ビットコイン・ビジョン:エピソード6

ジミー・グエンが,ノードチーム、Bitgraph、Python BSVウォレット SDK, Devによるスケーリング開発,開発ドキュメントシリーズを含むビットコインSVのエコシステム、nChain主任研究員クレイグ・ライト博士からの新ライトビジョンの最新情報をお届けします。


ビットコインSV分野で著名な起業家であるDarren Kellenschwiler氏が、ロンドンで開催されたBSVベンチャーピッチデーで、彼の最新プロジェクトである「Baemail」を紹介しました。Baemailという名前は「before anything else mail」からきており、ビットコインSVのテクノロジーを活用することでスパムメールの問題解決を目的としています。具体的には、メールの送信者は、受信者がメッセージを開封して内容を読む際にマイクロペイメントを支払うという仕組みとなっています。

この新しいアイディアは、Kellenschwiler氏とBaemailと共にその週の後半に行われたCoinGeekロンドンのメインステージで紹介され、開発者達に感銘を与えました。


本プレゼンテーションでは、BitbossのCEO・創設者であるMatthew Dickson氏が、ゲーミングプラットフォームの開発にあたってビットコインSVを採用した背景について語ります。

プレゼンテーションは、2020年3月3日にスロベニアのリュブリャナで開催された「ビットコインSV: ビジネス向けのビットコイン」と題されたイベントにおいて実施されました。


スイスのチューリッヒにて、Bitcoin Associationの創設者・会長であるジミー・グエン氏が、ビットコインのビジネス界におけるさらなる普及を目指すというビジョンに向けての次のステップとして、Bitcoin Associationがスイスの非営利団体となるという旨の特別発表を行いました。


「Faces of BSV」シリーズでは、成長を続けるBSVエコシステムに携わるさまざまな人々に焦点を当てています。


本プレゼンテーションでは、「Tokenized」のイギリスマネージングディレクターのAndrew Baxter氏が、商業活動におけるデータの移転、格納、認証をより簡単かつ効率的にするためにTokenizedがどのような活動を行なっているのかについて紹介を行いました。氏はまた、ビットコインSVがどのようにして「リアルタイム」のグロス決済システムになるのかについても触れました。

プレゼンテーションは、2020年3月3日にスロベニアのリュブリャナで開催された「ビットコインSV: ビジネス向けのブロックチェーン」と題されたイベントにおいて実施されました。


Bitcoin Associationは、ベンチャーキャピタルファンド「Two Hop Ventures」の創設パートナーであり、オランダにおけるBitcoin AssociationアンバサダーであるJan Smit氏と、ブロックチェーン関連ビジネスの今後の展望、現在のオランダの業界状況、および前述のファンドにおいてBSV分野のスタートアップに投資をフォーカスしている理由などについて、インタビューを行いました。

インタビュー内容をチェックする。


#CGLondon(CoinGeek London)では、ビットコイン・ブロックチェーンアドバイザーのGurinder Bhangoo氏とお会いすることができました。

「Faces of BSV」シリーズでは、成長しつつあるBSVエコシステムに携わるさまざまな人々に焦点を当てていきます。


ロンドンでのBSVベンチャーピッチデーで行われた「Looter」に関するプレゼンテーションは、Ben Adams氏が、登壇予定のニュージーランドを拠点とする兄弟の代理で行い、開発者達に感銘を与えました。Looterは、マイクロペイメント機能をベースとしたソーシャルフィットネスアプリで、ランニングの促進からチャリティー寄付や簡単な賭けといったあらゆることに活用され、CoinGeek Londonではこのユニークなアイデアが多くの注目を浴びました。しかしながら、このアイデアは非常に競争が盛んな業界において、ひときわ高いゴールを掲げたものであります。


本プレゼンテーションでは、HandCashのCTOであるRafael Seibaneによって、ビットコインSVブロックチェーン上で高速かつ柔軟にアプリケーションを構築することを可能とする最新ツールである「HandCash Connect」の紹介が行われました。

プレゼンテーションは、2020年3月3日にスロベニアのリュブリャナで開催された「ビットコインSV: ビジネス向けのブロックチェーン」と題されたイベントにおいて実施されました。


本プレゼンテーションでは、nChainの最高技術責任者であるSteve Shadders氏が、nChainのゴール、商品、nChainに携わる人達について紹介を行いました。nChainは、組織、オペレーション、データに関するブロックチェーンの全可能性について理解および自覚しており、世界中の企業をサポートする商品や問題解決法を提供しています。

