Bitcoin Association活動報告 BSV: Bitcoin for Business – プログラム初開催 Bitcoin Associationの初めての「BSV: Bitcoin for Business」プログラムが先週、東京で開催されました。このプログラムは、事業経営者にビットコインSVについて詳しく知っていただくと同時に、ビットコインSVが企業アプリケーション向けに選ばれるブロックチェーンである理由について説明することを目的としています。 本イベントは、Bitcoin Associationの日本・韓国地域ゼネラルマネージャーのJerry Chan氏が進行役を務め、日本の各種企業、取引所、メディアから60人を超える参加者が集まるという盛況でした。クレイグ・S・ライト博士がビットコイン創設の経緯、ビットコインの目的が透明性と合法性を取り戻すことである理由、監査証跡による不正撲滅の方法、および日本に向けてのメッセージを語りました。 Bitcoin Associationでは、ビットコインSVの成長を支えるというミッションの元、「BSV: Bitcoin for [...]

WeiBlock Makes It Easy For You To Earn And Use Bitcoins

WeiBlockは、ビットコインSVをベースとしたソーシャルネットワークソフトウェアで、今年の8月28日にリリースされました。「moneybutton」カスタマーログインシステムを活用し、シンプルで分かりやすいインターフェースに仕上がっています。アドレス「weiblock.app」にアクセスすることで、プロダクトのメインインターフェースに移動することができます。このソーシャルメディアプラットフォーム上で、ユーザーは文章や写真を投稿したり、他人の投稿を閲覧したり、「いいね」やコメントを残したりすることができます。 TwitterやWeiboなどといったその他のソーシャルメディアプラットフォームと異なり、ユーザーが行う操作(投稿、「いいね」、コメント記入など)はすべてビットコインSVブロックチェーン上に記録され、永久的に保存されます。投稿に「いいね」やコメントが他のユーザーから行われた場合、投稿主はそのユーザーから少額のBSV(1セント相当)を報酬として受け取ることができます。 WeiBlockチームは中国の上海に拠点を置き、わずか3人のメンバーにより構成されています。少人数のチームですが、最初のバージョンのプロダクトをわずか1ヶ月半でリリースしました。現在、約1000人のユーザーたちがすでにWeiBlock上のブロックチェーンを通じてやりとりを行なっています。特に、WeiBlockの自動翻訳機能が多くの海外ユーザーを引きつけています。多くのユーザーが、自ら時間をかけて作成した投稿内容を他のユーザーが評価してくれることについて、とても嬉しいと話しています。投稿したトピックが人気を集めると、それだけ多くのコメントを受け取ることができるのです。そして、すべての「いいね」やコメントは少額のBSVという報酬に変わるので、より「深くて面白い」コンテンツを作成する上でのモチベーションが生まれます。 我々が行なったインタビューに際し、WeiBlockの創設者であるWansheng氏は、本プロダクトを作った目的について、次のように話しました:「新しい形のソーシャルメディアを作りたいと思っていました。具体的には、ユーザーが投稿やコメントにあたって支払いを行い、気に入ったコンテンツの作成者に対して少額のお金を送信できるような、ブロックチェーンをベースとしたソーシャルネットワークです。すべての支払いはBSVをベースとしたマイクロペイメントとなります。マイクロペイメントを可能にすることで、WeiBlockは、優れたコンテンツの作成者が報酬を受け取ることで、さらに質の高いコンテンツが作り出されるようにするための経済的インセンティブモデルを備えています。これによってより多くのユーザーがプラットフォームを利用するようになり、その結果としてコンテンツ作成者にとってはその分経済的インセンティブが発生することになります。このような良い循環が存在するため、WeiBlockはそれ自身が自動的に成長していくシステムであるといえるでしょう。」 高品質コンテンツの作成者はより多くの報酬を受け取り、さらに多くの高品質コンテンツを作成することによって、より多くのユーザーを呼び込むことができます。ユーザー数が増えれば高品質コンテンツの作成者にとっての経済的インセンティブも増加するという、好循環が生まれます。 