Relica、成長を促進させるインフルエンサープログラムを立ち上げ

By Jamie McKane Published: 10月 6, 2021

Relicaが、BSVブロックチェーン上に構築されたピア・ツー・ピアソーシャルメディアプラットフォームにコンテンツを提供するクリエイターへのインセンティブをさらに向上させる新しいインフルエンサープログラムの立ち上げを発表しました。

Relicaの最高経営責任者(CEO)兼共同創設者であるダニエル・ストリート氏が、新しいインフルエンサープログラムのメリット、ユーザーによる申請方法、およびRelicaの新インセンティブのパラダイムが既存の画像共有ソーシャルネットワークにどのように競合するものかを説明します。

 

RelicaInstagramとの違い

ダニエル・ストリート氏とジェレミー・ストリート氏により開発されたRelicaは、Instagramなどのサービスとよく似たインターフェースとユーザーエクスペリエンスを備えた画像共有ソーシャルネットワークです。しかしRelicaでは、Instagramや類似プラットフォームのようにユーザーのデータが収集され第三者に売却されるのではなく、ユーザーに自らの個人情報に関する主権を与え、これまでのソーシャルメディアのあり方から抜本的にかけ離れるものとなっています。

ストリート氏は、Relicaと現在最もよく知られている画像共有ソーシャルネットワークとの比較を明快に説明しています。

「弊社製品とInstagramの主な違いの1つは、弊社はユーザーのいかなるデータも売却しないという点です。」とストリート氏は話します。

「Instagramでは、あらゆるユーザーのデータが第三者や広告主に売却され、ユーザーはそうした広告主のターゲットとなり、広告収入は一切ユーザーに還元されることはありません。当社は、Relicaで純粋なピア・ツー・ピア決済メカニズムを構築し、他ユーザーからのチップにより自らの写真で収益を得ることを提唱しています。」

これは、BSVブロックチェーンによって実現しています。BSVマイクロペイメントはRelicaにシームレスに統合され、ユーザーが公開したコンテンツはハッシュ化され改変不能な形でオンチェーンに記録されます。コンテンツをオンチェーンで保存するということは、ユーザーがコンテンツの所有権を保ち、不要な検閲やプラットフォームからの締め出しを恐れることなく自由に自己表現できることになります。コンテンツを気に入ったユーザーは、クリエイター本人に少額のチップを提供することができ、クリエイターが自らのコンテンツの成功と評価によってマイクロペイメントで収益を得ることができるのです。

「Instagramでは全ユーザーの0.05%のみがインフルエンサーとしてコンテンツから収益を得ているのに対し、Relicaではすべてのユーザーが自らのコンテンツから収益を得ることができます

例えば、Relicaでの「いいね」はコンテンツクリエイターに$0.03、コメントでは$0.01のチップが支払われます。こうした少額の決済の効率的な処理機能は、このようなプラットフォームの運営に欠かせないスケールでマイクロトランザクションに対応できる唯一のブロックチェーンプロトコルであるBSVブロックチェーン特有の能力によって可能となります。

ストリート氏は、RelicaがBSV以外のプラットフォームで構築されていたとしたら、手数料が高すぎて金銭的に成り立たなかっただろうとしており、「現在存在する他のブロックチェーンでは、全く不可能です」と話しています。

これは、現代の多くのソーシャルメディアネットワークが依拠している個人情報について、疑わしい取引がなされることを排除しながら高品質のコンテンツを作り出すことの動機づけとなります。

 

Relicaのインフルエンサーになるには

この新インフルエンサープログラムをもって、Relicaはソーシャルネットワークを活気づけるインセンティブモデルを再構築し、Instagram、YouTube、Patreonなどからこのプラットフォームに移行するインフルエンサーに狙いを定めた一連のインセンティブを通じて、BSVベースのソーシャルネットワークの採用を促進するための次のステップを踏み出しました。

Relicaでインフルエンサーになるには、まずウェブサイトで申請フォームからサインアップしてください。この申請過程で、ソーシャルメディアのハンドルネームとフォロワー数、そしてあらゆる既存のブランドとの提携関係を開示することになります。

「この申請を、当社のパートナーシップおよびインフルエンサーマネージャーに送信していただきます。その後、当社が申請を確認し、提携したいインフルエンサーを手作業で選んでいきます。」とストリート氏は説明します。

「Relicaを申請者に段階的に説明し、自らのコンテンツで実際に収益を得る方法を教示し、契約と併せてインフルエンサーパックを送付します。」

Relicaのインフルエンサーとなる主な魅力の1つは、成功したリファラルに基づくボーナスを得られることです。ストリート氏は、被紹介者が生み出した利益に応じてすべてのユーザーがボーナスを得る一方で、インフルエンサーはこのボーナスが300%増しとなると説明しています。

「当社がインフルエンサープログラムで行おうとしているのは、既存のリファラルボーナスを得るのはもちろんのこと、月ごとのパフォーマンスに基づき月末に支払われるボーナスを300%増しにすることです。」

「他のユーザーの獲得額に対し、ボーナスが倍増されて支払われます。つまり、例えば被紹介者が「いいね」を100獲得すると、当社にもたらされる収入の一部を得ることになります。ボーナスは他のユーザーからではなく、完全にRelicaの収益から支払われます。」とストリート氏は説明しています。

インセンティブをこのように構築することで、Relicaはインフルエンサーが劇的に収益力を向上させながらソーシャルネットワークの成長と普及を加速できる、魅力的で互恵的なインフルエンサープログラムを作り上げました。

 

Relicaを始めよう

新インフルエンサープログラムによって可能となる成長に加え、 位置情報ベースのNFT対応からトークン取引所での相互運用性、Relica Mapsサービスの継続的な開発とすべてのユーザーへの提供目標など、Relicaにはその他の期待に満ちた多くの準備中の新機能があります。

Relicaはこれまで以上に簡単にサインアップし利用することが可能で、完成したばかりのデスクトップまたはモバイルインターフェースをrelica.worldで利用できます。さっそく登録し、ソーシャルメディアでの活動から収益を獲得したり、インフルエンサーとしてサインアップしてリファラル収益アップやユニークな特典をご活用ください。