WeiBlockで、ビットコインの入手・使用が簡単に

WeiBlockで、ビットコインの入手・使用が簡単に

WeiBlockは、ビットコインSVをベースとしたソーシャルネットワークソフトウェアで、今年の8月28日にリリースされました。「moneybutton」カスタマーログインシステムを活用し、シンプルで分かりやすいインターフェースに仕上がっています。アドレス「weiblock.app」にアクセスすることで、プロダクトのメインインターフェースに移動することができます。このソーシャルメディアプラットフォーム上で、ユーザーは文章や写真を投稿したり、他人の投稿を閲覧したり、「いいね」やコメントを残したりすることができます。

TwitterやWeiboなどといったその他のソーシャルメディアプラットフォームと異なり、ユーザーが行う操作(投稿、「いいね」、コメント記入など)はすべてビットコインSVブロックチェーン上に記録され、永久的に保存されます。投稿に「いいね」やコメントが他のユーザーから行われた場合、投稿主はそのユーザーから少額のBSV(1セント相当)を報酬として受け取ることができます。

WeiBlock(https://weiblock.app/)は、ビットコイン(BSV)ブロックチェーンをベースとした新しいソーシャルメディアです。ユーザーは投稿やコメント、ヒントに際して支払いを行います。すべてのトランザクションがマイクロペイメントであり、プラットフォームは有料です。

WeiBlockのコンテンツはオンチェーンで保存され、ユーザーに帰属します。また、ユーザーは資産やデータに対する完全な権限を所有し、こうした資産やデータは追跡かつ認証が可能であり、プラットフォーム側による削除・改ざんができないようになっています。

WeiBlockチームは中国の上海に拠点を置き、わずか3人のメンバーにより構成されています。少人数のチームですが、最初のバージョンのプロダクトをわずか1ヶ月半でリリースしました。現在、約1000人のユーザーたちがすでにWeiBlock上のブロックチェーンを通じてやりとりを行なっています。特に、WeiBlockの自動翻訳機能が多くの海外ユーザーを引きつけています。多くのユーザーが、自ら時間をかけて作成した投稿内容を他のユーザーが評価してくれることについて、とても嬉しいと話しています。投稿したトピックが人気を集めると、それだけ多くのコメントを受け取ることができるのです。そして、すべての「いいね」やコメントは少額のBSVという報酬に変わるので、より「深くて面白い」コンテンツを作成する上でのモチベーションが生まれます。

我々が行なったインタビューに際し、WeiBlockの創設者であるWansheng氏は、本プロダクトを作った目的について、次のように話しました:「新しい形のソーシャルメディアを作りたいと思っていました。具体的には、ユーザーが投稿やコメントにあたって支払いを行い、気に入ったコンテンツの作成者に対して少額のお金を送信できるような、ブロックチェーンをベースとしたソーシャルネットワークです。すべての支払いはBSVをベースとしたマイクロペイメントとなります。マイクロペイメントを可能にすることで、WeiBlockは、優れたコンテンツの作成者が報酬を受け取ることで、さらに質の高いコンテンツが作り出されるようにするための経済的インセンティブモデルを備えています。これによってより多くのユーザーがプラットフォームを利用するようになり、その結果としてコンテンツ作成者にとってはその分経済的インセンティブが発生することになります。このような良い循環が存在するため、WeiBlockはそれ自身が自動的に成長していくシステムであるといえるでしょう。」

WeiBlockの紹介

高品質コンテンツを作成するためのインセンティブが存在

ユーザー数が増えることでコンテンツ作成者が得る報酬も増加

高品質コンテンツにより、ユーザー数も増加

WeiBlockでは、BSVをベースとしたマイクロペイメントを通じた経済的インセンティブモデルを導入しました。

高品質コンテンツの作成者はより多くの報酬を受け取り、さらに多くの高品質コンテンツを作成することによって、より多くのユーザーを呼び込むことができます。ユーザー数が増えれば高品質コンテンツの作成者にとっての経済的インセンティブも増加するという、好循環が生まれます。