プレゼンテーションは、2020年3月3日にスロベニアのリュブリャナで開催された「ビットコインSV: ビジネス向けのブロックチェーン」と題されたイベントにおいて実施されました。


#CGLondon(CoinGeek London)では、「BSW Group」のサイバーセキュリティテクノロジー部門長であるAvi Wolicki氏にお会いすることができました。氏は、Money Buttonサービスを活用してビジネスアナリティクスを提供するプロジェクトに従事しています。

「Faces of BSV」シリーズでは、成長しつつあるBSVエコシステムに携わるさまざまな人々に焦点を当てていきます。


本プレゼンテーションでは、ビットコイン創造者であるクレイグ・S・ライト博士に、Metanetおよび改ざん不能なノードであるインフラを構築するためにレイヤーを使用したビットコインレイヤーネットワークについてお話しいただきました。MetanetおよびビットコインSVが今後ビジネス界に与えていく影響に関しては、こちらの動画をご覧ください。

プレゼンテーションは、2020年3月3日にスロベニアのリュブリャナで開催された「ビットコインSV: ビジネス向けのブロックチェーン」と題されたイベントにおいて実施されました。


最近ロンドンで開催された「BSVベンチャーピッチデー」にて、Bitcoin Associationは、ビットコインSV上に構築されたソーシャルメディアアプリである「Memento」の共同設立者であるStreet兄弟(Daniel Street氏・Jeremy Street氏)にお話を伺うことができました。

ピッチデーでのプレゼンのためにオーストラリアから来場したMemento設立者であるDaniel Street氏およびJeremy Street氏は、この機会を最大限に活用し、このインスタグラムに似たソーシャルメディアアプリについて、出席した投資家たちに感銘を与え、この結果、CoinGeekロンドンカンファレンスにおいてメインステージの座を獲得することになりました。


#CGLondon(CoinGeek London)では、「Memium」のソフトウェアエンジニアであるOsmas Chiurunge氏にお会いすることができました。「Faces of BSV」シリーズでは、成長しつつあるBSVエコシステムに携わるさまざまな人々に焦点を当てていきます。


ビットコインSVのリードディベロッパーであるDaniel Connolly氏が、ビットコインを支えるインフラ、「ジェネシス」アップグレードが各種ビジネスおよびビットコインSVエコシステムにとって重要なステップである3つの理由、およびテラノードについて紹介しました。プレゼンテーションは、2020年3月3日にスロベニアのリュブリャナで開催された「ビットコインSV: ビジネス向けのブロックチェーン」と題されたイベントにおいて実施されました。


本プレゼンテーションでは、nChain最高技術責任者のSteve Shadders氏より、ビットコインSVがどのような技術的特徴を持っているのか、そして企業としてビットコインSVブロックチェーンを活用することのメリットについてお話しいただきました。プレゼンテーションは、2020年3月3日にスロベニアのリュブリャナで開催された、「ビットコインSV:ビジネス向けブロックチェーン(Bitcoin SV: Blockchain for Business)」と題されたイベントにおいて実施されました。


本インタビューでは、Bindeの創設者であるRogelio Reyna氏に、プロジェクトの内容についてお話いただきました。プレゼンテーションでは、オンチェーン上に構築されているBindeを活用することで、法律業界において契約のオートメーション化や証拠管理が容易になる点などに焦点が当てられました。


#CGLondon(CoinGeekロンドンカンファレンス)で、Codughの共同設立者であるAndrew Snow氏にお会いすることができました。「Faces of BSV」シリーズでは、拡大を続けるBSVエコシステムに携わるさまざまな人々に焦点を当てて紹介していきます。


“本プレゼンテーションでは、Bitcoin Associationの設立者・会長であるジミー・グエン氏が、ビットコインSVブロックチェーン上に構築されたさまざまなアプリケーションを紹介します。

本プレゼンテーションは、スロベニアのリュブリャナで2020年3月3日に開催された「Bitcoin SV – The Blockchain for Business」(ビットコインSV: ビジネス向けのブロックチェーン)と題するイベントで実施されました。”


本プレゼンテーションでは、Roman Puhek氏(CREA CEO )とMatej Trampus氏(CREA CTO)のお二方に、数々のブロックチェーンがある中でCREAにおいてビットコインSVを採用した背景についてお話いただきました。各種ビジネスプロセスのデザインや構築、最適化をより効率的に行うにあたってビットコインSVが有効だということでした。


“#CGLondon(CoinGeekロンドンカンファレンス)で、David Lee氏にお会いすることができました。同氏は、ビットコインSVブロックチェーンをデータベースとして活用し、会計処理をよりスマートなものにするべく取り組んでいます。