こうした経済的インセンティブモデルによって全体として好循環が生まれることになり、自ら自動で成長・機能していくシステムが実現します。 WeiBlockがリリースされてわずか1ヶ月半が経過した10月15日、開発チームは第2バージョンをリリースすることで素早くプロダクトアップデートを行うことに成功しました。このアップデートでは、「My Following(フォロー)」、「Hot Posts(話題の投稿)」、「Latest Images(最新の画像)」といったさまざまな新機能が追加されました。この新バージョンにより、ソーシャルメディアに関連した機能がより多く利用できるようになり、より優れたインタラクティブな使用感が実現されます。このことから、本アップデートはWeiBlockが有力なプラットフォームとなる上での重要なステップであるといえます。 新機能の中でも特に注目すべきなのは「My Following(フォロー)」機能です。ここでは、ユーザーは別のアカウントをフォローするにあたって、アカウント所有者に対して任意の量の資金を送信する必要があります。そして、気に入ったコンテンツがあった場合には、その作成者に対して好きな額の資金を送金することができます。前述した1セントという最低額を超える資金の送金も可能です。 WeiBlock で働く24歳の開発エンジニアであるCeshu氏は、その他のBSVディベロッパーたちに対して伝えたい事柄について尋ねられた際、以下のように話していました:「WeiBlockで働く前は、ブロックチェーン開発業務に携わったことはありませんでした。私はそれまでフロントエンド開発に携わってきましたが、WeiBlockではこれ専門のエンジニアとして働いています。BSVブロックチェーンディベロッパーとして働こうと思った理由は、ビットコインを支える基盤テクノロジーが非常に安定したものであること、そしてBSVの拡張可能性および低手数料を考えた時に、BSVが本プロダクトの今後の開発に多くの可能性を与えてくれると思ったからです。しかし、私自身の能力には限界があり、最近本プロダクトに行われた急速なアップグレードの大部分は、BSVディベロッパーコミュニティおよびWeiBlockユーザーたちのサポートや支援のおかげなのです。実際彼らはテストエンジニアやWeiBlockのプロダクトマネージャーとして活躍するようになり、素早く欠陥を検出し、諸機能を向上させるにあたってのサポートを提供してくれています。BSVエコシステムからのサポートを得ることができたことは、非常に予期せぬ驚きでした。」 ブロックチェーンを活用したソーシャルネットワーキングという発想は何年も前からありますが、多くのプロジェクトが、基盤となるブロックチェーン技術の効率性の低さや使用される経済モデルの欠陥によって徐々に姿を消していきました。現在、BSVのオンチェーントランザクション手数料は1バイトあたり1サトシという極めて低い値であり、極めてスムーズにトランザクションを行うことができます。また、今後ブロックチェーンのキャパシティを増加させるたびに、手数料はさらに減少していきます。こうした機能は非常に重要であり、安価なトランザクションが頻繁に発生するようなコミュニティプロダクトに対して、確固とした競争性優位を与えることが可能となります。従来の各種ソーシャルメディアプラットフォームが市場を独占し、広告を通じてユーザーのデータから利益を得ているという現状を、WeiBlockは変えていきます。ブロックチェーンベースのソーシャルメディアでは、所有権を持つのはユーザーたちです。つまり、ユーザーは自らのデータや資産に対する完全なコントロールを持つことができ、プラットフォーム側でユーザーのコンテンツを削除したり改ざんしたりすることは不可能となります。加えてプラットフォームには、ユーザーが質の高いコンテンツを作成することを促すための健全な経済的インセンティブも存在します。 WeiBlockは「BSVの入手・使用」を体現する非常に良い例といえます。こうしたソーシャルネットワーキングサービスの存在自体が、ビットコインを用いたマイクロペイメントやブロックチェーン上においてデータを保管することの実用性やビジネス上のメリットについて一般の人々に知ってもらうための機会となるのです。BグローバルなBSV電子マネーの展開もマイクロペイメントに焦点を当てたものになり、より大きくて実用的なビジネス分野へと拡大していくでしょう。 WeiBlockチームへのお問い合わせは以下よりお願いいたします: Twitter: http://twitter.com/weiblock メール: [...]

