ビットコインSVメンバー人員・、ウ ォレット口座・、マイナーに関する 情報、そのおよび他役立つのリソ ースなど、必要な知識

1年ほど前の2018年11月、ビッコインキャッシュのチェーンスプリットによりビットコインSV(BSV)が生まれました。 これはビットコインABC開発チーム(BCHプロトコルの主要なソフトウェア実装を担当)が新たに実装したコンセンサスルールが、本来のビットコインプロトコルから逸脱するものである、と現在のビットコインSVサポーターたちが判断したことが原因でした。 この論争によって世界初のビットコインハッシュウォーが引き起こされました。これは、ビットコインSVが一貫性のある独自のチェーンとして存続することで解決されました。

 

「ビットコインSV」の「SV」は「サトシビジョン」を意味しています。これには、匿名人物であるサトシ・ナカモトがビットコインのホワイトペーパービットコイン初期の時代に執筆していたその他の文書で説明していたオリジナルのビットコインプロトコルに戻ろうという、本チェーンのサポーターたちの意図が表されています。 これによって大規模にスケールするブロックチェーンを作り出すことで、以下の2つの機能の提供が目指されています。

1. 現在の支払システムでは規模が通常小さすぎて現在実現不可能とされているマイクロペイメントにも対応したも含め、高速トランザクションと低い手数料を備えた有するピアツーピア電子通貨システム。

2.金融分野における決済を超え、トークン化された資産、供給チェーン管理のための監査可能な台帳、ユーザーがオンラインでマイクロペイメントの送受信を行う新しい商業インターネット「メタネット」など、幅広いビジネスユースケースをサポートするグローバルデータ台帳

当初、ビットコインSVコミュニティはブロックチェーンのブロックサイズ制限をビットコインキャッシュの32MB制限から128MBに増加させ、サトシによるの最初のビットコイン実装時に使用されたてのちに削除されたオペレーションコードを再度有効化することでこれらのゴールに近づこうとしました。 (オペレーションコードは、ビットコインに制限付きのスクリプティング能力を提供するコマンド群ですになります。)。

2019年7月、ビットコインSVプロトコル開発チームはブロックチェーンの最大ブロックサイズ制限を2GBに増加することでネットワークの規模を拡大させました。 最終的にはビットコインSVのブロックサイズをマイナーたちの経済的のエコノミックインセンティブをベースのあたりに調整していくことを目指しています。このための最初のステップとして、開発者は明示的にマイナーに対して現在の2GB制限の中で希望のブロックサイズ制限を設定するように促してきましたことを推奨しました。これに続く2つ目のステップにおいてはとしては、2020年2月に完全にデフォルトブロックサイズ制限を完全に取り除き、マイナーが各ブロックに対して制限を設定するようにすることになります。

 

これらの技術的な変更に加えて、ビットコインSVはレギュレーションフレンドリーなエコシステムを構築しようとしています。 BSVエコシステムのコミュニティでは、消費者を保護し、機関投資を獲得し、企業の信頼を確立し、ブロックチェーン業界を拡大させるためには、責任ある規制とプロアクティブな規制が不可欠であると考えられています。 この発想のもと、ビットコインSVのリーダーは政府官僚にガイダンスを提供したり、法案作成をアシストしたり、イノベーションを促進しながらも適切に暗号通貨事業を規制していく方法について議員や政府機関に情報提供したりしていく予定です。

 

ビットコインSVがこうしたこの目標を達成するためには、ただ正しいテクノロジーやと規制企業コンプライアンスのを実現は最初のステップに過ぎず、これらするだけでは不十分です。 – それらは最初のステップに過ぎないのです。 暗号通貨はさまざまな人々のコミュニティを中心に展開し、とネットワーク効果を通じてによる複合的な成長を遂げていくものなのです中心にして作られています。 そのため、ビットコインSVがその野望的ビジョンを実現することができるかどうかは、プロジェクトに関わるコミュニティの活躍にかかっているのですの力によります。