「Faces of BSV」シリーズでは、拡大を続けるBSVエコシステムに携わるさまざまな人々に焦点を当てて紹介していきます。”


“本インタビューでは、ActivitySVの共同設立者であるLin Zheming氏にお話いただきました。ActivitySVはユーザープライバシー保護を目的とし、オンチェーン上の各種アクティビティに関するデータを収集・共有するサービスです。

Bitcoin Associationは2月に、第二回目となる「BSVベンチャーピッチデー」を開催しました。ビットコインSVエコシステムから選ばれたイノベーターたちが、テクノロジー業界に携わるベテラン投資家からの投資を獲得することを目的としてプレゼンテーションを行いました。”


“#CGLondon(CoinGeekロンドンカンファレンス)で、Jeff Wiand氏にお会いすることができました。同氏は、教育ローン返済を支援するためのブロックチェーンソリューションであるChangEdの開発者です。

「Faces of BSV」シリーズでは、拡大を続けるBSVエコシステムに携わるさまざまな人々に焦点を当てて紹介していきます。”


“本インタビューでは、イベント管理およびチケットプラットフォームであるEventGoの創設者であるLuis Barbosa氏からお話をいただきました。EventGoとは何か、そしてその他のプロジェクトと比較してEventGoが優れている点などについてご説明いただきました。

Bitcoin Associationは2月に、第二回目となる「BSVベンチャーピッチデー」を開催しました。ビットコインSVエコシステムから選ばれたイノベーターたちが、テクノロジー業界に携わるベテラン投資家からの投資を獲得することを目的としてプレゼンテーションを行いました。”


BSV DevConが、2020年6月27日・28日にサンフランシスコで開催されます。ビットコインSVを活用したアプリケーション構築について学ぶための良い機会ですので、ぜひご参加ください!各種ワークショップの開催に加え、nChain、Bitcoin SV Nodeプロジェクト、そしてTokenizedの代表メンバーたちからのスピーチも行われます。


今月初旬、nChainとBitcoin AssociationはICE Londonに参加し、ビットコインSVブロックチェーンをゲーム業界で活用していくことの可能性についてプレゼンテーションを行いました。ここにおいて、Bitcoin Association創設者・会長であるジミー・グエン氏は、ゲーム業界は長い間ビットコイン業界の動向を積極的に受け入れてきた業界である点についても言及しました。


2019年、Bitcoin Associationでは、ワークショップや「ピッチ・デー」イベント、ミートアップなどを開催し、みなさんからご好評をいただきました。しかし、本番はこれからです!プロジェクトや活動内容についての詳細について詳しく知りたい方は、#CGLondon のブースへと是非お越しください。


Bitcoin Associationでは、ロンドンで第二回目となる「ピッチ・デー」を開催しました!ピッチ・デーの詳細に興味のある方は、#CGLondon のブースまで是非お越しください!


「RioBlockchain」創設者・CEOであるEsthon Medeiros氏と、#CGSeoul でお会いすることができました。「Faces of BSV」シリーズでは、成長過程にあるBSVエコシステムで活躍する人々に焦点を当てていきます。


“「Metanet Pioneers」CEOのDonald Mulders氏と #CGSeoul でお会いすることができました。

「Faces of BSV」シリーズでは、成長過程にあるBSVエコシステムで活躍する人々に焦点を当てていきます。

是非 #CGLondon にお越しください!https://coingeekconference.com/buy-tickets/”


“Bitcoin Association中国支部アンバサダーであるLin Zheming氏が、スケーラビリティ、法規制準拠、セキュリティなどといったビットコインSVブロックチェーンの利点についてプレゼンを行いました。さらに、ブロックチェーン開発者たちが直面するであろう諸問題を解決するためのオープンプラットフォームである「DotWallet」の最新情報についても解説しました。

本プレゼンテーションは2019年12月、中国の北京で開催されたBSV Chinaカンファレンスにて行われました。”


「GearSV」CEOのSean Pollock氏と #CGSeoul でお会いすることができました。

「Faces of BSV」シリーズでは、成長過程にあるBSVエコシステムで活躍する人々に焦点を当てていきます。

是非 #CGLondon にお越しください!https://coingeekconference.com/buy-tickets/


nChainチーフサイエンティストであるクレイグ・ライト博士から、マイクロペイメントを可能とし、セキュアな「モノのインターネット」を実現する存在としてのビットコインに関するビジョンについて、お話しいただきました。博士がビットコインをデザインするにあたり、匿名性ではなく透明性を備えるように設計した点についても強調されています。


