも、それらは完全に失われてしまいます。私たちはこれらすべてを変えていきます。」

これまでのところ、ユーザーはTwetchが提供するモデルを購入しています。Twetchは、従来のマーケティングや製品の宣伝をほとんど行っていなかったにもかかわらず、ついに2万人のユーザーを超えました。Twetchの観点からは、価値についての課題は既存企業よりも改善されているため、より良いものの存在を知る人を引き付けるのに十分です。

ビットコインSV搭載

ソーシャルメディア運用モデルの再構想は、どのブロックチェーン上でも実行不可能でした。必要なスループットとスケーリングを必要に応じて処理できるブロックチェーン上に構築する必要があったからです。利用可能なさまざまな製品を検討した結果、ビットコインSVのみがTwetchの選択肢でした。

「私は他の暗号通貨を試し、ユースケースを理解し、それらについて本当に勉強しました。そしてビットコインSVが私を強く惹きつけたのです。私は他のすべての暗号通貨が基本的には意味をなさないと気づきました。オリジナルのビットコインプロトコルでは、実際にできると言われていることはすべて行うことができます。」とペティ氏は言います。

「ビットコインSVは、長年の実験の論理的な結論であり、実際、ビットコインはその他のすべての暗号通貨がやりたいと言っていることをすべて実行していることを証明しています。そして、それは実際に機能します。

ペティ氏とBitcoin Associationのアンバサダー仲間であるビリー・ローズ氏を含む彼のチームがビットコインSVに落ち着いた後は、長い間想像されていたソーシャルメディアソリューションを実現するためにとても明快でした。

「Twetchを使用して、5年に渡るアイデアがついにビットコインSV上で実現したのです。これは、スケーリング、マイクロトランザクション、そしてデータをチェーン上で使用することができ、インターネット上で解決すべき問題を実際に解決することができるなど、ビットコインSVが必要なことすべてを実行できるからです。」とペティ氏は言います。

「そしてこれらのことが、本当にユーザーに力を与えているのです。」