TAALがNCHAIN HOLDINGSとの100万ドルライセンス契約により重要な技術を獲得

バンクーバー 2020年4月20日/CNW/ – TAAL Distributed Information Technologies Inc. (CSE:TAAL | FWB:9SQ | OTCQB:SQRMF) (以下「TAAL」とする) は2020年4月20日付けで、nChain Group Holdings Ltd. (以下「nChain」とする)との、知的財産特許ポートフォリオの主要要素の使用に関する10年間の戦略的ライセンス契約(以下「IPライセンス契約」とする)を締結したことを発表しました。

戦略的パートナーシップ

nChainとのIPライセンス契約はTAALに10年間に亘り、nChainのブロックチェーントランザクション取り扱い、処理、保存、検索、そしてディスプレイに特化したエリアにおける既存の取得済特許、出願中特許、そして将来的に出願される特許のアプリケーション上に高度なブロックチェーントランザクションシステムを開発するための非独占的なアクセスおよび権利を付与します。さらに、この契約により、TAAL は nChain とより密接に連携し、ブロックチェーンソリューションへの事業体や企業の投資による大量のトランザクションの増加に対応するための TAAL の戦略の基盤となる先進的なブロックチェーンインフラストラクチャソリューションを開発することが可能になります。TAALはIPライセンス契約に基づき、nChainにライセンス料として初年度1,000,000米ドルを支払うことになります。

nChainのブロックチェーン関連特許の広範なポートフォリオは、成長しつつあるとはいえまだまだ新しいブロックチェーンソリューション市場でTAALに競争において優位性を提供します。TAALは、Bitcoin SVネットワーク上でのブロックチェーンインフラストラクチャソリューションの開発に力を入れており、そのポートフォリオは、Bitcoin SVブロックチェーンネットワークでの使用のみを目的としてTAALにライセンスが与えられています。

nChainグループは、イギリスに拠点を置き、サトシ・ナカモトの本来のブロックチェーンプロトコルと、Bitcoin SVプラットフォームに具現化された設計に焦点を当てているブロックチェーン研究開発センターを所有しています。広範な特許ポートフォリオに加えて、nChainグループは、スロベニアのブロックチェーン開発会社であるCREAの買収を最近完了したことで、ブロックチェーン開発とソリューションにおける中心的存在としてnChainを確立し、ブロックチェーン開発におけるリーダーとしての地位をさらに強化しました。TAALは、nChainとそのポートフォリオがブロックチェーンインフラストラクチャ、トランザクション処理、およびブロックチェーンを活用して従来の市場に革新的なソリューションを提供するクラウドコンピューティングソリューションの利用拡大に関連する戦略目標のいくつかを実行する上での鍵となると考えています。

今回の IPライセンス契約により、TAAL は、2024年に再びやってくるブロック補助金の次の半減期の影響に対する重要な収入源になると期待しているBitcoin SV プラットフォーム上でのブロックチェーン処理における斬新でユニークなソリューショ ンを提供するために必要なコンポーネントの組み立てに向けた重要な一歩を踏み出しました。

この取引は、210,000ブロックごとにネットワーク報酬が半減することで影響を受けるブロック報酬補助金に完全に依存していたTAALの歴史的な「マイニング」業務からの脱却と一致しています。TAALは、Bitcoin SVブロックチェーン上でのトランザクション処理の未来は、トランザクション手数料とサービスベースであると見ており、5年間のインフラロードマップを最終化し、2020年後半に市場に伝えることを見込んでいます。

TAAL Distributed Information Technologies Inc.について 

TAAL Distributed Information Technologies Inc. (CSE:TAAL)は、Bitcoin SVプラットフォーム上にソリューションやアプリケーションを構築する企業をサポートするために、プロフェッショナルグレードの拡張性の高いブロックチェーンインフラストラクチャとトランザクションプラットフォームを提供し、企業ユーザー向けの分散型コンピューティングシステムの開発、運用、管理を行う付加価値の高いブロックチェーンサービスを提供します。

nChain Group Holdings Ltd.について

nChain Group Holdings Ltdは、エンタープライズグレードのブロックチェーンソリューションを提供するリーディングプロバイダーであり、企業や組織がデータの価値を認識し、保護するための支援を行っています。 nChainはロンドンに拠点を置き、世界最大級のブロックチェーン開発者チームと、斬新なブロックチェーンIPの主要ポートフォリオを誇っています。nChainは、クライアントがより効率的なデータの管理を行うことによってビジネスにおける競争で優位な立場を維持できるよう支援を行なうことを約束しています。

CSEは、本リリースの妥当性や正確性について一切の責任を負いません。

将来の展望に関する注意事項:本ニュースリリースに含まれる記述の中には、カナダの証券法で定義されている「将来の展望に関する情報」を構成するものがあります。「will (する/行うつもり/予定)」、「intends (意図する)」、「expects (期待する)」および類似の表現は、将来の展望に関する情報を識別することを目的としていますが、すべての将来の展望に関する情報にこれらの識別語が含まれるわけではありません。本ニュースリリースに含まれる特定の将来予測情報には、先進的なブロックチェーン・トランザクション・システムの開発、特許出願、ブロックチェーンソリューションへの投資とトランザクション処理の将来に関する TAAL の期待、nChain への支払い、TAAL の戦略的目標とその実行における IP ライセンス契約の役割、5 年間のロードマップに関する TAAL の将来のコミュニケーションの意図などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの記述は、過去のトレンド、現在の状況、および予測される将来の発展に関連する要因の仮定に基づいています。また、当社は、「将来の展望」に関する情報は、将来の事象や状況に関連するものであるため、その性質上、仮定を必要とし、内在するリスクや不確実性を内包しています。当社は、これらの前提条件は現在の状況において妥当であると考えておりますが、これらのリスクや不確実性により、実際の結果が予想と大きく異なる可能性があること警告いたします。重要なリスク要因には、Bitcoin SV およびその他のデジタル資産の将来の受け入れ、およびそれらのプラットフォームを使用した情報処理に関連するリスク、TAAL が知的財産を実行可能な収益源に活用する能力、および TAAL 2018 7 31 日付けフォーム 2A –リスティング・ステートメントの項目 20 リスク要因に記載されているその他のリスク、および TAAL SEDARwww.sedar.com)で公開されている TAAL の継続的な開示書類の他の場所に記載されているリスクが含まれています。これらのリスクを考慮すると、ここに記載されている将来の展望に関する情報に過度の信頼を置くべきではありません。法律で義務付けられている場合を除き、TAAL は、新しい情報、その後の情報、またはその他の情報を反映するために、将来の展望情報を更新する義務を負いません。