BITCOIN ASSOCIATION: CALL FOR INTEREST IN NEW BSV TECHNICAL STANDARDS COMMITTEE

2019年にBitcoin Associationは2つのビットコインSVウォレット ワークショップをスポンサーしました。これらは非常に有意義なワークショップとなりました。2月に行われた最初のワークショップでは(ユーザーイクスペリエンスから扱いづらいとされていたBitcoinアドレスを排除するための)新しいPaymailプロトコルができあがり、8月に実施された2回目のワークショップではBSV向けの幅広い技術基準に対して貢献するという多くの団体からのコミットメントをデリバーしました。 Bitcoin Associationでは、このワークショップ活動をより幅広いエコシステムに開放していきたいと考えています。現時点までそのような試みがなされなかった理由は、ビットコインSVエコシステムの発展のための共同作業から生ずる知的財産権を保護する必要があったためです。これまで2回にわたって実施されたウォレットワークショップは、ワークショップの結果として開発されたプロダクトが特許権取得の可能性がある際は、精査できる状態が整い、適切と判断された場合にはワークショップで生まれた発明内容を保護するための特許申請を行うが、それまでの間は成果物を機密事項とする、という前提認識のもとで実行されたものです。ここでの目的は、ビットコインSVエコシステムの発展を推進し、また競合ブロックチェーンならびにテクノロジープラットフォームによってこれらのワークショップの成果が利用されることを防ぐということでした。 これまでウォレットワークショップを実施してきた結果、私たちは特許取得可能な発明が行われたものと判断し、ビットコインSVブロックチェーンにおいてこれらの発明を無料で使用できるようにすべく特許申請を行いました。これまで、これらの特許申請はビットコインSVにのみ無料で使えるようライセンスを提供するという確約のもと、nChainが資金を提供し、特許を取得してきました。(Bitcoin AssociationのOpen BSV Licenseによる)。今後は、Bitcoin Associationが開催するワークショップにより生まれる特許取得の可能性がある新規発明、その他保護すべき知的財産権はBitcoin Associationが取得し、ビットコインSVエコシステムのために利用できるようになります(Open BSV Licenseによる)。なお、これまでに行われたウォレットワークショップで開発された特許取得可能な発明内容ですが、ビットコインコアプロトコルには対応していません。ビットコインのコンセンサスプロトコルは10年前に定義されたものであり、すべて先行技術です。ビットコインSVでは、このオリジナルプロトコルに回帰し、これを安定させることを目指しています。 ウォレットワークショップの機密保持規則が適応される時間は限られていたものの、これに伴う課題も存在します。すなわち、各種基準のデザイン段階において、フィードバックやレビューをより多くの人々から得ようとした場合、プロセスが必要以上に煩雑になり、フィードバックやレビューに貢献できる人の数が限られてしまうという課題があります。 さらに、広範囲にわたりスタンダードの開発が必要であると新たに判断されたものの、今までワークショップに関わったメンバーのみではこの実行は到底実現不可能です。 これを受けて、Bitcoin Associationは、業界のTechnical Standards Committee(技術スタンダード委員会: TSC)を設置することで、管理運営、人材、プロセスをはじめ、ビットコインSVエコシステム全体の発展に寄与する技術基準に関する、優先事項などといった、さまざまな側面に対応していく予定です。 [...]

Polynym – cross-wallet BSV transactions Polynym, as stated on their website,  is a “simple BSV address resolution for HandCash, RelayX [...]