Finalists-of-second-Bitcoin-SV-virtual-hackathon-revealed_BA

メタ記述: 3つの素晴らしいプロジェクトが審査員を驚かせ、ソウルでの競争に望みます。 タグ:ビットコインSV、ビットコインSVハッカソン、CoinGeekカンファレンス、CoinGeek、ハッカソン、韓国 8月17日から19日に開催された2回目のビットコインSV(BSV)ハッカソンは、BSVコミュニティ内で多大な活躍を行い、非常に才能のある開発者たちが集まりました。予備審査が行われ、上位3つのプロジェクトがCoinGeekソウルカンファレンスへと進むファイナリストとして選ばれました。 このハッカソンのテーマは、ビットコインの利用です。課題プロジェクトは自由でしたが、勝つためには、一般ユーザーが少量のビットコインを使用して大きな価値を獲得できるようにするための独創的な手段を生み出す必要がありました。 そのゴールを達成し、現在、韓国のソウルに進む予定となっているチームは、BitQ&A、Codugh、およびHiveです。 BitQ&Aは名前の通りQ&Aアプリケーションです。 ユーザーは自由に質問をすることができ、他のユーザーはそれらの質問に対して確実な答えを提供することで報酬を得ることができます。このアプリケーションは、BSVコミュニティ全体の知識水準を高めるためのインセンティブモデルとなるだけでなく、将来のBSV開発者にとって貴重なリソースになる可能性があります。 CodughはAPIの収益化を目指すプロジェクトです。 プロジェクト開発チームは、BSVの利点を利用することで、消費者がAPI呼び出しを行うたびに少量のBSVを支払うというシステムの実現を狙っていました。これは、収益化が難しいことで知られているAPIというシステムを収益化し、より多くの開発者が有益なAPIプラットフォームを作成する上でのインセンティブ提供することになります。 最後にHiveですが、これまでネットサーフィングをしていて、あるトピックに際して調べる際に永遠に次から次へと関連トピックを調べなければならない、という経験をしたことがある人であればその利点をすぐに理解できるでしょう。その名が示すように、Hiveは「蜂の巣」構造ように機能し、ユーザーは「知識の蜂の巣」を構築し、まるで粘り気のある蜂蜜で覆われているかのように、関連情報をリンクさせることができます。この結果、膨大な知識ベースが完成し、ユーザーが自由に閲覧できるようになります。 また、次点候補として以下の4つのプロジェクトが評価されました。すべて素晴らしいプロジェクトですが、今回はファイナリストとして残ることはできませんでした。BSV開発者による検証可能なコードの使用を可能にするSourceshare、素晴らしいレビューを書いたユーザーに報酬を与えるTrue Reviews、がスクロールする分だけ料金を支払うというモデルでコンテンツの収益化を目指すScrollPay、そして、各種支援を求める上での需要と供給の法則に基づいた経済モデルを提供するAsk The Worldがありました。 これらは全て素晴らしいソリューションであり、大規模なブロックチェーンスケーリングを可能とするビットコインSVをベースに構築されています。ブロックサイズが増加し続けることで、BSVブロックチェーン上におけるトラフィックに関係なく、取引手数料は驚くほど低く抑えることが可能となります。その結果、これまでに紹介したような各種独創的なアプリケーションにおいてマイクロペイメントサービスを提供することが可能となり、さまざまなコンテンツやサービスに現実的に対応する金額での決済が実現します。 なお、10月1〜2日に開催されるCoinGeekソウルカンファレンスに参加することでこれら3組のファイナリストの中から優勝者を決定する一員に加わることができます。これら3つのプロジェクトには35,000ドルが支払われます。前回のハッカソンの状況から判断するに、これらのプロジェクトによるプレゼンテーションは素晴らしいものになると期待して良いでしょう。今すぐ、売り切れる前にチケットをゲットしましょう。 BSVで購入すると、CoinGeekソウルカンファレンスチケットは20%オフになります。また、カンファレンス参加者は、ルメリディアンソウルの特別割引を利用することもできます。 こちらのリンクで、「特殊料金(Special Rate)」タブで「グループコード(Group code)」を選択してプロモコード 「RE1RE1A」を入力することで、ホテルの割引を利用することができます。 [...]