本プレゼンテーションでは、ビットコインSVの持つ特徴、特に安価なトランザクション手数料とイノベーション可能性という特徴をヒントに「DID Bank」が生まれた経緯についてMatthew Qiu氏にお話しいただきました。DID Bankは、BSVブロックチェーン上に構築された個人情報のデータバンクです。


BitBossのCEOであるMatt Dickson氏によるプレゼンテーションでは、ゲーム業界で活用されているテクノロジーおよび、ビットコインSVを中心としたブロックチェーンを活用して現在のシステムを向上していくことができる可能性についてお話しいただきます。

本プレゼンテーションは2019年11月27日にマルタで開催されたSiGMAイベントにおいて行われました。”


本プレゼンテーションでは、Bitcoin Associationの創設者兼会長であるジミー・グエン氏より、ビットコインSVが企業が使用するブロックチェーンとして最高のものである理由について、開発者および事業者たちにお話ししていただきました。

本プレゼンテーションは、中国の北京で開催された、「BSV China Conference」で行われました。

(動画の字幕ボタンをクリックすることで、中国語字幕を参照することができます)


本プレゼンテーションでは、ビットコインSVブロックチェーン上に構築された、フリーランサー向けのアプリであるShowJobの諸機能について、ShowPay創設者のSunny Fung氏からお話しいただきました。

本プレゼンテーションは、2019年12月に実施された、ビットコインSV中国遠征において行われました。


Bitcoin Associationアンバサダーたちは、世界中にビットコインSVエコシステムを普及させ、成長させるべく精力的な活動を展開しています。そんな彼らにぜひ会ってみませんか。


本プレゼンテーションでは、Twetchの共同設立者・CEOであるJosh Petty氏によるTwetchの概要説明が行われました。Twetchでは、コンテンツ作成者に対するインセンティブを提供し、ビットコインSVエコシステムへの導入を容易にするということが目指されています。

本プレゼンテーションは、2019年にドイツのベルリンで行われた、TwetchビットコインSVミートアップにて行われました。


Twetchのチーフ・ファイナンシャル・オフィサー(CFO)のAaron Burns氏により、デジタル権利の所有権という問題や、コンテンツ作成者が正当な報酬を得ることができるための仕組みづくりにおけるTwetchの取り組みについてお話しいただきました。

本プレゼンテーションは、2019年にドイツのベルリンで開催された、TwetchビットコインSVミートアップにて行われました。


ビットコイン創始者、nChain主任研究員であるクレイグ・S・ライト博士が「T-Edge Conference and Awards 2019」に参加し、パブリックチェーン、イーサリアム、ブロックチェーン業界の規制といったトピックについて意見を述べました。

パネルは2019年12月に中国の北京で行われました。

(字幕は中国語と英語の両方が利用可能です)


Connor Murray氏(CEO)およびDylan Murray氏(CTO)により、投資家の前でTrueReviewsの紹介が行われました。TrueReviewsは、より公正で効果的な形でユーザーがレビューを行えるようにするためのインセンティブを備えたプラットフォームです。

Murray氏とDylan氏は好評な雰囲気の中で本プラットフォームの開発の動機に加え、本プラットフォームが将来オンライン上のレビュー実行方法を大きく変革する可能性を持っていることについて説明しました。

本プレゼンテーションは、2019年9月29日に韓国のソウルで実行された最初の「Bitcoin Associationピッチ・デー」イベントで実行されました。


#CGSeoul(CoinGeek Seoulカンファレンス)でお会いする機会をいただけた、UptimeSVプロジェクトのリーダーであるBrent Bevear氏との「Faces of BSV」インタビューです。BSVエコシステムに加わる人々が増えている中、そうしたさまざまな人々に焦点を当てていこうと思います。


新たなBSVビジネスアイデアをお持ちの方は、是非第3回BSVハッカソンにご参加ください。このハッカソンで選ばれた人々は次回のCoinGeekカンファレンスでプロジェクトを紹介し、BSVを勝ち取ることができます!

第3回BSVハッカソンは2020年秋に開催予定です!