私たちは現時点で存在する在のビットコインSVに関する各種のリソースの情報を以下にをすべてそこにまとめましたています。 初めて暗号通貨を学ぶ場合やぼうとしている人にとっても、BSVネットワークを拡張広げるするための最適適切な場所を求めている場合など、人にとっても本ガイドは何かしらの形で役に立つと思いますでしょう。

目次
メンバー人々:ビットコインSVを構築し、企業向け初のブロックチェーンの作成に取り組んでいるを作り出そうとしている人々に焦点を当てていますに続いてください。
ニュース:ビットコインSVに関連する一般の暗号通貨ニュースと共にビットコインSVに特化したトップニュースのリストに加え、ビットコインSVに関連する一般の暗号通貨ニュース
情報を掲載しています。
⛏ マイナー:ビットコインSVでのマイニングに興味がある人はマイニングプールに加わることをお勧めしますことを検討したいかもしれません。ここでは、 マイニングカスタマーを受
け入れているパブリック公開されたマイニングプールのリストを紹介します含んでいます。その他のマイニングプールはプライベートなマイニングプールとしてリストされています。

ウォレット口座:BSVを保管する場所は、デスクトップウォレット口座からハードウェアウォレット口座まで、さまざまです。なところにBSVを保管することができます -ここでは、 い
かにベストなものを紹介しています記載しています。

アプリケーション&サービス:BSVエコシステムは急速に成長しています。 最新のBSVアプリケーションおよびサービスのすべてを追跡する助の最新情報けとなるを得る上で役立
つリソースを紹介しています提供しています。

開発者向けリソース: ビットコインSVブロックチェーンをベースの上に構築しようとしている開発を検討している開発者の人々人にとってはこれらのリソースが作成する際の助けと
なります役立つリソースをまとめました。

コミュニティ:ビットコインSV上へのに構築にすることに関心がある事業者の方々的な興味がある場合も、ビットコインSVエコシステムへのに参加を検討しているしたいと考えてい
る場合も一般ユーザーたちがお互いの交流を深める上で役立つリソースをまとめました、これらのリソースが類似の思想を持つ存在を探し出す助けとなります。

人々をメンバー

 リードするリーダーシップチーム声

 

  • クレイグ・S・ライト博士: nChainのチーフサイエンティスト。nChainはビットコインSVの継続的な発展に取り組む、アドバイザリー・研究開発企業です。ライト氏は最初のビットコインベースの銀行の立ち上げを目指したHotwire PEのCEOでした。また、ITセキュリティ会社Panopticryptの創設者でもあります。 SFOX企画のジミー・グエン氏との対談で述べられているように、ライト氏は、自身がビットコインの作成者サトシ・ナカモトであると主張しています。
  • カルビン・エア: ビットコインSVのメインサポーターであり、大規模ビットコインSVマイニンググループ、暗号通貨ニュースサイト、およびイベントを運営するCoinGeekのオーナー。ビットコインSVのベンチャー企業にも投資している他、Ayre Groupとエンターテイメント会社Bodogの創設者でもあります。
  • ジミー・グエン: Bitcoin Associationの創立者兼会長。Bitcoin AssociationはBSVエコシステム関連の事業および開発者たちをサポートするグローバル産業グループであり、ビットコインのグローバルアンバサダーとしての活動を展開しています。 また、nChain Group戦略諮問委員会の会長(およびnChain前CEO)でもあります。 グエン氏は前職において、21年の間米国でIPおよびデジタルテクノロジー分野専門の弁護士として活動していました。

 主要な開発者たち

  • ダニエル・コノリー: ビットコインSVノードプロジェクト(ビットコインSVのフルノードクライエントソフトウェアの開発グループ)の主要な開発者。コノリー氏は企業向けソフトウェアおよびITエンジニアリングの業界経験が豊富であり、20年間、各種国連組織に対してセキュアで効率的かつ信頼性の高い企業向けソリューションを開発してきました。
  • スティーブ・シャダー: ビットコインSVノードプロジェクトの技術責任者およびnChainの最高技術責任者。シャダー氏は2011年からビットコインのインフラ発展に携わってきています。オープンソースのマイニングツールソフトウェア「PoolServer」の初期の開発者の1人であり、現在では当たり前に使われているマージマイニングやローカルコインベース生成などの新機能の実装を最前線で実行してきました。シャダー氏はマイク・ハーンによるBitcoinjプロジェクトにおける初期のコントリビュータの1人でもあります。