the-bitcoin-sv-people-wallets-miners-and-other-resources-you-need-to-know

1年ほど前の2018年11月、ビッコインキャッシュのチェーンスプリットによりビットコインSV(BSV)が生まれました。 これはビットコインABC開発チーム(BCHプロトコルの主要なソフトウェア実装を担当)が新たに実装したコンセンサスルールが、本来のビットコインプロトコルから逸脱するものである、と現在のビットコインSVサポーターたちが判断したことが原因でした。 この論争によって世界初のビットコインハッシュウォーが引き起こされました。これは、ビットコインSVが一貫性のある独自のチェーンとして存続することで解決されました。 「ビットコインSV」の「SV」は「サトシビジョン」を意味しています。これには、匿名人物であるサトシ・ナカモトがビットコインのホワイトペーパーやビットコイン初期の時代に執筆していたその他の文書で説明していたオリジナルのビットコインプロトコルに戻ろうという、本チェーンのサポーターたちの意図が表されています。 これによって大規模にスケールするブロックチェーンを作り出すことで、以下の2つの機能の提供が目指されています。 1. 現在の支払システムでは規模が通常小さすぎて現在実現不可能とされているマイクロペイメントにも対応したも含め、高速トランザクションと低い手数料を備えた有するピアツーピア電子通貨システム。 2.金融分野における決済を超え、トークン化された資産、供給チェーン管理のための監査可能な台帳、ユーザーがオンラインでマイクロペイメントの送受信を行う新しい商業インターネット「メタネット」など、幅広いビジネスユースケースをサポートするグローバルデータ台帳。 当初、ビットコインSVコミュニティはブロックチェーンのブロックサイズ制限をビットコインキャッシュの32MB制限から128MBに増加させ、サトシによるの最初のビットコイン実装時に使用されたてのちに削除されたオペレーションコードを再度有効化することでこれらのゴールに近づこうとしました。 (オペレーションコードは、ビットコインに制限付きのスクリプティング能力を提供するコマンド群ですになります。)。 2019年7月、ビットコインSVプロトコル開発チームはブロックチェーンの最大ブロックサイズ制限を2GBに増加することでネットワークの規模を拡大させました。 最終的にはビットコインSVのブロックサイズをマイナーたちの経済的のエコノミックインセンティブをベースのあたりに調整していくことを目指しています。このための最初のステップとして、開発者は明示的にマイナーに対して現在の2GB制限の中で希望のブロックサイズ制限を設定するように促してきましたことを推奨しました。これに続く2つ目のステップにおいてはとしては、2020年2月に完全にデフォルトブロックサイズ制限を完全に取り除き、マイナーが各ブロックに対して制限を設定するようにすることになります。 これらの技術的な変更に加えて、ビットコインSVはレギュレーションフレンドリーなエコシステムを構築しようとしています。 BSVエコシステムのコミュニティでは、消費者を保護し、機関投資を獲得し、企業の信頼を確立し、ブロックチェーン業界を拡大させるためには、責任ある規制とプロアクティブな規制が不可欠であると考えられています。 この発想のもと、ビットコインSVのリーダーは政府官僚にガイダンスを提供したり、法案作成をアシストしたり、イノベーションを促進しながらも適切に暗号通貨事業を規制していく方法について議員や政府機関に情報提供したりしていく予定です。 ビットコインSVがこうしたこの目標を達成するためには、ただ正しいテクノロジーやと規制企業コンプライアンスのを実現は最初のステップに過ぎず、これらするだけでは不十分です。 – それらは最初のステップに過ぎないのです。 暗号通貨はさまざまな人々のコミュニティを中心に展開し、とネットワーク効果を通じてによる複合的な成長を遂げていくものなのです中心にして作られています。 そのため、ビットコインSVがその野望的ビジョンを実現することができるかどうかは、プロジェクトに関わるコミュニティの活躍にかかっているのですの力によります。 [...]

Jimmy Nguyen Bitcoin Association初代理事長 ビットコイン SV (BSV) は、ビットコインの作成者サトシ・ナカモトの「サトシビジョン」を復元することで、デジタル通貨の文化に大きな変化を引き起こしています。 BSVはスケーラビリティを大幅に拡大していく予定であり、より大量の取引をサポートしながら、その一方で取引手数料を小額に保つことでマイクロペイメントを可能にします。 これはビットコインにパラダイムシフトを作り出しています。すなわち、コインを「購入して保持する (buy and hold)」という今日の仮想通貨の取引に依存したモデルから、人々がビットコインを「取得して使用する (earn and use)」新しい世界へと移行する動きが出ているのです。 BSVは、最終的にビットコインのオリジナルのビジョンを実現することによって、新しい循環するデジタル経済が生まれるでしょう。言い換えれば、ビットコインが実際に日常生活で使用されるようになるのです。これこそ、ビットコインが本来あるべき姿である「ピア・ツー・ピアの電子マネーシステム」なのです。   なぜビットコインコア (BTC) [...]