詳細については、https://hackathon.bitcoinassociation.net/ をご覧ください。


nChainの研究開発部門担当のChloe Tartan氏による本プレゼンテーションでは、あらゆる形のブロックチェーン技術において透明性と改ざん不能性が極めて重要であるという点に加え、ビジネスとして収益性を保ちながらブロックチェーンを活用することができるという点についてお話しいただきました。

本プレゼンテーションは2019年11月27日にマルタで開催されたSiGMAイベントにおいて行われました。


Bitcoin Associationの中国支部マネージャーであるLise Li氏がモデレーターを務める本パネルでは、中国においてビットコインSVの開発を開始したさまざまな業界リーダーや主要開発者たちを交えたディスカッションが行われました。パネルメンバーは、Maxthon創設者のJeff Chen氏、BSV開発者であるAaron Zhou氏およびAus. Liu氏、そしてWeiblock創設者のWan Sheng氏でした。

本パネルは、2020年1月4日〜5日に中国福州市のヒルトンホテルで開催されたDotCampイベントにて行われました。

動画は中国語で,英語の字幕表示があります.


「Faces of BSV」シリーズで次にインタビューを行ったのは、Jumpstarter創設者のBradley Monahan氏です。本インタビューでは、同氏が考えるBSVの未来に加え、氏が注目しているBSVの活用例についてお話いただきます。


Bitcoin Associationの創設者・会長のジミー・グエン氏が、ビットコインSVにおける「ジェネシス」ハードフォークに関する概略を説明します。このハードフォークはサトシが本来想定していたデザインをビットコインSVに取り戻すことを目的としており、2020年2月4日に実行されます。これによって、BSVブロックチェーンの持つ膨大なオンチェーンスケーリング能力と優れた技術的諸機能を存分に活用できるようになります。

「ジェネシス」アップデートに伴い重要事項については、動画をご覧ください。


「Faces of BSV(BSVの人々)」と題した動画シリーズの第一弾では、Aleph0創設者であるOluwamide Agunloye氏を招いてお話を伺いました。氏が思うBitcoin SVの今後、そしてプロジェクトに際してBSVを使用した理由などについてお話ししてもらいました。


Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長は、eスポーツ業界のリーダー達が、彼らがブロックチェーンをどのように利用してきたかについて意見を共有することを奨励しています。公開討論会の参加者:CoinPointのオロン・バーバー、Fracture Labsのスティーヴン・アーノルド、GameCoのブレイン・グラボイエおよびSMP Esportsのクリス・キサック。


Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長は、オリジナルのビットコインにより、企業は現在のブロックチェーン業界にある複雑さを排除して、単一のグローバルなパブリックレッジャーを活用できるようになるだろうと語っています。


ショーン・ポロックはGearSVのプレゼンテーションを行います。GearSVは、ユーザーがビットコインSVのブロックチェーン上でスマートコントラクトを構築できるようにします。


シャオフィ・リウはsCryptのプレゼンテーションを行います。sCryptは、開発者がより容易にビットコインSV上でスマートコントラクトを書くことを可能にするハイレベルなスマートコントラクト言語です。


“このプレゼンテーションでBitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長は、ビットコインSVでユーザ-はスマートコントラクト、トークン、分散型アプリ、メタネット、マイクロトランザクションおよび人工知能などにビットコインのブロックチェーンを利用することができると力説しました。これはBSVには大きく拡大できる能力があるためです。

プレゼンテーションは、中国の北京でT-EDGEの大会と授賞式が開催されていた時に行われました。”


“ジミー・グエン創設者兼社長およびnChain主任研究員クレイグ・ライト博士が代表を務めるBitcoin Associationは、12月に同協会にとって初となる中国でのビットコインSVのロードトリップに出かけました。

その旅程には清華大学への訪問が含まれていました。北京での第1回BSV会議が同大学で開催され、中国で最も影響力のあるテクノロジー会議であるT-EDGEではいくつかの公開討論会が行われました。訪問の目的は、才能のある中国のBSVブロックチェーンの開発者と直接話をして、ビットコインでよりよい世界を構築するよう彼らを促すことでした。”


この公開討論会でMannBenham Advocates Limitedのライル・ウラクソール、Digital Isle of Manのマイルズ・ベンハム、そしてQuanta Plcのハーメン・ブレニンクメイジャーが、iゲーミングセクターにブロックチェーンを組み込むことについて話し合いました。Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長が公開討論会の司会役です。


Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長が、ビットコインSVが、iゲーミングの支払いサービスプロバイダーから求められる不当な料金に対して、どのように終止符を打つことができるのかに関する議論をリードします。Coingaming Groupのエドアード・アギレラおよびGatePayのジョージ・ペインが公開討論会に参加します。


このプレゼンテーションではnChain主任研究員クレイグ・ライト博士がビットコインの歴史およびハッシュ化について話をしました。また、彼は、ブロックチェーンがガバナンスを改善するだろうと言いました。「それはディスラプティブ (従来の考え方ややり方を破壊的に変えて何か新しいものを作り出すこと) なテクノロジーです。しかし、それは政府を破壊するわけではありません。」


