Theme for 3rd Bitcoin SV Hackathon Announced

Hackathon-Theme-Announcement

第3回ビットコインSVハッカソンのコーディングラウンドの開始まで24時間を切った中、今回のコンテストのテーマが正式に発表されました。

「世界を1つのグローバルブロックチェーンに接続する」

ビットコインの有する最強の機能のひとつは、単一で、スケーラブルで、かつグローバルであることです。複数の出来事に関して共通のフォーマットを用いて作成される単一の記録は、これまで不可能であったコミュニケーションと相互運用性をもたらす機会を提供し、グローバル情報システムに残された最大の課題の1つである「統合」に関する問題を解決することを手助けします。

第3回ビットコインSVハッカソンでは、単一のブロックチェーンに書き込まれ、そこからアクセス可能なデータの効率性と利点を活用するアプリケーションを作成することが参加者に課されます。審査員は、ビットコインと繋がっており、かつ共通性を有する記録のひとつのセットとしてビットコインを活用するような実例を探しているのです。例としては次のようなアプリケーションが含まれます:

  • 過去の業界にあったデータサイロを打ち壊すもの
  • 異なる業界に属する企業間のやり取りを容易にするもの
  • 企業、組織および消費者が国境を越えて活動する能力を向上させるもの
  • 消費者が企業や組織全体との間で単一の方法でやり取りできるようにするもの
  • 政府間および政府機関の間における相互のやり取りを改善するもの

しかし、ビットコインSVを使えば何でも可能になります。無制限のスケーリングが可能な状況においては、制約になるものはあなたの意気込みだけです。

第3回ビットコインSVハッカソンは、2019年に開催された最初の2回のハッカソンの成功に続くものですが、今回は少し様子が異なります。コーディングラウンドの期間がこれまでは48時間でしたが、第3回ハッカソンでは最終的な提出期日が8月18日の午後12時(グリニッジ標準時)までの約2か月間となっています。

バーチャルコンテスト期間に続き、3組のファイナリストが専門家委員会によって選出されます。ファイナリストはCoinGeekニューヨークカンファレンス(2020年10月にニューヨークで開催予定)において最終審査のためのプレゼンを行います。優勝者には賞金5万ドル、2位には3万ドル、3位には2万ドルがそれぞれビットコインSVで授与されます。

3回ビットコインSVハッカソンへのエントリーは現在受付中です。以下よりご登録の上、ハッカソンへ参加し、総額10万ドルの賞金を目指して競いましょう。