Jimmy Nguyen著 ビットコイン協会初代理事長 多くの仮想通貨愛用者が、ビットコインやその他のデジタル通貨が法律の手の届かないところにあり、その代わりに「コードが法律になっている」と主張しています。 しかし、最近のマスコミの報道によればこれが間違っていることは明らかです。FacebookのLibraは米国議会の公聴会の対象になっていますし、他の政府からも追及を受けています。また、ニューヨーク州の検察当局はBitfinexやTetherの捜査に入りました。そして、カナダの取引所QuadrigaCXの倒産に関して、同社のCEOが顧客の資金を不正使用していたことが判明しました。その他にも仮想通貨関連の違法事例はたくさんあります。 その他の仮想通貨の陣営は政府に抵抗していますが、私およびその他のビットコインSV (BSV) の支持者達は信頼できる規則を歓迎しています。 私たちは、消費者を保護し、機関投資を獲得し、企業からの信頼を得て、ブロックチェーンのテクノロジーを育てることが必要なことを知っています。そのため、BSVは、ビットコインのオリジナルのサトシビジョンを回復するとともに、規制に優しいエコシステムを構築しているのです。 ビットコインのブロックチェーンは、取引とデータに関する不変的な原簿になります。そのシステムはユーザーに匿名性を提供していますが、原簿は透明で監査可能です。なぜなら、本来ビットコインは政府、ビジネスおよびお金に関して、より多くの正直さを作り出すことを目指していたものだったからです。(ビットコイン白書をお読みください。そうすれば、白書で「正直」という単語が15回使用されていることが分かるでしょう。)ビットコインは闇ではなく、より多くの光を世界にもたらすように設計されています。残念ながら、米国のいわゆる闇サイト「シルクロード」市場などその初期の商業使用では、犯罪活動を促進する結果になってしまいました。また、多くの初期の仮想通貨愛用者が反体制的で、中には仮想通貨による無政府主義者という考え方さえ持っている人もいました。そして彼らはビットコインは反政府的なものだという誤った考えを広めました。 私は、法律を尊重します。私は米国の元弁護士で21年以上の経験があります。大企業やテクノロジー関連の新興企業が、インターネットやその他のデジタルプラットフォーム上でビジネスを行う際に法令遵守ができるよう支援しました。私には法曹界におけるキャリアがあるので、ビットコインや仮想通貨が現在直面しているような未開拓の環境には規制上不確かなところがあり、それが企業にとって実務上の課題になっているということを理解しています。だからこそ私はビットコインの産業は法律に対抗するのでなく、法律と共に成長していくべきだと思うのです。ビットコインが世界で通用するようになるには、企業と消費者が、その通貨とブロックチェーンが法的に安心して使用できるものだと確信できる必要があります。 実務上、これは何を意味しますか? BSVのエコシステムの中にいる私やその他の人達にとって、それは以下を意味します。   1.ユーザーは、匿名性を持つ必要はないが、ビットコインの取引に関するプライバシーは保つ必要がある。 ビットコインの取引はペンネームで行われますが、匿名では行われません。他の仮想通貨のプロジェクトは、より「匿名性」の高い取引を可能にするコインを作ることを望んでいます。しかし、匿名性は、特にお金に関して非合法活動を促進します。それはビットコインの本来の作成目的に反することです。ビットコインの取引はペンネームで行われますが、ブロックチェーンの証拠の痕跡は永久に残るので、それを非合法活動に使うのはまったく無意味です。   2.取引所、保管型ウォレット、およびその他のサービスプロバイダーは、顧客確認 (KYC) や反マネーローンダリング [...]

Bitcoin SV (BSV) “Quasar” protocol upgrade continues massive blockchain scaling, lifting default block cap to 2GB

2019年7月24日にBitcoin SV(BSV)ネットワークは、スケーリングに重点を置いた重要なプロトコル のアップグレードを行います。クエーサー(Quasar)アップグレードはBSVのデフォルトのブロックサ イズ「ハードキャップ」を現在の128MBから2GB(2000MB)に引き上げます。デフォルトのブロックサ イズのハードキャップは2GBになりますが、まずマイナーハッシュレートの大部分は手動でハードキ ャップを512MBという低い(しかし依然として非常に堅牢な)レベルに設定します。これは他の競合 Bitcoinプロジェクトよりはるかに高くなっています。 クエーサー(Quasar)のアップグレードは、Bitcoinで常に可能であった大規模なチェーン上のスケーリングを解放し、BSVをグローバルな企業ブロックチェーンにすることへ向けたBitcoin SVの発展過程の重要さを示しています。BSVはすでに1秒間に300以上の取り引きを円滑に処理できています。この容量は継続的に拡張されており、クエーサー(Quasar)ネットワークのアップグレード後の数カ月 間に、毎秒1000回以上の取引量を超えることが予想されます。このレベルのキャパシティは、VISA の決済ネットワークキャパシティに匹敵し、エンタープライズアプリケーションもサポートします。 BSVは、(現時点で既に)大幅にスケールを拡張し、(現時点で既に)堅牢な実用性を持ち、ディベロ ッパーが構築するための定石プロトコル(2020年2月までに完成する予定のオリジナルのBitcoinプ ロトコルへの回帰)を持つ唯一のブロックチェーンコインです。BSVはまた元来のBitcoinの白書に付 随する唯一のコインでもあります。つまり、BSVはBitcoinです。 ビットコインアソシエーション(Bitcoin Association)の創設者であるジミー・グエン(Jimmy Nguyen)は、 このアップグレードがBitcoinマイナー達にとってどのように役立つかについてコメントしています 。「2020年5月に次のブロック報酬が半減してブロック報酬の補助金が12.5から6.25コインに減り、さ [...]