この公開討論会では、TruePlayのアレックス・アンツィフエロフ、nChainのクロエ・タルタンおよびジェネシスのマイケル・リーが、iゲーミングの運営者に対して過度なコストを減らし、プロセスを合理化するために、トークン化された資産をどのように実装することができるかについて議論します。


ヘンリー・デコイヤーは、空間的ビットコインが、ビットコインSVの地理空間的業界における問題にどのようにして対処することができるかについて説明します。また、このプロジェクトはユーザーがどのようにして自分のGPSのデータに見合う価値を作成することができるかについても探ります。


合法的なチェーン化とはメタネットが推進するプロジェクトで、オンチェーン上の企業がIDとドキュメントを管理するのを支援します。このプレゼンテーションでこのアプリの詳細を学んでください!


TwetchのCMO (最高マーケティング責任者) 兼共同創設者のビリー・ローズがこのアプリのアイデアがどのようにして始められたのか、そして経験に妥協することなくビットコインの設計をするということが、何を意味するのかについて説明します。


Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長は、ビットコインSVの公開性と透明性が、どのようにして規制当局とiゲーミングの利害関係者にとって好ましいブロックチェーンになっているのかについて説明します。


Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長が、ビットコイン創設者クレイグ・ライト博士およびBitboss共同創設者マット・ディクソンと共に炉辺談話をリードし、ビットコインSVが将来的にiゲーミングをどれだけ多くの成功に導くことができるのかについて説明しました。


Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長が、国際民事訴訟弁護士/企業法律顧問協会の国際企業内弁護士カレッジで基調講演者となりました。この大会は世界中の法律家が一堂に会して、新たに出現しているグローバルな法律上の問題について話し合う場になっています。


nChain主任研究員でビットコインの創設者クレイグ・ライト博士が、マルタ島のSiGMA 2019において、iゲーミング業界がどのようにして自身の業務にビットコインSVを統合できるのかについて説明します。


このプレゼンテーションでBitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長はSiGMA 2019の出席者に対して、なぜビットコインSVがゲーミング業界にとって理想的なブロックチェーンなのかを説明します。それは、ビットコインSVには大きな拡大能力があり、またその取引手数料が非常に低いためです。


このビデオでは、Bitcoin Associationのトレーニングと開発担当マネージャー兼Faiacorpのテクノロジー部長ブレンダン・リーによるPaymail、P2IPおよびHDウォレットに関して詳しい説明があります。セッションは昨年の2019年8月31日にインドネシアのバリ島におけるCambrian SV Boot Campで行なわれました。


Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長が英国のケンブリッジ大学の学生にMetanet、およびそれがどのように世界を変えるのかについてプレゼンテーションを行います。


Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長が、ブロックチェーンが盛んになりつつある島、マルタ島からビットコインSVのエコシステムにおける最新の進展について説明します。グエンおよびクレイグ・ライト博士はマルタ島の「AIおよびブロックチェーンのサミット」で何千もの出席者に対してビットコインSVの利点を説明しました。


Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長は、ケンブリッジ大学のMetanet Societyに加わるようケンブリッジ大学の学生を招待しています。そこで彼らはビットコインSVとメタネットによるインターネットの将来について学習し参加することができます。


Bitcoin Associationとケンブリッジ大学のMetanet Societyの後援による初めてのイベントが昨年の10月17日に開催されました。Bitcoin Associationのジミー・グエン創設者兼社長とビットコインの作成者クレイグ・ライト博士が、出席者に対してビットコインSVのブロックチェーンがどのようにしてメタネットによってインターネットを変えることができるかを説明しました。


このエピソードでは、最近ソウルで開催されたCoinGeekカンファレンスのすべてをお話しします!Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンが、ビットコインSVの宇宙にまつわる重大発表と最新のアップグレードが公表された歴史的イベントについて振り返りました。


ビットコインビジネスのグローバル組織Bitcoin Associationは、ビットコインSV開発者によって提案されたビジネスのアイディアに投資してもらうため、最近ソウルに14人の投資者からなるグループを集結させました。

「ピッチャー (講演者)」は、中国、韓国、日本、イタリア、メキシコおよびアメリカから来ました。彼らは与えられた30分の制限時間内で自分のアイデアをプレゼンテーションし、投資者からの質問に回答しました。結果についてはこの要約でお確かめください!

続きはこちらをお読みください。


Bitcoin Associationの日本および韓国地区マネージャー、Jerry Chanが会員特典をご説明します。今すぐ参加しよう!


