第4回BSVハッカソン・コーディングラウンド | ハイライト

10月 26, 2021

第4回#BSVハッカソンでの6週間のコーディングラウンドには世界中から計623組が参加し、#BSVブロックチェーン上で最先端の現実的なソリューションを開発することで、賞金プール100,000ドルを懸けて競いました。

Connor-Murray-Britevue_BA2

#Britevue創設者であるコナー・マーレイ氏が、チームが#BSVでレビュアーに支払う#ブロックチェーンベースのレビュープラットフォームをどのように概念化・作成したかなど、第2回#ビットコインSVハッカソンでの経験と成功事例について語っています。

Thumbnail of the Youtube video of Evan Freeman discussing: BSV Hackathon 2020: How not to Fail When Building on Bitcoin

"There are a lot of ways to succeed when building on Bitcoin," but it can only help aspiring developers to learn how not to fail when building on the Bitcoin blockchain. As part of the third Bitcoin SV Hackathon, Bitcoin Association's Curriculum Specialist Evan Freeman took his virtual attendees through a webinar exploration of how to design a truly innovative application, while sidestepping the pitfalls that come with app design on blockchain.

Jimmy Nguyen on stage with other speakers during the bsv hackathon

第3回BSVハッカソンは、Bitcoin Associationの記録上最大のものとなりました。nChainが運営するこのハッカソンは、「世界を1つのグローバルブロックチェーンに接続する」というテーマに沿ったアプリケーションを8週間で設計するもので、世界中から400組が参加しました。今年も多くの革新的なアプリケーションが最終選考に残っています。次回のBSVハッカソンにぜひご参加ください。