数百万ドル規模のCoinGeek犯罪報奨金プログラムスタート

By Press Release Published: 8月 9, 2021
cyberattack

先月、米国務省は米国の重要なインフラへの攻撃に関与したサイバー犯罪者の特定につながる情報に対し報奨金を提供しました。近頃、公的部門や民間企業を狙ったランサムウェア攻撃が相次いでおり、そのほとんどがBTCでの支払いを要求してきたことから、デジタル関連の不正行為に対する米国政府の忍耐も明らかに限界に達した模様です。

同様に、CoinGeekの創設者であるカルバン・エヤー氏もBSVに対しかなりの攻撃を受けており、犯人を裁くために資金提供を行う予定としています。エヤー氏はBSVエコシステム内で行われた犯罪の有罪判決につながる重要な情報に対して、多額の報酬金を約束する新たなCoinGeek犯罪報奨金プログラムに個人的に資金を提供します。報酬金は情報内容に応じて交渉可能で、エヤー氏は今後数年間で数百万の報酬金を提供するものとしています。

エヤー氏は、このプログラムがあまりにも長い間「コードが法律である」という考えに支配されてきた業界に秩序を与えることを目的とした長期的な取り組みであることを明確にしたいと考えています。規制は、この業界が長期的に持続可能であるための唯一の確実な手段なのです。

CoinGeek犯罪報奨金プログラムは、暗号資産に関連する犯罪者を根絶し、この分野が提供する大きな利益を構築者たちが最終的に実現できるようにするための道を開くことを目的としています。

BSVネットワークの攻撃に関する情報をお持ちの方は、こちらのお問い合わせページに情報をご提供ください