ビットコイン・ビジョンの最新エピソードでは、Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンがBSVの世界で進んでいる最も目ざましい開発について語っています。


今週は、Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンがロシア・シベリアから直接ビットコインSVノードに関するニュースと新BSVアプリケーションをお届けします!この話題のプロジェクトにはジェネシスアップブレード、BSV/DEVSディレクトリ、そしてBSV Galaxyが含まれています。


nChain最高技術責任者 (CTO)スティーブ・シャダーズがイギリス・ロンドンで開催の王立工学アカデミーで開催されたBitcoin Associationウォレットワークショップのハイライトを話します。ウォレットワークショップはビットコインSVの世界で最も聡明な頭脳陣を迎え、未来のBSVプロジェクトを語る議論で満ち溢れるものとなりました。


今週のビットコイン・ビジョンのエピソードは、Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンがビットコインSVのエコシステムでの主要な開発状況についてハイライトします。


nChainの研究員であるアレックス・マッケイはBSV Meetupで聴衆に対し、マイナーIDはより強力に中央化されるだろうと語っています。「BSVをスケールしブロックが大きくなるにつれ、ブロック報酬からトランザクション手数料まで、マイナーが手にする手数料率に動きがみられるだろう。将来ある時点でマイニング報奨金は底をつき、マイナーはマイニング手数料を自分でカバーすることになる。」とアレックス・マッケイは語りました。


ジョー・ダレーズはロンドンBSV Meetupでのプレゼンテーションの中で、オンチェーンアイデンティティの必要性を強調しました。例えば、ジョー・ダレーズはオンチェーンで保管され個人の身元にリンクした領収書は返却の際の正当性を確かなものにすると言っています。


ケンブリッジ大学の遺伝学博士課程学生であるロビン・コーゼは最近のロンドンBSV Meetupで、ソサエティの立ち上がりとMetanetに興味を持ったその理由を語りました。ロビン・コーゼはBSVに基づいて構築されたアプリケーションであり、ローカルでコンテンツを作り仲間と楽しむことができるようになるMetaVibeについても語りました。


nChainの最高技術責任者 (CTO)であるスティーブ・シャダーズはロンドンBSV会議で聴衆に、クエーサーアップグレードは「ビットコインのガバナンスの利き方の変革を象徴」すると語りました。スティーブ・シャダーズは、2GBのブロックサイズへのアップグレードは当初の想定サイズの4倍になり、このブロック上限は開発者にとっての柔軟性として重要な意味を持つと語りました。


去る7月24日のクエーサープロトコル・アップグレードではビットコインSVの大規模なスケーリングが焦点とされ、デフォルトブロックサイズのハードキャップはその時点の128MBから2GBに引き上げられました。このビデオでは、Bitcoin Associationがクエーサープロトコル・アップグレードでどのようにマイナーにとって利益がもたらされるのかについてお届けします。


今週のビットコイン・ビジョンのエピソードは、特にクエーサープロトコル・アップグレードについてビットコインSV(BSV)エコシステムでの主要な開発状況についてハイライトします。


Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンがビットコインSVエコシステムの新規開発について最新情報をお届けします。今日ではビットコインSVを購入するのはずっと簡単になり、投資や学費支払いなど新しい使い方に多彩なオプションがあります。


第2回ビットコインSVハッカソンは2019年8月17日に開催されます。3万5千ドルの賞金プールを目指す全ての開発者に応募機会が開かれています。


今週のビットコイン・ビジョンのエピソードは、Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンがビットコインSVのエコシステムでの最新の開発状況についてハイライトします。今週は次の話題を見ていきます:UptimeSV、BSV/DEVS、MetaWriterとMetanet PlanariaおよびBitcoinウォレットワークショップ。


初の開催となったビットコインSVハッカソンでのハイライトを追体験、UptimeSVが1等賞250BSVを獲得しています。UptimeSVは企業システム向けに、分散によるパフォーマンスと、DDoSへの鉄壁の防御となるアップタイム・モニタリングを提供しています。


このエピソードでは、Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンが、コロンビアでのビットコインSVの成長について、ビットコインの創始者として認められているクレイグ・ライト博士と共に語ります。


ビットコイン・ビジョンによるこのエピソードでは、Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンがビットコインSVエコシステムについて、トロントで開催された2019年CoinGeekカンファレンスでの知見をもとに最も注目のプログラムと開発について語ります。


