ビットコインSVノードソフトウェアの最新のアップデートで復元、そしてさらに強化されたビットコインネットワーク上の真のピアツーピア機能

By Press Release Published: 11月 17, 2020
Bitcoin Association Logo

ツーク、スイス – 202011 17ビットコインSVブロックチェーンのビジネス発展に尽力する、スイスを拠点としたグローバルな業界団体であるBitcoin Associationは本日、ビットコインネットワーク上の真のピアツーピア機能を復元およびさらに強化するように設計された3つのソフトウェアパッケージのリリースを発表しました。

これら3つのリリース、ビットコインSVノードソフトウェアv1.0.6、mAPI v1.2.0、およびSPV Channels CE v1.0.0は、クライアント側のピアツーピアと取引の簡易検証(SPV)ワークフローの実装に必要なすべてのツールをまとめて提供します。これらは、サトシ・ナカモトが自身の有名なホワイトペーパーのタイトルでビットコインを「ピアツーピアの電子キャッシュシステム」とした時に思い描いたように、ビットコインネットワーク参加者が互いに直接的に取引することを可能にします。新しいソフトウェアリリースでは、取引の受取人はMerkle証明のプロパティを利用することで、ブロックチェーン全体を解析する必要なく送金された資金の真実性を証明することができ、マイナーのみが決済レイヤーの形成に使用される完全なノードを実装し、ビットコインが提供する確実性とセキュリティを維持しながら完全なピアツーピア機能を促進します。

また、このリリースにはビットコインネットワークに参加するための技術的要件を大幅に削減する効果もあり、ユーザーまたはデバイスは、ビットコインのトランザクション履歴全体を確認する必要なくクライアントモデルを実装し、それらに適用可能なブロックチェーン上のトランザクションとのみ互いにやり取りすることができます。本日のリリースでは、ビットコインネットワークに参加するための要件を減らすことで、ビットコインの新しいさまざまなユースケースを紹介し、モノのインターネット(IoT)で使用されるようなデバイス用の軽量クライアントが実現可能となりました。

本日の3つのリリースの詳細については、bitcoinsv.ioのリリースノートをご参照ください。

本日の発表に関し、ビットコインSVインフラチームのテクニカルディレクターであるスティーブ・シャダーズは次のようにコメントしています。

「本日の一連のリリースは、ユーザーがオリジナルのビットコインホワイトペーパーで説明されている取引の簡易検証(SPV)においてビットコインとの相互作用が可能となるため、ビットコインにおけるサトシ・ナカモトのビジョンを復元する上で非常に重要なステップとなります。本日のリリースまでは、真のSPVを有効にするために必要な完全なツールが存在しなかったため、ユーザーは不必要に重たいクライアントの実装を強いられてきました。これからは、ビットコインが提供する本質的なセキュリティ保証はそのままでありつつ、ユーザーは軽量クライアントを実行してビットコインブロックチェーンと相互作用できるようになります。」

また、Bitcoin Association創設者兼会長であるジミー・グエンは次のように語っています。

「本日のリリースで真のピアツーピアトランザクションが出現したことにより、世界の決済および分散型データネットワークとして大規模に機能するビットコインの能力がさらに強化されました。」SPV決済チャネルを通じてさまざまな新しいユースケースが可能となることにより、開発者やイノベーターがこれらの機能をどのように実践し、その結果として必ずや現れるに違いない新しいビジネスモデルを見られることを楽しみにしています。

メディア向け問い合わせ窓口

Alex Speirs
広報責任者
[email protected]

Bitcoin Associationについて

Bitcoin Associationは、ビットコインSVのビジネス発展に尽力する、スイスを拠点としたグローバルな業界団体です。同協会は、ビットコインSVエコシステムの重要な構成要素である、企業、スタートアップベンチャー、開発者、販売業者、取引所、サービスプロバイダー、ブロックチェーントランザクションプロセッサ (マイナー) からなるビットコインSVエコシステムを統合し、その代表権を持つだけでなく、その構成員らと共に取り組むことによってビットコインSVブロックチェーンのさらなる利用とBSVデジタル通貨への取り込みを促進します。

また同協会は、ビットコイン技術のあらゆる側面を使用して革命を実現するにあたり、法に則った運営の基礎となる規制を遵守したエコシステムの構築を目指しています。ビットコインは、デジタル通貨やブロックチェーンである以上にネットワークプロトコルであり、インターネットプロトコル同様、データネットワーク全体の基本的な規則なのです。同協会は、ビットコインSVで世界単一のブロックチェーンを運用するため、オリジナルのビットコインプロトコルの使用をサポートしています。