こうした経済的インセンティブモデルによって全体として好循環が生まれることになり、自ら自動で成長・機能していくシステムが実現します。

WeiBlockがリリースされてわずか1ヶ月半が経過した10月15日、開発チームは第2バージョンをリリースすることで素早くプロダクトアップデートを行うことに成功しました。このアップデートでは、「My Following(フォロー)」、「Hot Posts(話題の投稿)」、「Latest Images(最新の画像)」といったさまざまな新機能が追加されました。この新バージョンにより、ソーシャルメディアに関連した機能がより多く利用できるようになり、より優れたインタラクティブな使用感が実現されます。このことから、本アップデートはWeiBlockが有力なプラットフォームとなる上での重要なステップであるといえます。

新機能の中でも特に注目すべきなのは「My Following(フォロー)」機能です。ここでは、ユーザーは別のアカウントをフォローするにあたって、アカウント所有者に対して任意の量の資金を送信する必要があります。そして、気に入ったコンテンツがあった場合には、その作成者に対して好きな額の資金を送金することができます。前述した1セントという最低額を超える資金の送金も可能です。

WeiBlock で働く24歳の開発エンジニアであるCeshu氏は、その他のBSVディベロッパーたちに対して伝えたい事柄について尋ねられた際、以下のように話していました:「WeiBlockで働く前は、ブロックチェーン開発業務に携わったことはありませんでした。私はそれまでフロントエンド開発に携わってきましたが、WeiBlockではこれ専門のエンジニアとして働いています。BSVブロックチェーンディベロッパーとして働こうと思った理由は、ビットコインを支える基盤テクノロジーが非常に安定したものであること、そしてBSVの拡張可能性および低手数料を考えた時に、BSVが本プロダクトの今後の開発に多くの可能性を与えてくれると思ったからです。しかし、私自身の能力には限界があり、最近本プロダクトに行われた急速なアップグレードの大部分は、BSVディベロッパーコミュニティおよびWeiBlockユーザーたちのサポートや支援のおかげなのです。実際彼らはテストエンジニアやWeiBlockのプロダクトマネージャーとして活躍するようになり、素早く欠陥を検出し、諸機能を向上させるにあたってのサポートを提供してくれています。BSVエコシステムからのサポートを得ることができたことは、非常に予期せぬ驚きでした。」

ブロックチェーンを活用したソーシャルネットワーキングという発想は何年も前からありますが、多くのプロジェクトが、基盤となるブロックチェーン技術の効率性の低さや使用される経済モデルの欠陥によって徐々に姿を消していきました。現在、BSVのオンチェーントランザクション手数料は1バイトあたり1サトシという極めて低い値であり、極めてスムーズにトランザクションを行うことができます。また、今後ブロックチェーンのキャパシティを増加させるたびに、手数料はさらに減少していきます。こうした機能は非常に重要であり、安価なトランザクションが頻繁に発生するようなコミュニティプロダクトに対して、確固とした競争性優位を与えることが可能となります。従来の各種ソーシャルメディアプラットフォームが市場を独占し、広告を通じてユーザーのデータから利益を得ているという現状を、WeiBlockは変えていきます。ブロックチェーンベースのソーシャルメディアでは、所有権を持つのはユーザーたちです。つまり、ユーザーは自らのデータや資産に対する完全なコントロールを持つことができ、プラットフォーム側でユーザーのコンテンツを削除したり改ざんしたりすることは不可能となります。加えてプラットフォームには、ユーザーが質の高いコンテンツを作成することを促すための健全な経済的インセンティブも存在します。

WeiBlockは「BSVの入手・使用」を体現する非常に良い例といえます。こうしたソーシャルネットワーキングサービスの存在自体が、ビットコインを用いたマイクロペイメントやブロックチェーン上においてデータを保管することの実用性やビジネス上のメリットについて一般の人々に知ってもらうための機会となるのです。BグローバルなBSV電子マネーの展開もマイクロペイメントに焦点を当てたものになり、より大きくて実用的なビジネス分野へと拡大していくでしょう。

WeiBlockチームへのお問い合わせは以下よりお願いいたします:

Twitter: http://twitter.com/weiblock

メール: [email protected]