このエピソードでは、Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンがビットコインSVコミュニティでの1週間にわたる大きな成果をまとめます。このエピソードはBSVノードバージョン0.2.0、STNによる初のギガバイト越えブロックのマイニング、オープンBSVライセンス、BSVハッカソン決勝戦進出したCREA – Dragon Hack、サトシ・ナカモトその人であるクレイグ・ライト博士による壮大なマイルストーンについて解き明かします。


今週もBitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンによるビットコイン・ビジョンのエピソードをお届けします。ビットコインSVエコシステムでは様々なことが起こっており、今週もまたその成長に注目します。BSVでビジネスを拡大中の企業やアプリケーションについて見ることでその勢いを検証します。


ビットコインSVハッカソンのファイナリストが決定しました.動画で詳細が見られます。

ファイナリストに選ばれた皆様,おめでとうございます.トロントで開催のCoinGeek:スケーリングカンファレンスでの決勝戦を楽しみにしております.


ビットコイン・ビジョンの本エピソードではBitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンがビットコインSV(BSV)エコシステムでの最新情報をお届けします。BSVハッカソンやAgora、9knodesブロックエクスプローラー、Keyringなどの、来たるトロント開催のCoinGeekスケーリングカンファレンスで参加者が目にするものについての情報もあります。


このエピソードでは、Bitcoin Association創業者社長であるジミー・グエンがビットコインSVの宇宙でクリエイティビティとイノベーションを先導する多彩なアプリケーションやプロジェクトをご紹介します。


ジミー・グエンが再び我々の元へ、真のビットコインの再誕生となるBSVを取り巻く開発での最新情報をお届けします。ビットコイン元来の設計、プロトコルそしてビジョンを最大限に引き出します。


ジミー・グエンが再び我々の元へ、BSVは世界の新通貨・グローバル企業向けブロックチェーンへ向けて躍進を続けるビットコインSVエコシステム、そこでの開発最新情報をお届けします。


ジミー・グエンが,ノードチーム、Bitgraph、Python BSVウォレット SDK, Devによるスケーリング開発,開発ドキュメントシリーズを含むビットコインSVのエコシステム、nChain主任研究員クレイグ・ライト博士からの新ライトビジョンの最新情報をお届けします。


ジミー・グエン氏は、Bitcoin Associationの創設者・会長であり、nChainグループの戦略諮問委員会の会長も務める、世界有数のビットコインサポーターです。Bitcoin Associationでは業界グループ部門を統括し、ビットコインSVを活用したグローバル規模のインフラおよびエコシステム構築に向けた活動に従事しています。また、ビットコインやブロックチェーン関連のトピックについて、オンライン上やTV、執筆などを通じて、講演家およびコメンテーターとしても精力的に活動しています。


ジミー・グエンがビットコイン元来の設計、プロトコルそしてサトシビジョンを最大限に引き出しすBSVとしてのエコシステムにおける最新情報をお届けします。


ジミー・グエンがBitcoin Associationの再ブランディング、ビットコインSV V0.1.1リリース、ウォレットワークショップ、EDIからBDLまで、そして最新の「ライト・ビジョン」の立ち上げについて最新情報をお届けします。


Bitcoin Associationの日本及び韓国地区マネージャー、Jerry Chanからのメッセージです。物議を醸した2018年11月のBitcoin Cashネットワークからのハードフォークを経て、Bitcoin SV(BSV)はビジネスにご利用いただけるようになりました。BSVはサトシ・ビジョンを実現するという使命のため、皆様のご利用を歓迎いたします。


ジミー・グエンがビットコイン・サトシビジョンのスケーリングテスト結果、OP_RETURN、無制限のデータサイズ、及びブロックチェーンに産業財産権を設定することに関するクレイグ・ライト博士のビジョンについて最新情報をお届けします。


ジミー・グエンがビットコインのスケーリングテストネットワーク(STN)、巨大なOP_RETURNデータサイズについてオーストラリア・メルボルンからお届けします。


Bitstocks最高技術責任者 (CTO)であるデービッド・アラケリアンがnChainテクニカルディレクターであるスティーブ・シャダーズと対談、ビットコインSVを支える4つの技術の柱(スケーリング、セキュリティ、即時トランザクションと安定性)について語ります。


動画はBitstocksのブログでもご覧いただけます。

 


Bitcoin AssociationはビットコインSV (BSV)を真のビットコインとして支持。「サトシビジョン」を実現するというミッションを反映し、BSVは元来のサトシプロトコルを復興させるために作り出され、安定性の確保と巨大な規模にまでスケーラブルです。


Bitcoin Associationの日本および韓国地区マネージャーJerry ChanがBitcoin事業において業界をリードする団体に加盟する新会員様を募集しています。