ニュース関連

  • ioニュースセクション: ビットコインSVノードチームから公式に発表されるニュースをまとめています。
  • Bitcoin Association: ビットコインSV上で運営されている事業のためのグローバル産業組織であり、ビットコインSVノードプロジェクトの管理も行っています。ビットコインSVエコシステムの開発状況を提供する「BSV Weekly」アップデートや「Bitcoin Vision」動画シリーズを提供しています。またその他のニュース情報も提供しています。
  • CoinGeek: 暗号通貨関連ニュースサイトであり、ビットコインSVの主要マイナー・サポーターであるカルビン・エア氏によって所有されています。
  • Cointelegraph: BSVを含めた暗号通貨全般を取り扱う主要なメディア企業です。
  • CryptoSlate: シアトルに拠点を置くメディア企業であり、世界中の暗号通貨業界に関するニュース、分析、イベント情報に特化したサービスを提供しています。

⛏ マイナー

the-bitcoin-sv-people-wallets-miners-and-other-resources-you-need-to-know_5

ソース:coin.dance データ取得回収日:2019/8/21

⛏ パブリック公開マイニングプール

 

以下がビットコインSVをマイニングしている、または過去にマイニングを行なった公開マイニングプールになります。 公開プールは、マイナーは、パブリックプールにが参加することができるようになっていますできます。

 

  • SVPool: パブリックビットコインSVマイニングプール。クレイグ・ライト氏主導のもと設立されました。
  • Mempool: 中国に拠点を置くパブリックマイニングプールです。
  • Poolin: 中国に拠点を置くパブリックマイニングプールです。
  • Prohashing: ペンシルベニアに拠点を置くパブリックマイニングプールです。
  • ViaBTC: 中国に拠点を置くパブリックマイニングプールです。

⛏ プライベートマイニングプール

以下のマイニングプールはビットコインSVをマイニングしていますが、プライベートグループのため一般のマイナーのを受け入れを行なってていません。

 

  • CoinGeek: ビットコインSV主要サポーターであるカルビン・エア氏が運営するマイニンググループです。
  • BMGプール: nChainが運営するマイニンググループです。

ウォレット

ソフトウェア

 

  • SFOX: ビットコインSVをはじめとしたデジタル資産用の機関投資家グレードのウォレット。 SFOXウォレットは2FA/U2Fへのサポートや、資金管理者の役割に応じた明確な権限レベル設定などの機能を備えています。
  • ElectrumSV: ビットコインSV専用に作られたデスクトップウォレット。ユーザーがフォーク以前に所有していたBCHに応じてBSVを取得ためのコインスプリット機能を備えています。また、ハードウェアウォレットの種類によっては、ネイティブにBSVをサポートしていない場合でもそのハードウェアウォレット上でBSVを保管することが可能となります。
  • Exodus: ビットコインSVを含む100以上のデジタル資産に対応したデスクトップウォレット。ShapeShiftによるビルトイン取引機能に加え、モバイルアプリケーションも存在します。
  • Centbee: モバイルウォレットかつ、ビットコインSVを想定して構築された新しい商業エコシステム。ユーザーは、連絡先電話番号を使用してBSVトランザクションの送受信を簡単に行うことができます。
  • Atomic Wallet: ビットコインSVを含む500以上の暗号通貨に対応したデスクトップウォレット。
  • Edge: セキュリティに特化したモバイルウォレット。各種コインを簡単に管理、送金、交換することができます。ビットコインSVを含む数多くの暗号通貨に対応しています。
  • Guarda: ウェブ・デスクトップ・モバイルバージョンにおける複数通貨対応ウォレット。各種コインの受信、保管、送信、換金をすることができます。 ビットコインSVを含むさまざまな暗号通貨に対応しています。
  • HandCash: モバイルウォレットかつ、ビットコインSVを中心に構築された新しいビジネスAPIエコシステム。$handles(ユーザーのハンドルネーム)を使用したBSVの送受信や各種店舗における非接触型決済を容易にすると同時に、アプリやゲームに接続するためのAPIも提供しています。
  • Money Button: 消費者が簡単にBSVでの送受信を行えるようにするためのオンラインウォレット。フェイスブックの「いいね」ボタンをクリック(またはインストール)するくらい簡単にマイクロペイメントを有効化したりマイクロペイメントの送受信を行ったりできることを目指して開発されました。ユーザーはボタンをスワイプすることでBSVの送受信を行うことができ、開発者はMoney Buttonをウェブサイトやアプリに簡単に統合することができます。 Money Buttonは、その他多くのBSVアプリケーションにすでに統合され、使用されています。
  • Pixel Wallet: BSVのみに対応したモバイルウォレット。BSVに埋め込まれている写真/画像ファイルを使用してBSVを送信することができます。
  • RelayX SuperWallet: 個人や事業者が任意のプラットフォーム上でグローバルに資金の送受信をすることを可能にするモバイルウォレット。BSVにも対応しています。
  • SimplyCash: BSVの送受信を簡単にすることを目的として設計されたモバイルウォレット。ベーシックなオフライン署名機能をサポートするようになりました。これによって、オフライン状態の携帯電話はコールドストレージウォレットとして機能することになります。

