nChain、超大型データ企業GeoSpockの投資ラウンドをリード

martin coxall standing
By Martin Coxall Published: 10月 2, 2020
nchain logo

ロンドン、2020年10月2日 /PRNewswire/ — 企業グレードのパブリックブロックチェーンソリューションプロバイダーの世界的大手であるnChainは本日、ケンブリッジを拠点とする世界規模のデータ分析・統合業務のパイオニアであるGeoSpockの共同リードインベスターとなったことを発表しました。nChainは、グローバル・ブレインやNTTドコモを含むアジアの主要なテクノロジー投資家からの投資も含む計540万ドルのシリーズA投資ラウンドをケンブリッジ・イノベーション・キャピタル (CIC)と共同でリードしています。nChainはGeoSpockの将来の大いなる成長を予見して他の投資家と戦略的に連携しています。この革新的なラウンドは、GeoSpockのさらなる国際的な拡大を支え、国内および世界規模のデータセットのための斬新なブロックチェーンアプリケーションを開発するという前例のない機会のためのステージを用意します。

この投資について、nChainのデビッド・ウォッシュバーンCEOは次のように述べています。「データは他の資源と同じように、採掘され、精製されることでその真価をフルに発揮します。GeoSpockは、スマートシティ、スマートネーション、ライフスケールのIoT、コネクテッド交通システムなどの超大規模データセットの収集、整理および分析を可能にする、市場をリードするプラットフォームです。ブロックチェーンがあるデータを活用するための理想的なテクノロジーである場合に、GeoSpockは現実世界のリアルタイムデータ分析に対する大規模で比類のないアクセスを可能にするための触媒となります。今回の投資により、GeoSpockの継続的な成長を促進し、私たちのクライアントがブロックチェーン技術を最大限に活用するための新たな現実を創造することを目指しています。」

GeoSpockのCEOであるリチャード・ベーカー氏は、ウォッシュバーン氏の熱意に反響するかのようにこう語りました。「当社の昨年のシンガポールと東京への進出は、当社プラットフォームがあらゆる規模のデータ分析を実行し、クライアントや投資家に具体的な価値を提供できることを証明しました。テクノロジーの世界が成長を続ける中で、それによって生み出されるデータ関連の機会から恩恵を受ける私たちの能力も同様に成長を続ける必要があります。私たちの野心がどのようなものかを真に理解しているnChainは理想的な戦略的投資家です。彼らは明らかに企業グレードのブロックチェーンソリューションの業界リーダーであり、私たちの技術によって、彼らがブロックチェーンのための、誰もが予想すらしていないような世界規模のアプリケーションを開発できるようになることを期待しています。」

GeoSpockは、スマートな都市開発に焦点を当てつつ新しい技術を取り入れることで肥沃な大地を築いてきた国であるシンガポールで自社のオフィスが成し遂げた急成長を目にしています。バルティックエクスチェンジとのパートナーシップにより、排出量を監視するための海上データの利用を先駆的に行ったことを例に挙げることができるように、同社の技術はあらゆる産業分野で広範囲に応用されるアプリケーションを兼ね備えています。ケンブリッジに本社を置くGeoSpockはその成功を世界に広げようとしていますが、nChainのロンドンチームが近くにいるという利点を生かして有意義なコラボレーションを行うための準備も確実に進められています。

nChainについて

nChain Group Holdings Ltdは、企業グレードのブロックチェーンソリューションを提供する世界有数のプロバイダーであり、企業や組織がデータの価値を実現し、保護するための支援を行っています。英国とスロベニアにオフィスを構えるnChainは、世界最大級のブロックチェーン開発者チームと業界屈指のブロックチェーン関連知財ポートフォリオを誇っています。nChainは、顧客のデータをより効率的に管理することによって自社の顧客がビジネスにおいて競争優位性を維持できるようにするための支援に取り組んでいます。

GeoSpockについて

GeoSpockはビッグデータの分析方法を刷新します。接続されたすべての世界のデータの複雑さを克服するために設計されたGeoSpock DBは、次世代のユースケースを作るためにあらゆる規模のコネクテッドデバイス、スマートシティまたはIoTデータを動的に融合させると同時に、複雑さ、コストおよび運用レイテンシーを競合ソリューションとの比較で低減させることができる独自の分析データベースです。

ケンブリッジ・イノベーション・キャピタルについて

ケンブリッジ・イノベーション・キャピタル (CIC)は、ケンブリッジのエコシステムの中でも知的財産を豊富に有するテクノロジーやライフサイエンスビジネスに焦点を当てたベンチャーキャピタル投資企業です。CICは優れたテクノロジーをベースにした先進的なビジネスの構築に取り組んでいます。同社はケンブリッジ大学とのユニークな関係と自社の持つ金融業界や実業界との深いつながりを結びつけることで、ビジョンを持った人々がグローバルな、その分野をリードする企業を構築することを可能にしています。

グローバル・ブレインについて

グローバル・ブレイン(GB) は、東京を拠点に米国、アジアおよび欧州で投資活動を展開しているベンチャーキャピタル企業です。2001年以来、GBは3つのCVCファンドを含む4つのファンドを通じて100社を超える数の企業に選択的に投資を行い、シードからIPO前の段階までフルサービスとリソースを提供することにより17のIPOと48のM&Aを成功させてきました。GBはICTだけでなく、サイバーセキュリティ、DL・ML、IoT、ロボット工学、ブロックチェーン、フィンテック、ヘルスケア、ライフサイエンスおよびその他の破壊的技術などのディープテックにもグローバルに投資しています。GBは、困難な問題に取り組む革新的なスタートアップ企業をグローバルにサポートしています。

NTTドコモについて

NTTドコモは契約数が7,900万を超える日本を代表する携帯電話事業者であり、3G、4Gおよび5Gのモバイルネットワーク技術に対して世界でも有数の貢献をしています。ドコモは、その中核である通信サービスにとどまらず、多くの事業体(+dパートナー)との協働により新たなフロンティアに挑戦し、人々の暮らしや働き方を変える便利な付加価値サービスを創造しています。ドコモは、2020年以降に向けた中期計画のもと、最先端の5Gネットワークを開拓し、顧客の期待を超える革新的なサービスを提供していきます。