RelayX、クリエイターがコンテンツをマネタイズできる動画ストリーミングプラットフォーム、Streamanityを買収

relayx-purchase-streamanity-video-streaming-platform-where-creators-can-monetize-content-ftBA

RelayX Superwalletを運営するRelay Trade Limitedは、コンテンツクリエイターが視聴数に応じてお金を稼ぐことができる2018年に設立された動画ストリーミングプラットフォーム「Streamanity.com」を買収したことを本日発表しました。

2019年4月に設立されたRelayXは、BSVエコシステム内の有力なアプリと連携するノンカストディアルウォレットでBSVブロックチェーンを利用することのできる、ビットコインSVを活用したスーパーウォレットです。

Streamanityはビットコイン SV(BSV)ブロックチェーンをベースにしたアプリケーションで、マイクロペイメントを利用してコンテンツプロバイダーが自らのコンテンツから利益を得ることを可能にします。視聴者は視聴する動画ごとに料金を支払い、クリエイターにチップを贈りますが、動画を共有することでBSVを稼ぐこともできます。Streamanityは独特な形で広告なしを実現しており、そのペイ・ツー・プレイモデルによってユニークで質の高いコンテンツを提供しています。

BSVの取引手数料は微々たるものであるため、ユーザーが数セント(あるいはそれ以下!)を支払うことによりインタラクションを行うことができるマイクロトランザクションを大規模に実行することが可能になります。

relayx-purchase-streamanity-video-streaming-platform-where-creators-can-monetize-content-BA
Streamanity.com(訪問日時:2020年6月14日)

Streamanity.com を運営するKeyport Labsの共同設立者であるSumanth Neppalli氏とShravan Shandilya氏は次のように述べています。

「投資家の皆様、そしてBSVコミュニティの皆様には、初期の段階からご支援をいただきましたことを感謝しております。BSVのコミュニティの中ではこのコンセプトはうまくいっていましたが、マーケティングの経験が浅く、ユーザーの獲得に苦労しました。私たち共同創業者もそれぞれ別の道を歩むことにしました。カンブリアンでジャックに会った後、私たちは彼がStreamanityを前進させるための最高のビジョンを持っていると判断しました。彼の幸運を祈っており、またStreamanityが大成功を収めるために今後も前進し続けることを願っています」

「Streamanityは先駆的なビデオプラットフォームであり、BSVのエコシステムの中でも重要なブランドです。プラットフォームの運営者となれる機会を得た時、私たちはそれに飛びつきました。私たちは、共同創立者であるSumanth氏とShravan氏のビジョン、献身、そして彼らがStreamanityの未来を私たちに託してくれたに感謝しています。私たちは今も、そしてこれからも、Streamanityの素晴らしいコンテンツ制作者や視聴者の皆様のためにStreamanityに対して有意義な改善を加えていきたいと考えています」 ―― Jack C. Liu、RelayX.io創設者

今後、Streamanity.comの運営はすべてRelayXの開発チームが行います。新しいStreamanityのロードマップと今後のビジョンについては、近日中に発表する予定です。