ハードウェア

以下のハードウェアウォレットはネイティブに口座はもともとビットコインSVをサポートしていませんが、Electrum SVデスクトップウォレット口座と併用することでユーザーがBSVへのにアクセスし、およびBSVの使用がすることができます可能となります。

  • Ledger NanoBlueNano X: 第三者認定のセキュリティ基準を備えたハードウェアウォレット。
  • Trezor Model T / One: ウォレット間における充実した互換性とパスワード管理機能を備えたハードウェアウォレット。セキュリティ監査済。
  • BitBox01: 「ミニマリスト」ハードウェアウォレット。U2Fセキュリティデバイスとしても機能します。
  • KeepKey: 大サイズディスプレイとShapeShiftベースの暗号通貨交換機能がビルトインされたハードウェアウォレット。

アプリケーション&サービス

BSVエコシステムは急速に成長しています。 以下がBSVアプリケーションとサービスの最新情報については以下のを追跡する助けとなるリソースが参考になりますになります。

 

  • Agora.icu: アプリ、ニュースフィード、ディスカッションフォーラムなど、BSVに関連するさまざまな情報を分類して紹介したディレクトリ。

開発者向けリソース

開発者としてビットコインSV上での開発に構築することを検討している場合、考えている開発者であれば、以下のこれらのサイトがリソースが役立ちますを整理または提供する助けになります。

  • BSV/DEVS: 多くのビットコインSV開発者用ツールおよびリソースをまとめたリソースセンター兼ディレクトリ。
  • Bitcoin Scaling Test Network: 任意の開発者や事業者がBSVネットワークにおける自身のアプリケーションのキャパシティをテストする際に使用することができるパブリックテストネットワーク。
  • BitcoinSVDevelopers: チャットを通してビットコインSVに関する造詣の深い開発者たちから直接プロジェクトについて助言を受けることができる「Office Hours」コンサルティングサービスを提供するオンラインプラットフォーム。

コミュニティ

 

  • Bitcoin Association: 事業者、マイナー、アプリケーション開発者、企業など、ビットコインSVブロックチェーン上での開発に興味を持つ事業者や開発者のためのグローバルな事業体団体。
  • Atlantis: ビットコインSV開発者向けのSlackチャンネル。
  • Bitcoin Meetup Network: 世界中のBSVミートアップのホスティングウェブサイト。
  • r/bitcoincashSV: ビットコインSV関連の議論に特化したサブレディット。BSVに対応した便利なサービスおよびツールのリストも含まれています。
  • Bitcoin SV Telegram: BSVに関する議論に特化したTelegramグループ(非公式)。
  • Metanet.icu: ビットコインSVに特化したオンライン・メンバーシップクラブです。BSVブロックチェーンを使用して新たなインターネットを開発することを目指してクレイグ・ライト博士によって最初に提唱されたメタネットの概念をサポートするための情報提供や開発活動も行っています。